科学ニュース速報

2ちゃんねるsc「科学ニュース板」のまとめブログです

1: \(^o^)/ 2018/01/18(木) 16:22:31.86 ID:CAP_USER
『名探偵コナン』の主人公・江戸川コナンは、正体を悟られることなく事件を解決に導くため、探偵の毛利小五郎を腕時計型の麻酔銃で眠らせ、蝶ネクタイ型変声機で小五郎の声に変えて推理を披露する。

小五郎のおっちゃんは毎度のごとく麻酔銃を首に受け、フラフラと眠りにつく。
幾度となく見てきたシーンだが、よく考えると小五郎が心配になる。
何度も麻酔で眠ること自体身体に悪いだろうし、そもそも首に勢い良く針が刺さるのだ。

そこで、今回はいま一度この麻酔銃に目を向けてみたいと思う。おっちゃんの身は大丈夫か?

〈麻酔銃の威力はどのくらい?〉

コナンの持つ腕時計型麻酔銃は、麻酔針を命中させれば数秒で相手を眠らせることができる。
ひと通り推理を披露してもしばらく眠っている描写があるから、麻酔が持続する時間は1~2時間だろう。

また、手術のときに打つ麻酔と異なり、静脈に確実に流し込むことができるとは限らないから、筋肉注射でも効力をもつ麻酔薬でなければならない。

現実では、麻酔銃は動物の捕獲用に使われることが多く(というか多分それだけ)、ケタミンという麻酔薬がよく用いられる。

※ケタミンは麻薬として認定されており、取扱には免許や手続きが要る。
もちろん事件の度にペチペチ撃つことはできない。

ケタミンはコナンの麻酔銃に使えるだろうか。
撃てば即座に眠る点はよいが、手術用なので麻酔としての効力が強すぎ、持続時間も短い(手術の際は継続的に薬剤を投与し続けなければいけない)。
また、呼吸を抑制する副作用があるため、座って俯いた姿勢(いわゆる「眠りの小五郎」のポーズ)だと危険だ。

また、筋肉注射に必要な薬剤の体積は、人間に用いるなら50ml。
この量だと針に塗ったくらいでは足りないだろうから、注射器ごと飛ばす必要がありそうだ。腕時計に収めるには阿笠博士の手腕が問われる。

ちなみに、ケタミンは副作用が激しく、乱用すると依存性があるとの報告もある。う~ん……。

〈適切な麻酔薬とは?〉

このように、動物向けの麻酔銃を流用するのはあまり望ましくない。他の方法はないだろうか。

思うに、用いるべきは麻酔薬ではなく睡眠導入剤ではなかろうか。
即効性では劣っても、一度刺せばしばらく眠ってくれるという特徴は、コナンの需要に合致する。

マイスリー(一般名:ゾルピデム)やハルシオン(一般名:トリアゾラム)といった超短時間型の睡眠薬であれば、投与から約1時間をピークに、2~4時間で効果が切れる。

ただし、これらの薬は副作用として健忘(記憶がなくなる)などが起きうる。小五郎がますます迷探偵に……。

よりの問題は、睡眠導入剤は多くが口から摂取するタイプの薬であること。
このままでは麻酔銃としては使えないので、度重なる臨床実験を行い筋肉注射で効く薬を開発する必要がある。阿笠博士、頑張ったんだろうなあ。

〈麻酔銃の中身:まとめ〉

麻酔銃に用いられる薬は次の2説のいずれかだと思われる。

●麻酔薬説
◯利点:即効性がある
◯問題点:効果が強すぎる、推理中に目覚めてしまう可能性がある、銃で撃つには量が多い

●睡眠薬説
◯利点:程よく眠らせられる、推理中は眠っていてくれる
◯問題点:注射薬でない

また、銃の威力や針の構造はどうなっているのか。
針を首に受けるおっちゃんが衝撃を受けている様子はないから、針はそれなりに軽いのだろう。
細い針があの勢いで飛んだら結構深くまで刺さりそうだけど、首に撃って大丈夫コナンくん?

と、ここでまた1つ、新たな仮説が誕生する。

続きはソースで

関連ソース画像
no title

ねとらぼ
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1801/18/news029.html

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1516260151/

続きを読む

1: \(^o^)/ 2018/01/17(水) 16:12:55.66 ID:CAP_USER
重度の大気汚染に苦しめられている中国で、対策として「世界最大の空気清浄機」が建設されたことがわかりました。
現在は試験運用中のようですが、すでにここ数カ月で周辺の大気汚染を改善する効果を上げているとのこと。

China builds ‘world’s biggest air purifier’ (and it seems to be working) | South China Morning Post
http://www.scmp.com/news/china/society/article/2128355/china-builds-worlds-biggest-air-purifier-and-it-seems-be-working
no title

陝西省西安市に作られたのは「世界最大の空気清浄機」だという、高さ100mのタワー。
西安では暖房の燃料の多くが石炭であるため、冬になると重度の大気汚染が起きることが続いており、対策が求められていました。

タワーを作ったのは中国科学アカデミー・地球環境研究所。
仕組みとしては、汚染された大気を吸い込んで温室に入れ、太陽エネルギーで加熱。熱風と化した大気を複数の浄化フィルターを通した上でタワーから放出しているとのこと。

責任者であるCao Junji氏によると、タワーは1000万立方メートル相当のきれいな空気を生み出しており、この数カ月で西安近郊の10平方キロメートルの地域で大気の質の改善が認められたとのこと。
有害な微粒子として知られるPM2.5の数も平均して15%ほど減少しており、特に汚染のひどい日でも、スモッグを日常レベルにまで抑え込む効果が出ているとCao氏は語っています。

実際、タワーから1kmほど離れたところのレストランの店長によれば「この冬は明らかに大気汚染が改善された」とのこと。
タワーから数百mのところにある陝西師範大学の学生も「大気の質が改善されていることに疑いはありません」と語りました。
一方で、タワーから10km離れた学校の教師は「他の地域と状況は変わりません」と、タワーの恩恵を受けていないことを明かしました。
no title

なお、西安に作られたこのタワーはあくまで試験用のもので、Cao氏らはこのタワーの大型版を中国全土に作ることを考えているとのこと。
大型タワーは30平方キロメートルの範囲をカバーできるものになるそうです。

GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20180117-world-biggest-air-purifier/

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1516173175/

続きを読む

1: \(^o^)/ 2018/01/18(木) 00:23:42.06 ID:CAP_USER
板垣さん、とも座の銀河に超新星発見、132個目

山形県の板垣公一さんが1月15日、とも座の銀河に超新星2018gvを発見した。
板垣さんの超新星発見は通算132個目。

【2018年1月17日 Transient Name Server】

山形県の板垣公一さんが1月15日16時20分ごろ(世界時。日本時では16日1時20分ごろ)、とも座の銀河NGC 2525に16.5等の超新星候補天体を発見した。天体の位置は以下のとおり。

赤経 08h05m34.61s
赤緯 -11°26′16.30″(2000年分点)

2018gvの符号が付けられた後、米・ハワイのケックI望遠鏡およびチリのヨーロッパ南天天文台新技術望遠鏡で行われた分光観測により、極大前のIa型超新星であることが確認された。来週ごろ極大を迎え12~13等級まで明るくなる可能性がある。
--- 引用ここまで 全文は引用元参照 ---

▽引用元:AstroArts 2018年1月17日
http://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/9658_sn2018gv

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1516202622/


続きを読む

↑このページのトップヘ