科学ニュース速報

「科学ニュース」をまとめています

1: \(^o^)/ 2019/10/20(日) 09:25:15.03 ID:lk2x9tDU9
しばしば報じられる「バードストライク」のトラブル。実は、日本では毎日のように発生しており、たいていは問題なく運航を継続しています。エンジンはニワトリを打ち込むテストも実施。これが発生しやすい空港、時期もあるそうです。

■実はほとんどの場合、無事に目的地へ到着している「バードストライク」

飛行機に鳥がぶつかるトラブル「バードストライク」、日本では2018年、1434件発生しています。国土交通省の資料によると、7月から11月にかけてが多く、10月がピークだそうです。

バードストライクのおよそ半分は、滑走中など地上にいるときに発生します。鳥が滑走路に、虫などの餌を探して飛んでくるためです。また発生個所で一番多いのは、実は機首(ノーズ)の部分。ついで翼、エンジンです。
no title


現在の飛行機は、バードストライクに遭遇しても、ある程度までは影響がないよう設計されています。

特にエンジンは、鳥を吸い込んでしまうとブレードが壊れて機能が止まり、飛行できなくなる可能性もある部分。そのため設計段階で、ニワトリなどの鳥を実際にエンジンへ打ち込む耐久テストが行われ、そのクリアが必要です。また、発生箇所でもっとも多い機首の先端部分には、補強などの工夫がされているといいます。

このためバードストライクに遭遇しても、そのまま目的地まで行き、そののち整備するケースが一般的です。2018年のバードストライク発生件数1434件のうち、引き返しや離陸の停止は24件(約1.6%)。ほとんどの場合、そのまま到着地へ無事にたどりついています。

■バードストライクでの損傷率は2%、最も確率が高い部分、空港は?

バードストライクに遭遇した飛行機に損傷が発生する確率は、2018年の日本では約2%(39件)でした。最も機体の損傷につながっている鳥は、600gから1kgの重さが一般的な「トビ」だそうです。

損傷の確率が一番高かった部分はエンジンで、約7%(17件)。なお、最も多く当たっていた機首部分は約1%(6件)です。

なお、エンジンは1.8kgのニワトリを吸い込んでも、飛行を続けられるよう設計されていますが、エンジンが損傷するかどうかは、鳥の大きさだけでなく、ぶつかった状況にもよります。また、羽数も1羽とは限りません。

空港別に見ると、海に面した空港では、バードストライクが多くなる傾向があります。一番多いのが羽田空港で、2018年は157件発生。海沿いで、離着陸数が多い大空港のためです。ちなみに確率では、対馬空港(長崎県)が2018年のトップ。遭遇確率は、単純計算で約0.4%です。

空港でもバードストライク対策をしているものの、鳥と人間との“知恵比べ”状態が続いています。爆音を出す機械などを導入しても、鳥が順応していまい、効果は一時的なのだそうです。

おもな対策としては、空港内の目視巡視が一般的。発生件数最多の羽田空港は、2012(平成24)年から専用レーダーを導入しており、目視と合わせて24時間体制の警戒を行っています。

なお日本の航空会社では、バードストライクが原因の事故は発生していません。世界で見ると、2019年8月にロシアのウラル航空178便が遭遇。滑空状態でトウモロコシ畑に不時着し、全員生還しています。
no title

乗りものニュース
https://trafficnews.jp/post/90526

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1571531115/

続きを読む

1: \(^o^)/ 2019/10/20(日) 08:05:47.07 ID:NvCB/4VY9
温暖化が進むと…スーパー台風、複数回日本上陸 1度上昇で洪水2倍に
毎日新聞2019年10月19日 18時03分(最終更新 10月19日 18時18分)
https://mainichi.jp/articles/20191019/k00/00m/040/237000c

阿武隈川(中央から奥)などが氾濫し、浸水したままの宮城県丸森町=2019年10月14日午後0時52分、本社ヘリから
no title

氾濫する恐れのある水位を超えた河川数の推移
no title

上陸直前まで非常に強い勢力を維持した台風19号は東日本を中心に大きな被害をもたらしたが、地球温暖化が進めば19号を上回る強大な台風が年に複数日本に上陸する危険性が指摘されている。

このままのペースで温暖化が進むと、今世紀末には世界の平均気温が現在より3度ほど上がるとされている。
気象庁気象研究所の予測によると、平均気温が3度以上高くなると「スーパー台風」と呼ばれる最大風速59メートル以上の台風の発生数は地球全体で3割ほど減る。
その一方、海面水温の上昇などにより日本の南海上を猛烈な台風が通る頻度は増加するとみられ、日本列島への影響が懸念される。

日本ではまだスーパー台風の勢力を保って上陸した例はないが、坪木和久名古屋大教授(気象学)のシミュレーションによれば、20世紀末より約2度上昇すると、スーパー台風のまま本土に接近・上陸する台風が1年間に複数発生するようになるという。

平均気温が1度上昇すると、大気に含まれる水蒸気量が7%増える。
温暖化が進むと、台風だけでなく前線などによる豪雨でも一度に降る雨の量が以前より増えることになる。
昨年の西日本豪雨も温暖化の影響で降雨量がかさ上げされ、多大な被害をもたらしたとの指摘がある。

