科学ニュース速報

「科学ニュース」をまとめています

1: 名無しさん 2022/12/31(土) 17:58:11.71 ID:AV6BNrbF9
石田雅彦 
https://news.yahoo.co.jp/byline/ishidamasahiko/20221231-00331009

赤鼻のトナカイは吸い込んだ冷たい空気を鼻で暖めているようだが(※1)、我々は寒い季節になると鼻が冷える。鼻が冷えるとウイルスの侵入を防ぐ機能が低くなり、感染症にかかりやすくなるようだ。

⬛なぜ寒いと風邪を引くのか

気温が下がってくると死亡率が上がる。体温が下がると免疫機能も低下し、風邪やインフルエンザなどの感染症のリスクが増えるからで、一部の国や地域では暖房のために大気汚染が悪化するからとも言われている(※2)。

呼吸のために吸い込んだ空気には、ホコリや病原性微生物などが含まれている。これを含んだ空気は、まず鼻毛によってフィルタリングされた後、嗅覚神経のある鼻粘膜で覆われた鼻腔を経て気管へ流れ込んでいく。ウイルスを含む微生物は、主に鼻腔内の鼻粘膜に生える繊毛によって喉の奥へと運ばれ、消化器官へ飲み込まれる(※3)。

こうした防御機能をかいくぐった病原性微生物は、鼻の粘膜や喉で繁殖し、副鼻腔炎、気管支炎、肺炎、喘息などを引き起こす。これらの感染症を引き起こすウイウルは体温より低い温度でより多く繁殖するが(※4)、これは寒い時期に呼吸器感染症が増えることにも関係する(※5)。

⬛細胞外小胞の役割とは

さらに、寒くなって気温が下がるとウイウスに対する我々の免疫機能も低下するが(※6)、なぜそうなるかの理由の一つが、細胞外小胞(EV、Extracellular Vesicles)と呼ばれる細胞から放出され、免疫応答やシグナル伝達など細胞間や血液など体液内のコミュニケーションをするタンパク質(エクソソーム)の役割だ(※7)。

この細胞外小胞は、侵入してきたウイルスに対する自然免疫の機能を調整していると考えられ、マイクロRNAやメッセンジャーRNAを介し、あるいは自身がウイルスに付着してウイルスを殺しているようだ。そして、こうした細胞外小胞の免疫機能は、新型コロナウイルスに対しても観察されている(※8)。

最近、米国などの研究グループが、寒くなって鼻が冷えると細胞外小胞の機能が低下し、感染症にかかりやすくなるという論文を発表した(※9)。
同研究グループは、4人の健康な研究参加者を摂氏23.3度、相対湿度57%の適度な室温環境、摂氏4.4度、相対湿度90%の低温環境にそれぞれ15分間いてもらい、鼻の奥の粘膜を採取して細胞外小胞に対するウイルス対抗機能の変化を調べた。

その結果、適度な室温の場合には細胞外小胞はかなり優れた抗ウイルス機能を果たしていたが、低温環境では細胞外小胞の生成が40%以上少なくなり、その機能が落ちることを発見したという。同研究グループは、冬に冷たい空気を吸い込めば、細胞外小胞の生成に影響し、ウイルス感染に対する抵抗力が低下するだろうと述べている。

コロナ禍でマスクを着用する時間が増えた。人工的なマスクの感染防止効果は明らかだが、新型コロナやインフルエンザに対しても鼻を冷やさないマスクに効果があるようだ。

※全文はソースでご確認ください

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1672477091/

続きを読む

no title

1: 名無しさん 2022/12/30(金) 13:33:16.17 ID:2KfdMhMs9
https://news.yahoo.co.jp/articles/adc501d9b94995267b0a374483c2833bc53675a4
■中南米に暮らすグラスフロッグ、医療応用への期待も
中南米に暮らすアマガエルモドキ科のカエル「グラスフロッグ」。半透明の皮膚や筋肉をもち、周囲の森に溶け込めることからそう呼ばれている。
裏返しにしてみれば一目瞭然だ。解剖などせずとも、心臓や肝臓、そして曲がりくねった腸まで見ることができる。
グラスフロッグが透明になる仕組みについて、新たな驚くべき発見が2022年12月23日付けで学術誌「サイエンス」に発表された。

フライシュマンアマガエルモドキ(Hyalinobatrachium fleishmanni)というグラスフロッグは、眠るときに、鮮やかな色をした赤血球の89%を、肝臓の中にある規則正しく並んだ袋に取り込む。
光を遮る赤血球の大半が体内を循環しなくなることで、カエルの透明度は2倍から3倍に高まるという。
これによってグラスフロッグは捕食者に見つかりにくくなっていると、研究者たちは考えている。

