科学ニュース速報

「科学ニュース」をまとめています

1: もろ禿 ◆SHINE.1vOk もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2015/09/25(金) 22:14:55.44 ID:???.net
共同発表:マグロの持続可能な利用を資源保護と完全養殖で目指す~キハダ稚魚の海面生簀での飼育成功
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20150924/index.html


no title

写真1 陸上水槽で人工孵化し育てられたキハダ稚魚。収穫されて海面生簀へ移される様子
no title

写真2 パナマ共和国アチョチネス沖合の海面に設置されたキハダ稚魚・幼魚飼用生簀
生簀の直径は20m。中央に見えるのは配合飼料を給餌する自動給餌機の架台。同国でのマグロ海面飼育はこれが初めて。
no title

写真3 生簀網の中を泳ぐ人工孵化キハダ稚魚
no title

写真4 海面生簀での飼育が終わり、再び陸上水槽に運ばれて飼育されているキハダ幼魚
全長約30cm。写真は水槽壁面に衝突死した個体。


ポイント
近畿大学がJSTとJICAの支援を受けて行うキハダ養殖の研究成果。
世界で初めてキハダを卵から幼魚まで飼育することに成功。
現在は再び陸上生簀に戻し、海面生簀よりも管理が容易な環境で2年後の完全養殖を目指す。
得られた科学的知見と飼育技術は、今後キハダの天然資源予測に用いられることで、熱帯・亜熱帯の途上国や海洋島嶼国の持続的な漁業への貢献が期待され、日本のマグロ類資源の持続的利用への努力の国際的な大きなアピールとなる。
途上国、海洋島嶼国での新たなキハダの養殖産業の振興(途上国支援)に繋がるとともに、将来日本企業が海外を拠点とした養殖を行うための基礎となることも期待される。


近畿大学 水産研究所 教授 澤田 好史らの研究グループは、国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)、独立行政法人 国際協力機構(JICA)の支援を受けた地球規模課題対応国際科学技術協力(SATREPS)注1)のもと、本年6月から7月にかけて人工孵化させ、陸上水槽で育てたキハダの稚魚を海面生簀で飼育することに成功しました。生簀で成長し幼魚となって再び陸上水槽に移されたキハダは、今後成魚になるまで飼育が継続されます。

今回の沖出しは、完全養殖注2)へ向けた大きな前進であり、より実用的な稚魚サイズ(9-13cm)で実施したことに意義があります。陸上水槽で稚魚まで飼育、これを海面生簀に移して幼魚まで飼育、さらに陸上水槽へ戻して現在全長30cmの幼魚まで飼育しています。

クロマグロの完全養殖に成功した近畿大学の技術を応用して、今回飼育が難しいとされるキハダで成功をしたことは、大きな研究成果だと言えます。

本プログラムは、近畿大学がパナマ共和国水産資源庁(ARAP)および全米熱帯マグロ類委員会(IATTC)注3)との国際共同研究により、資源枯渇が懸念されるクロマグロとキハダ注4)の持続的な利用を可能にするため、資源保護(太平洋クロマグロおよびキハダ)による漁業の持続と、完全養殖による市場供給(キハダ)を目指すものです。


(以下略)

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1443186895/
  続きを読む

1: もろ禿 ◆SHINE.1vOk もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2015/09/25(金) 22:17:09.29 ID:???.net
超高速光化学反応を可視化する「分子ムービー」の原理を実証 | KEK
http://www.kek.jp/ja/NewsRoom/Release/20150924143000/


no title

図1 光電子回折の原理図
XFEL照射によって、ヨウ素分子の中の左のヨウ素原子から光電子が放出される(左図)。その光電子は右隣のヨウ素原子に散乱される(中図)。その結果、左から出た光電子波と右のヨウ素原子による散乱波によって干渉パターンを生じる(右図)。干渉パターンの形状は原子間距離に依存するので、干渉パターンの測定により原子間距離を決定することができる。
no title

図2 光電子回折装置の概念図
パルス分子線の中のヨウ素分子は、YAGレーザーパルスの電場の方向に向きが揃えられる。YAGレーザーパルスと同期したXFELパルスによって、ヨウ素分子から光電子が放出されると、分子結合は切断されヨウ素イオンとして解離する。上部の検出器で光電子の速度分布画像を観測し、下部の検出器で解離イオンの速度分布画像を観測する。
no title

図3 光電子回折像およびその角度分布
(a)光電子回折の二次元画像。ヨウ素原子(I)の2p光電子は、黄色の同心円で挟まれた領域に観測されている。この画像から2p光電子は、XFELの電場ベクトルおよびヨウ素分子の分子軸に平行なz軸方向(この画像の場合、水平方向)に強く放出されていることがわかる。
(b)極座標で表した、xz面内の2p光電子の角度分布。光電子の強度は、中心からの長さに比例する。黒丸印は実験結果で、赤曲線は分子の向きのバラツキを考慮に入れた理論による計算結果。
(c)極座標で表した、xz面内の2p光電子の角度分布の理論計算の結果。この計算では、分子の向きはz軸方向に固定しているので、光電子波と散乱波の干渉効果が顕著に現れている。
赤曲線は一回散乱の計算結果で、青曲線は無限回散乱の計算結果。


本研究成果のポイント
 ● 向きを揃えた気体分子1つから光電子回折像>>1を測定することに初めて成功
 ● 超高速気相光化学反応を可視化する「分子ムービー」の原理実証に成功


