科学ニュース速報

「科学ニュース」をまとめています

1: もろ禿 ◆SHINE.1vOk もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2015/09/26(土) 07:14:44.30 ID:???.net
産総研:相変化光メモリーの動作を超高速化するメカニズムを解明
http://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2015/pr20150925_2/pr20150925_2.html


no title

図1 パルス対励起と期待される超高速相変化反応プロセス。(a) 第一励起パルス(P1)により、試料の状態を基底状態から励起状態に遷移させ、第二励起パルス(P2)により励起状態での相転移制御を行う。励起状態での構造変化のモニターは、プローブパルス(P3)により行う。なお、P1とP2の時間差(∆t)はマイケルソン干渉計により10 fsの精度で変化させることができる。
また、モニターするタイミングは、P2とP3パルス間の時間(τ)を変化させる。(b) パルス対励起で観測できる超高速相変化反応プロセスを表す。実験では、SET相(合金では結晶に対応)の状態からスタートし、RESET相(合金ではアモルファスに対応)への前駆反応プロセスを観測する。Ge原子は緑色、Te原子は橙色、Sb原子は紫色で示す。
no title

図2 超格子構造のGeTe/Sb2Te3において得られたプローブ光の反射率変化。(下) 初期状態(SET相)において第一励起パルス(P1)なしで測定したものである。矢印はP2パルス照射の時間を示す。(b)時間間隔∆t = 290 fsで励起パルス対を試料に照射した際のコヒーレントフォノンの振幅増強の様子を示す。第二励起パルス(P2)照射直後の振動波形は、いったん振幅が増強されるが、その後、水色の帯で示すように1 ps程度経つと大きく減衰しており、励起状態では初期状態とは異なるコヒーレントフォノンに変化したことが分かる。
no title

図3 コヒーレントフォノン信号をフーリエ変換して得られたフォノンスペクトル。(a) 励起パルス対を照射する前、試料は初期状態(SET相)にあり、このとき6配位状態のGeTe6に対応するフォノン周波数は3.48 THzであることが分かる。(b)励起パルス対を照射した場合。∆t=290 fsで励起パルス対を照射すると、もともと3.48 THzにあったピークは2つに分裂し、一方は高周波数側にブルーシフト(3.7 THz)し、もう一方は、低周波数側に大きくレッドシフト(2.55 THz)することが分かる。(c) フォノンスペクトルで観測された局所構造変化のモデル。励起パルス対を照射すると、励起状態になり、3配位(GeTe3:2.55 THz)と4配位(GeTe4:3.7 THz)の局所構造が出現すると考えられる。

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1443219284/
  続きを読む

1: もろ禿 ◆SHINE.1vOk もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2015/09/26(土) 07:17:35.50 ID:???.net
炎症性腸疾患などに関与する免疫細胞の誘導メカニズムを解明 - Th17細胞を誘導する20種のヒト腸内細菌の同定-:[慶應義塾]
http://www.keio.ac.jp/ja/press_release/2015/osa3qr0000013pum.html
炎症性腸疾患などに関与する免疫細胞の誘導メカニズムを解明 | ヤクルト本社
http://www.yakult.co.jp/news/article.php?num=919
http://www.yakult.co.jp/news/file.php?type=release&id=144313875168.pdf


株式会社ヤクルト本社(社長 根岸孝成)の梅崎良則特別研究員(中央研究所)と慶應義塾大学医学部(医学部長 岡野栄之)の本田賢也教授(理化学研究所統合生命医科学研究センター消化管恒常性研究チームリーダー兼任)らを中心とする共同研究グループは、Th17細胞が腸内細菌によって誘導されるメカニズムを世界に先駈けて解明しました。

Th17細胞は、感染症への抵抗性、炎症性腸疾患(クローン病、潰瘍性大腸炎)や、自己免疫疾患の病態形成に密接に関わっている免疫細胞として知られています。これまでに同グループは、マウスの腸内常在細菌の一種であるセグメント細菌がTh17細胞を誘導し、感染症抵抗性を高めることを同定していましたが、これらの細菌がTh17細胞を誘導するメカニズムは明らかになっておらず、関連疾患の理解や治療応用が進んでいませんでした。

