科学ニュース速報

「科学ニュース」をまとめています

1: 名無しさん 2022/12/07(水) 06:14:08.79 ID:NNh+wYKJ9
https://www.sut-tv.com/news/indiv/19379/

ミカンがおいしい季節を迎え、産地の静岡県でも出荷が最盛期だ。ミカンは熟成させると甘みが増すため貯蔵することも多いが、貯蔵で一部が腐ってしまうのが農家の悩みの種だ。こうした腐敗を抑える装置を、浜松市の企業が開発した。食品ロスの解消にもつながりそうだ。

◆貯蔵で“より甘く より長く出荷”

11月に入り、浜松市北区で三ケ日ミカンの出荷が始まった。

静岡県のミカン産地で、これから冬にかけて旬を迎える。ミカンがおしいい季節だ。

静岡市清水区で青島ミカンを栽培する、天野さん(71)。

天野さんは収穫されたミカンのうち、一部を熟成させるため貯蔵する。

ミカンは貯蔵することで熟成し甘みが増すほか、出荷の時期をずらすことで消費者に長い間ミカンを楽しんでもらうことができる。

◆貯蔵の弱点「15%が腐敗」

しかし貯蔵するデメリットもある。

ミカン農家・天野 さん:
20トンくらい貯蔵するので、15%くらいは腐敗が出ます。持った時点でつぶれてしまう

◆「青い光」LEDで腐敗を抑制

こうした農家の悩みを解決しようと、浜松市の企業が立ち上がった。

竹下昇輝記者:
こちらの装置を使うことによって、野菜や果物などにカビが生えるのを防ぐことができるということです

活用したのは「光触媒」だ。

浜松パルス 企画開発室・近藤室長:
今見ていただいた「青」の光が、可視光型の光触媒です

この光触媒は青色LEDをフィルターに照射することで化学反応を起こし、強力な酸化作用を発生させるもので、空気中のカビなどの有害物質を除去することができるそうだ。

こちらの企業ではこのLEDの技術を生かして、農作物の鮮度を保つ装置の開発に取り組んできた。

この装置は野菜や果物の他にも、パンや餅などでも腐敗を抑える効果が確認されているという。

さらに…

浜松パルス 企画開発室・近藤 正人室長:
(人体への影響は)全くありません。オゾン・塩素・紫外線など人体に悪い影響があるものを一切出さないというのが光触媒の特徴です。こうした装置を農家さんで使っていただくことは、健康面でも非常に安全だと言えます

◆試作品で腐敗抑制効果を確認

2021年 天野さんの貯蔵庫で装置の試作品を設置したところ、例年に比べ大幅にミカンの腐りが抑えられたという。

ミカン農家・天野 さん:
今までは(貯蔵したミカンの)15%くらい腐敗があったが、去年は3%から5%くらいまで減りました

ミカンの収穫を控えた11月10日、改良が加えられた装置が天野さんの貯蔵庫に設置された。

浜松パルス 企画開発室・近藤 室長:
ミカンを貯蔵する1週間前から(装置を)動かしてもらって、貯蔵庫内のカビ菌を減らして、それから(ミカンを)入れてもらう

天野さん「(腐敗が)1~2%まで減ってくれれば」

2021年に比べフィルターや風量が改良されたというこの装置に、天野さんも期待を寄せる。

ミカン農家・天野 さん:
100%(腐敗がなくなる)というわけにはいかないけど、(全体の)1%から2%まで(腐敗が)減ってくれればいいなと。よりよいおいしいミカンをたくさん作って消費者に届けたい

◆若者の就農の支えになれば

開発を担当した近藤さんは食品ロスを減らすことで、若者が定着しやすい農業の支えになることを目指している。

浜松パルス 企画開発室・近藤 室長:
SDGsの目標に「飢餓をゼロに」がありますし、この装置は食品ロスを減らすことが期待ができます。農家さんの生産性を向上させることが、まず第1の目的です。そうすることで、若い農家さんたちが持続性のある農業に興味を持つのではないか。そういったところに我々の技術が生かされれば、非常にいいと思っています

2023年には農家向けに販売を目指していて、将来的には家庭の冷蔵庫にも設置できるよう検討を重ねていくそうだ。

農作物の腐敗を抑え、食品ロスを減らすこの取り組み。

担い手不足が叫ばれる農業の支援にも役立つかもしれない。

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1670361248/

続きを読む

1: 名無しさん 2022/12/05(月) 20:26:47.60 ID:KktG+9+5
食器に残った食器洗い機用の「リンス」が腸のバリアを破壊してしまうという研究結果

食器洗い機は日々の家事負担を軽減してくれる非常に便利な家電であり、一度使い始めたら手洗いに戻れなくなったという人も多いはず。
そんな食器洗い機には、乾燥効率を高めたり乾燥後の見た目をきれいにするリンス剤(すすぎ剤/乾燥仕上げ剤)を用いることがありますが、このリンス剤が食器に残留して腸のバリアを破壊する危険があるという研究結果が発表されました。

Gut epithelial barrier damage caused by dishwasher detergents and rinse aids - Journal of Allergy and Clinical Immunology
https://doi.org/10.1016/j.jaci.2022.10.020

(以下略、続きはソースでご確認ください)

Gigazine
https://gigazine.net/news/20221205-gut-barrier-damage-dishwasher-rinse/

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1670239607/

続きを読む

1: 名無しさん 2022/12/04(日) 19:20:34.05 ID:DDFbOlrt9
Web東奥

人口10万人当たり何人ががんで死亡したかを示す青森県の2021年の75歳未満年齢調整死亡率は86.9となり、04年以降18年連続で47都道府県中最も悪かった。国立がん研究センター(東京)が1日までに公表した。前年から0.7ポイント改善し、同センターが統計を公表している1995年以降では最も死亡率が低くなった。しかし、全国平均の67.4からは依然として大きな開きがある。主要部位のうち、肺がんや肝がんなど5部位の死亡率も全国ワーストだった。

青森県と全国平均との差は19.5ポイントで、前年より1.5ポイント拡大した。男女別の死亡率も、男性は18年連続、女性は10年連続でワースト。男性の死亡率は前年から5.5ポイント改善し108.2、女性の死亡率は3.7ポイント悪化し68.2だった。

主要部位の中で全国ワーストとなったのは胃がん、大腸がん、肺がん、肝がん、乳がんの5部位。大腸がんのワーストは16年連続で、肝がんは前年の42位から五つ順位を下げた。

国立がん研究センターの統計資料によると、95年以降で青森県のがん死亡率(男女計)が最も高かったのは96年の117.1。その後は中長期的に改善傾向が続いている。主要部位別では、胃がんが改善基調で、大腸がんや肺がんは横ばい。乳がんや子宮がんは、近年悪化傾向がみられる。

県がん・生活習慣病対策課の担当者は「がん検診の受診率はおおむね全国を上回り、検診の質を高める市町村の取り組みも確実に広がっている。がんになるリスクを減らすための生活習慣改善、早期発見・早期治療につながるがん検診受診率の向上など、継続して取り組みを積み重ねる必要がある」と話した。



がん年齢調整死亡率 75歳未満を対象に高齢化の影響を排除し、地域間の年齢構成のばらつきによる影響が出ないよう、統計上の調整をして算出する。現実の年齢構成で計算すると、高齢者が多い地域が高めに出る傾向があることから導入された。人口動態統計のがん死亡率より正確に死亡率の年次比較をすることができる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/180309648ef29c8dc60bcebf249a7caad2874f0c

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1670149234/

続きを読む

↑このページのトップヘ