「透明な生きものは珍しく、そう簡単にできることでもありません。生物の組織には、光を吸収したり散乱したりするものがたくさん含まれているからです」と、論文の著者の一人であるジェシー・デリア氏は話す。
デリア氏はニューヨーク市にある米自然史博物館の博士研究員で、ナショナル ジオグラフィックのエクスプローラー(探求者)でもある。
「赤血球もたくさんの光を吸収します。このカエルは、それを肝臓に隠すことで透明になるのです」

■眠るときだけ透明に
透明な生物は、オキアミやサルパなど水生生物には多いが、陸上では非常に珍しい。
そのため、科学者たちはこのグラスフロッグの能力に昔から注目してきた。
だが、今回の研究が行われるまでは、このような赤血球の動きには誰も気づいていなかった。
その理由の一つに、この現象はグラスフロッグが眠っている日中にしか起こらないことが挙げられる。

グラスフロッグは夜行性なので、研究者も夜型の生活を送ることになる。
博士論文でグラスフロッグの子育てについても研究していたデリア氏は、「私は夜に研究をしていましたので、観察した(野生の)カエルはみな起きていました」と話す。
「捕まえたグラスフロッグがガラスの上で眠っているのを見たとき、はじめて何かが起きていることに気づき、驚きました」

次の問題は、その仕組みをどうやって解明するかだった。

■音で血液を見る
グラスフロッグが透明になる様子は肉眼でも確認できるが、その仕組みを理解するには、「光音響顕微鏡法」という画像技術が必要だった。
「色素が光を吸収するとき、吸収される光の一部は熱になります」と、この研究を率いた米デューク大学の生物学者カルロス・タボアダ氏は話す。
「その熱によって圧力が局所的に変化し、音波が発生するのです」

「この現象は、ありとあらゆるところで恒常的に起きています」とデリア氏も補足する。
「理論上、光を吸収するものはすべて音波を発しています」

※続きはソースで

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1672374796/

続きを読む

1: 名無しさん 2022/12/30(金) 09:43:29.47 ID:R+Mak0oP9
危機的状況を国民に発信することすらしない無為無策の岸田政権に医療現場から怒りの声が上がっています。(内藤真己子)

救急車の搬送先がすぐに決まらない「救急搬送困難事案」は25日までの1週間で6800件と過去最多になりました。

「コロナも一般救急も、最近はインフルエンザの患者さんも増え、一晩中救急要請の電話が鳴り続けています」。
そう語るのは埼玉県川口市にある埼玉協同病院(399床)の守谷能和内科部長です。

同病院は内科や外科の2次救急病院で、年間約3500件の救急患者を受け入れる地域の中核病院です。

守谷さんが当直だった24~25日には24時間で46台の救急車から受け入れ要請がありました。通常のおよそ2倍以上です。
しかし受け入れられたのは15件。31件は断らざるを得ませんでした。

「ベッドが満床で、外来処置で帰せる患者さんしか受けられませんでした」と守谷さん。軽症より重症者を断らざるを得ない異常な事態です。

28日も介護施設で発熱した高齢者が搬送されコロナと分かりましたが、点滴治療をして施設に帰しました。
11月以降、50床規模の各病棟でコロナ患者が連続して発生し、入院を制限せざるを得なくなっているのです。コロナ受け入れ病床は超過入院状態です。

近隣の中規模救急病院でも大規模クラスターが発生。「おそらくどこも似たり寄ったりではないでしょうか。コロナ前はこんなことが1件あれば大問題だったのに医療崩壊が日常になってしまった」と守谷さん。

岸田政権は、3年ぶりに季節性インフルエンザの流行期に入ったと発表しましたが、医療逼迫の現状を積極的に国民に伝えていません。

「第8波ほど医療現場と社会の乖離(かいり)を感じたことはありません。医療崩壊でコロナ患者だけでなく、一般の疾患やケガした人が救急医療を受けられず命を失ったり縮めたりしている。政府が必要な対策をしないと失われる命が増えていく」。危機感を募らせます。

政府はコロナだけでなく一般の救急医療も逼迫(ひっぱく)し医療崩壊が起きている現状を国民に正確に伝え、感染防止を徹底するよう繰り返し呼びかけるべきです。

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik22/2022-12-30/2022123001_01_0.html#:~:text=%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1672361009/

続きを読む

↑このページのトップヘ