科学ニュース速報

「科学ニュース」をまとめています

2016年10月

1: もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2016/10/01(土) 17:35:53.85 ID:CAP_USER
低速多価イオンビームの太さを髪の毛の1/100に | 理化学研究所
http://www.riken.jp/pr/press/2016/20160927_1/
no title

低速多価イオンビームの太さを髪の毛の1/100に | 60秒でわかるプレスリリース | 理化学研究所
http://www.riken.jp/pr/press/2016/20160927_1/digest/

最近、がん治療において重粒子線治療が行われるようになりました。
この治療では、重粒子(炭素イオン、C6+)線を光の速さの70%ぐらいまで加速させて照射し、体の深部にあるがんを攻撃します。これは重粒子の速度を調節して、がんの位置で重粒子が止まるようにすれば、がんのみを集中的に破壊することができ、周囲の正常細胞を傷つけにくいという性質を利用しています。これに対して、電子が極端に少なくプラスの電気を帯びた原子「多価イオン」を利用した「低速多価イオンビーム」は、標的物質の表面で止まり、物質を透過する力がほとんどない程度まで速度を抑えています。そして、高い化学反応性を生かし、1つの低速多価イオンで標的生体分子をソフトに切ったり電離させたりできます。

しかし、そのためにはビームの太さを1マイクロメートル(μm、1μmは100万分の1m)、つまり髪の毛の直径の1/100以下に細くして、微小領域にのみ安定に照射するという課題があります。
これまで、細胞用実験に使用されるガラス製注射針(ガラスキャピラリー)をそのまま用いて、照射する技術開発が行われてきました。しかし、この手法で作られるビームは多くの場合、不安定で、安定供給できる技術は実現していませんでした。原因は、キャピラリー内にたまる静電気の“クッション”でした。静電気が強過ぎると、ビームはキャピラリー内部のクッションで大きく曲げられ、内壁に大きな角度で衝突し、出口まで到達できないのです。

今回、理研を中心とする共同研究グループは、静電気を適切な強さに常に保つため、過剰にたまった静電気を放電によって逃がすようにした、4-電極キャピラリーとサブミクロンキャピラリーの「2段構えのガラスキャピラリー」を製作しました(図参照)。
2段目の出口径が0.75μmで、1段目のキャピラリーの側面に4つに分けられた領域に塗布電極を取り付けました。静電気の制御には出口に最も近い電極Aを使います。
ビームには8価のアルゴンイオン(Ar8+)を使用し、静電気の放電には「機械式リレー」を使用しました。その結果、過剰な静電気を効果的かつ適量だけ放電することができる時間間隔を見出すことができ、安定なビーム供給を実現しました。

今後、本技術により、真空中に置かれた細胞サンプル表面のタンパク質分子分布を前処理なく調べる研究や、物質表面に原子サイズの凹凸で幾何学パターンが作製された機能性材料の開発への応用が期待できます。

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1475310953/

  続きを読む

1: もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2016/10/01(土) 12:36:24.95 ID:CAP_USER
くり返しの曲げ・ねじりに耐える「フレキシブルリチウムイオン電池」を開発 | プレスリリース | Panasonic Newsroom Japan
http://news.panasonic.com/jp/press/data/2016/09/jn160929-1/jn160929-1.html
no title

【要旨】

パナソニック株式会社 オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社は、カード型デバイスやウェアラブル端末などに適した、厚み0.55mmのフレキシブルリチウムイオン電池を開発しました。曲げ半径 R25mm、ねじり角 25°でくり返し曲げたりねじったりしても性能を維持できるフレキシブルリチウムイオン電池です。

【効果】

本開発品は、カード向け規格以上の曲げ・ねじり耐性を有しています。スマートカードやカードキーなどの電池駆動のカード型デバイスや、身体貼付型デバイス、スマートウェアなど、頻繁に曲げ・ねじりの力が加わる機器でも電池性能を維持します。

【特長】

本開発品は以下の特長を有しております。
1.くり返し曲げても、ねじっても性能を維持できるフレキシブル電池
2.くり返し充放電性能が高く、機器の長寿命化に貢献
3.高い安全性を確保し、身体装着機器にも安心して搭載可能

【従来例】

カード型デバイスは、財布や衣服のポケットに入れると、たわんだり、ねじれたりするため内蔵部品にも曲げ・ねじりへの耐性が求められます。電源には薄型リチウムイオン電池などが搭載されていますが、曲げ・ねじり変形によって電池が劣化し、機器の動作時間が短くなるという課題がありました。

【用途】

カード型デバイス、身体貼付型デバイス、スマートウェア、腕時計型ウェアラブル端末など

(以下略)

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1475292984/

  続きを読む

1: 白夜φ ★@\(^o^)/ 2016/09/30(金) 22:57:49.96 ID:CAP_USER
「好き」「嫌い」操れる?脳の領域を発見 理研など
瀬川茂子 2016年9月30日03時05分

「だれが、いつ、どこで、どうした」という情報のうち、これまでよくわかっていなかった「だれ」の記憶が脳の中で保持されている領域を、理化学研究所脳科学総合研究センターの利根川進センター長ら日米の研究チームがマウス実験で見つけた。
この領域にある神経細胞に操作を加え、忘れていた相手を思い出させたり、特定の相手への「好き嫌い」の感情を引き起こさせたりすることもできた。
30日付の米科学誌サイエンスに発表する。
(引用ここまで 以下引用元参照)

▽引用元:朝日新聞DIGITAL 2016年9月30日03時05分
http://www.asahi.com/articles/ASJ9X6T25J9XULBJ01S.html

▽関連
理化学研究所
他人を記憶するための海馬の仕組み
-記憶痕跡(エングラム)にアクセスし、社会性記憶を操作する-
http://www.riken.jp/pr/press/2016/20160930_1/
60秒でわかるプレスリリース
http://www.riken.jp/pr/press/2016/20160930_1/digest/

Science 30 Sep 2016:
Vol. 353, Issue 6307, pp. 1536-1541
DOI: 10.1126/science.aaf7003
Ventral CA1 neurons store social memory
http://science.sciencemag.org/content/353/6307/1536

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1475243869/
  続きを読む

↑このページのトップヘ