国土交通省によると、国と都道府県が管理する河川のうち、氾濫する恐れのある水位を超えた河川数は、2014年は83河川だったが、16年は368河川、18年は10月末時点で475河川と年々増加している。
国交省の検討会は今年、現在より約1度上昇すると洪水の発生頻度が約2倍、3度以上上昇すると約4倍になるとのシミュレーションを公表している。

木本昌秀東京大教授(気象学)は「今後気象災害がより顕著にひどくなるのは間違いない。堤防などのハード面には限界がある。最終的に逃げるのは一人一人。
避難勧告が出てから準備しては遅く、普段から心づもりをしたり、近所の人とコミュニケーションを取ったりすることが大事だ」と話す。【信田真由美、大場あい】

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1571526347/

続きを読む

1: \(^o^)/ 2019/10/19(土) 20:55:17.69 ID:p3eA4Ihb9
■60代から100歳以上までの、脳バンクに提供された脳組織を分析したところ、長寿の人は脳神経を活性化させる遺伝子の発現が低いことが明らかとなった

■脳神経の興奮が老化や寿命に影響している可能性があり、これを制御しているのがタンパク質のRESTであると判明した

■RESTはアルツハイマー病の抑制にも効果のあることが報告されており、これを利用した薬を開発することで脳の状態や寿命を大きく改善できる可能性がある

大人の脳は使わなければどんどんと細胞を喪失していくため、活動させ続けることが必要だと言われています。

これは直感的にもわかりやすい説明です。しかし、新たな研究は脳の過剰な活性化は逆に寿命を縮める結果になる可能性を指摘しています。

さらに、そうした神経興奮を抑制するタンパク質もこの研究では特定しており、この成果は寿命の改善につながる可能性があります。

この研究は、ハーバード大学医学部の研究チームより発表され、10月16日付けで総合科学ジャーナル『Nature』に掲載されています。

Regulation of lifespan by neural excitation and REST
https://www.nature.com/articles/s41586-019-1647-8

■脳の活性が寿命を縮める?

今回の研究で調査されたのは、死後に脳バンクに提供された60代から100歳以上の人たちの脳です。

この調査で、85歳以上の人たちは、60~80歳で亡くなった人たちに比べて神経興奮に関する遺伝子の発現が低かったという結果が得られました。

また、分子レベルでの違いを調査した結果、遺伝子を制御するタンパク質「REST」に差があることも明らかになりました。100歳以上の人は、70代80代で亡くなった人よりも脳細胞の核内にかなり多くのRESTがあったのです。

この結果から、研究者たちはマウスとワームを使い、RESTの量を変化させた場合に、どのような症状が現れるかの実験を行いました。

すると非常に寿命が長いとされるMethuselahワームでは、RESTを増加させた場合、脳活動が減少し、寿命が延びる傾向が見られました。逆にRESTを減少させるとワームは神経活動を増加させて、劇的に寿命が短縮されたのです。

マウスの実験では、RESTを欠いた状態だと、発作のような活性化が度々起こり、多忙な脳活動を行う傾向が見られるようになりました。

これは制御不能な過剰な神経の興奮を示すもので、当然脳には良くありません。

この結果からタンパク質RESTは、神経興奮や脳の活性化に関する遺伝子発現を抑制することが明らかになりました。

また、RESTの作用によって神経興奮を減少させることで寿命を伸ばすことができる可能性も出てきたのです。

■万能薬になるか? 驚きのRESTの効能

神経興奮に作用する遺伝子を抑制すると明らかになったRESTですが、Natureに掲載されている他の研究ではアルツハイマー病を予防する作用があるという報告もされています。

アルツハイマー病を発症した人の脳ではRESTの量が低下していたというのです。

こうしてみると、RESTはアルツハイマー病を抑え、神経興奮も抑制して、長寿を維持できる万能のタンパク質であるように見えます。

しかし、RESTを誘導するのは老化によるストレスが原因と言われており、単純に高齢になるほどRESTの量が増加しているだけの可能性も捨てきれません。

研究対象にされている脳は、様々な要因で死亡した人々から提供されているものなので、REST濃度差が直接死亡に関連しているかどうかは明言できないのです。

生きている人間の脳を解剖して調査することはできないので、この辺りの判断は医学的にも難しい領域です。

しかし、ワームやマウスを使った実験では明らかな結果が示されており、RESTをターゲットとした薬物開発が、神経の興奮を減らし、健康な老化を促進して寿命を伸ばす可能性はあります。

こうしたRESTの有用性を判断するにはまだまだ長い時間が掛かるといいますが、脳神経の興奮と寿命の関連が魅力的な研究テーマになったことは確かなようです。

世の中にはすぐ頭に血の昇る高齢のクレーマーが多いなんて話題も耳にしますが、寿命に関係するかどうかは別として、神経を昂ぶらせるよりは穏やかな老後を送りたいものですね。

2019/10/19
https://nazology.net/archives/46635
no title

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1571486117/

続きを読む

↑このページのトップヘ