【概要】

高エネルギー加速器研究機構(KEK)、東京大学、立命館大学、千葉大学、京都大学、日本原子力研究開発機構(JAEA)、理化学研究所(理研)、高輝度光科学研究センター(JASRI)は、X線自由電子レーザー(XFEL)>>2施設「SACLA>>3」を用いて、向きを揃えたヨウ素分子(I2)からのX線光電子回折像を観測することに成功しました。

光を照射することで物質に化学変化を起こす多くの光化学反応は、ピコ秒~フェムト秒>>4の超高速で進行する反応なので、その超高速過程を光電子回折法で直接観測した例はこれまでありませんでした。研究グループは、気体ヨウ素分子の向きをレーザー電場で制御し、大強度・超短パルスであるXFELを用いることにより、ヨウ素分子から光電子が出る瞬間の分子構造を捉えることに成功しました。これは、超高速で起こる気相光化学反応を可視化する「分子ムービー」の原理を実証したことになります。

本研究は、KEK物質構造科学研究所の柳下明シニアフェロー、中嶋享特任助教(現JASRI博士研究員)、和田健特別助教、東京大学の酒井広文准教授、峰本紳一郎助教、立命館大学の寺本高啓助教、千葉大学の藤川高志名誉教授、水流翔太DC2、京都大学の間嶋拓也助教、JAEAの赤木浩研究副主幹、理研放射光科学総合研究センター・ビームライン研究開発グループの矢橋牧名グループディレクター、JASRI・XFEL利用研究推進室の富樫格研究員らを中心とした共同研究グループの成果です。本研究は、SACLAのビームラインBL3を利用して行われました。

本成果は、オンライン版の科学雑誌『Scientific Reports』の9月15日号(現地時間)に掲載されました。


(以下略)

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1443187029/
 
スポンサーリンク



続きを読む

1: もろ禿 ◆SHINE.1vOk もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2015/09/25(金) 22:13:02.58 ID:???.net
「モナリザ」のモデルか、伊修道院で発見の遺骨 調査 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News
http://www.afpbb.com/articles/-/3061161


no title

no title



【9月25日 AFP】世界で最も有名な絵画の一つ、「モナリザ(Mona Lisa)」の謎の解明に取り組んでいるイタリアの考古学者チームは23日、この絵画のモデルとなった「本人」のものであると考えられる人骨の破片を発見したことを明らかにした。調査の対象となったのは、伊トスカーナ(Tuscan)地方の修道院で数年前に発掘された遺骨だ。

研究チームは、ルネサンス期の巨匠レオナルド・ダビンチ(Leonardo da Vinci)が描いた「モナリザ」のモデルとして椅子に腰掛けている謎の女性が伊フィレンツェ(Florentine)生まれのリザ・ゲラルディーニ(Lisa Gherardini)であると確信している。しかし、数年前に発掘された複数の遺骨の調査からは、この女性に適合する可能性のある大腿(だいたい)部などの骨の一部が見つかっているのみ。また骨がゲラルディーニのものであるかどうかを検証するためのDNAも得られていないという。

1479年生まれのゲラルディーニは、裕福な絹商人フランチェスコ・デルジョコンド(Francesco del Giocondo)の妻だった。現在、仏パリ(Paris)のルーブル美術館(Louvre Museum)に展示されている「モナリザ」は、デルジョコンドが1503年にダビンチに依頼した妻の肖像画であると考えられている。

ゲラルディーニは夫の死後、フィレンツェにあった聖ウルスラ女子修道院(Convent of Saint Ursula)で晩年を過ごした後、同修道院で亡くなり、1542年に埋葬された可能性が高い。
この修道院では娘2人も修道女として暮らしていた。

伊ボローニャ大学(University of Bologna)のジョルジョ・グルピオーニ(Giorgio Gruppioni)教授(人類学)によると、調査チームは2011年、ゲラルディーニの遺骨発見を目的に、修道院に埋葬されていた人骨の発掘調査を開始。このなかで12体分の人骨を発見したという。


■共同墓地で発見

最初の8体分の人骨は保存状態が良好だったが、炭素年代測定法で分析した結果、時代が古すぎでモナリザとは合致しないことが分かった。

一方、1545年まで使われていた共同墓地で見つかった別の4体を炭素年代測定したところ、大腿、すね、くるぶしの骨の断片のみが残っていた1体が、ゲラルディーニと同じ時代に生きていた人物のものであることが判明した。修道院の記録文書により、この共同墓地は1521年~1545年までの期間しか使われなかった可能性が高いことも明らかになったという。

今回の調査を率いた歴史学者のシルバノ・ビンチェティ(Silvano Vinceti)氏によると、ゲラルディーニに関する資料は不完全なものであるにしろ、この期間に彼女以外の一般人がこの小さな修道院に埋葬されたことについての記載はないという。

今回の発見では、見つかった骨から採取されるDNAとゲラルディーニの夫と息子の遺骨を照合・鑑定できることが期待されたが、親族の遺体が安置されていた地下墓所が非常に多湿だったため、数百年の間に、遺骨は朽ち果てて粉々になってしまっていた。

グルピオーニ教授は「成人の歯数個以外には何も見つからなかった」と述べ、現在の技術ではこれらの歯からのDNA抽出は不可能と指摘した。同教授は、最新技術が開発された暁には、これらの歯がゲラルディーニの夫のものであることを期待して、もう一度抽出を試みたいと考えている。

ビンチェティ氏は「人類学的調査から歴史的文書までのさまざまな要素を組み合わせることで、遺骨がリザ・ゲラルディーニのものである可能性が高いとの結論を下すことが可能になる」と話している。
(c)AFP/Fanny CARRIER

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1443186782/
 
続きを読む

↑このページのトップヘ