今回の研究では、セグメント細菌が腸管上皮に突き刺さるようにして強く接着しているユニークな形態的特徴に着目し検証することで、この上皮への接着特性がTh17細胞の誘導に強く関与することを同定しました。この結果をもとに、ヒトの腸内細菌叢においてTh17細胞を誘導する20種類の細菌の同定に成功しました。

今回の成果は、炎症性腸疾患の予見やプロバイオティクス開発への応用が期待されます。本研究成果は、科学雑誌『Cell』オンライン版(9月24日正午:米国東部時間)に掲載されます。

プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1443219455/
  続きを読む

1: もろ禿 ◆SHINE.1vOk もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2015/09/25(金) 22:14:55.44 ID:???.net
共同発表:マグロの持続可能な利用を資源保護と完全養殖で目指す~キハダ稚魚の海面生簀での飼育成功
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20150924/index.html


no title

写真1 陸上水槽で人工孵化し育てられたキハダ稚魚。収穫されて海面生簀へ移される様子
no title

写真2 パナマ共和国アチョチネス沖合の海面に設置されたキハダ稚魚・幼魚飼用生簀
生簀の直径は20m。中央に見えるのは配合飼料を給餌する自動給餌機の架台。同国でのマグロ海面飼育はこれが初めて。
no title

写真3 生簀網の中を泳ぐ人工孵化キハダ稚魚
no title

写真4 海面生簀での飼育が終わり、再び陸上水槽に運ばれて飼育されているキハダ幼魚
全長約30cm。写真は水槽壁面に衝突死した個体。


ポイント
近畿大学がJSTとJICAの支援を受けて行うキハダ養殖の研究成果。
世界で初めてキハダを卵から幼魚まで飼育することに成功。
現在は再び陸上生簀に戻し、海面生簀よりも管理が容易な環境で2年後の完全養殖を目指す。
得られた科学的知見と飼育技術は、今後キハダの天然資源予測に用いられることで、熱帯・亜熱帯の途上国や海洋島嶼国の持続的な漁業への貢献が期待され、日本のマグロ類資源の持続的利用への努力の国際的な大きなアピールとなる。
途上国、海洋島嶼国での新たなキハダの養殖産業の振興(途上国支援)に繋がるとともに、将来日本企業が海外を拠点とした養殖を行うための基礎となることも期待される。


近畿大学 水産研究所 教授 澤田 好史らの研究グループは、国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)、独立行政法人 国際協力機構(JICA)の支援を受けた地球規模課題対応国際科学技術協力(SATREPS)注1)のもと、本年6月から7月にかけて人工孵化させ、陸上水槽で育てたキハダの稚魚を海面生簀で飼育することに成功しました。生簀で成長し幼魚となって再び陸上水槽に移されたキハダは、今後成魚になるまで飼育が継続されます。

今回の沖出しは、完全養殖注2)へ向けた大きな前進であり、より実用的な稚魚サイズ(9-13cm)で実施したことに意義があります。陸上水槽で稚魚まで飼育、これを海面生簀に移して幼魚まで飼育、さらに陸上水槽へ戻して現在全長30cmの幼魚まで飼育しています。

クロマグロの完全養殖に成功した近畿大学の技術を応用して、今回飼育が難しいとされるキハダで成功をしたことは、大きな研究成果だと言えます。

本プログラムは、近畿大学がパナマ共和国水産資源庁(ARAP)および全米熱帯マグロ類委員会(IATTC)注3)との国際共同研究により、資源枯渇が懸念されるクロマグロとキハダ注4)の持続的な利用を可能にするため、資源保護(太平洋クロマグロおよびキハダ)による漁業の持続と、完全養殖による市場供給(キハダ)を目指すものです。


(以下略)

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1443186895/
  続きを読む

↑このページのトップヘ