科学ニュース速報

「科学ニュース」をまとめています

1: 名無しさん 2021/01/21(木) 11:51:43.51 ID:CAP_USER
ネコにマタタビの謎、蚊よけ成分付けるため 酔うのは?

ネコはなぜ、マタタビにすりすりと体をこすりつけるのか。
江戸時代には既に知られていたネコにまつわる謎の答えを、岩手大や京都大、名古屋大などの研究チームが実験で突き止めたと発表した。
マタタビに蚊を寄せ付けない成分が含まれ、それを体に付けるためだという。
研究成果は21日、科学誌サイエンス・アドバンシズに掲載される。

マタタビはつる性の植物で、ネコが匂いをかいだときの反応は、江戸時代の浮世絵にも描かれている。
「ネコにマタタビ」ということわざやマタタビ入りのペット用おもちゃがあるなど、イヌなどネコ科以外の動物には見られない特徴として広く知られる。
一方でこの反応の理由は詳しくわかっていなかった。

チームは、マタタビの葉をすりつぶして、含まれている成分を分離し、1種類ずつネコに匂いをかがせてみた。
すると、「ネペタラクトール」という成分に反応を示すことがわかった。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

朝日新聞デジタル 1/21(木) 4:00
https://news.yahoo.co.jp/articles/83e184faec25932509a388e5f990ef5a76ef7c6b

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1611197503/

続きを読む

1: 名無しさん 2021/01/20(水) 09:43:42.52 ID:CAP_USER
「牛のげっぷ」を“クリーン”にするマスクが、気候変動の進行を遅らせる? 英スタートアップの挑戦

地球上には16億頭の牛がいるが、そのげっぷとおならが大問題になりつつある。それは牛が排出するメタンのことだ。

メタンは色も臭いもないガスで、二酸化炭素(CO2)のほぼ84倍以上の温室効果がある。
農業貿易政策研究所(IATP)の最新の報告によると、米国の大手酪農企業13社から排出される温室効果ガスの合計は、数基の大型火力発電所から排出される温室効果ガスと等しいことが明らかになっている。

こうしたなか英国を拠点とするスタートアップのZelpが、この問題を解決できそうな方法を開発した。
それは牛のげっぷを集めることで、牛から出るメタンガスを60%削減するように設計された牛用マスクである。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

WIRED.jp 1/19(火) 19:14
https://news.yahoo.co.jp/articles/0530913f9f25136b94c031f4257331c1584fed4b

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1611103422/

続きを読む

1: 名無しさん 2021/01/20(水) 17:35:10.48 ID:CAP_USER
ウレタンマスクはNG? 広まる“不織布”推奨の動き

新型コロナ“第3波”による感染拡大が続くなか、改めて注目されているのが「マスクの素材」です。

各地の病院では、不織布マスクの着用が推奨されています。
先日、行われた東京・杉並区の成人式では、会場内での不織布マスクの着用が求められていました。

一般的にマスクといえば、不織布マスクに、ウレタン素材のマスク、さらに布製マスクがあります。

去年、公表されたスーパーコンピューター「富岳」によるシミュレーションの映像では、不織布のマスクはせきをしてもほとんど飛沫(ひまつ)が飛ばないのに対し、布やウレタンのマスクは細かい飛沫が前方に多く飛散しているのが分かります。

このシミュレーションでは、不織布マスクは吐き出した飛沫を80%カットするのに対し、ウレタンマスクは50%ほどのカットにとどまりました。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

テレビ朝日系(ANN) 1/20(水) 13:25
https://news.yahoo.co.jp/articles/2cf242f0be0243b70da8eb09f32555d69c00af39

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1611131710/

続きを読む

↑このページのトップヘ