科学ニュース速報

「科学ニュース」をまとめています

2016年10月

1: もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2016/10/24(月) 17:55:08.57 ID:CAP_USER
【プレスリリース】赤血球の硬さを世界最高レベルで評価できるチェッカーを開発!
心筋梗塞・脳梗塞などのリスク評価の新手法として期待 | 日本の研究.com
https://research-er.jp/articles/view/51536
no title

本研究成果のポイント
•“赤血球の硬さ”を世界最高のデータ相関値で評価できる赤血球硬さチェッカーを開発し、循環器系患者と健常者の赤血球を極細人工血管内に通過させた際に、統計的有意差が現れることを明らかに
•これまでのマイクロ流路を使った赤血球硬さ評価は、取得された細胞速度と細胞変形度合いとの相関係数の低さから、信頼性に疑問が投げかけられていた
•心筋梗塞・脳梗塞などの循環器系疾患診断への応用、赤血球硬さ評価指標による健康診断が可能に


概要

大阪大学大学院工学研究科の金子真教授、医学系研究科の坂田泰史教授らの研究グループは、世界最高のデータ相関値を誇るマイクロ流路埋め込み型の赤血球硬さチェッカー(図1) を開発し、循環器系患者と健常者の赤血球を極細人工血管内に通過させた際に、統計的有意差が現れることを明らかにしました。

これまでの赤血球硬さ計測は、取得されたマイクロ流路内細胞速度と細胞変形度合いとの相関係数の低さから、結果の信頼性に疑問が投げかけられていました。

今回、金子・坂田両教授らの研究グループは、新たな流体工学的発想により、硬さ評価チップの内流路構造(図2) を根本的に見直すことにより、チップ内細胞速度(硬さの評価指標)と変形度合いとの間に相関0.92(相関値の最高は1.0)という驚異的に高い相関値を実現することに成功し、循環器系疾患患者と健常者との赤血球間で統計的有意差を見出しました。これにより、循環器系疾患と赤血球硬さとの関連解明の新展開が期待されます。

本研究成果は、スイス科学誌「Micromachines」に、平成28年10月1日(土)(スイス時間)に公開されました。

(以下略)

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1477299308/

  続きを読む

1: もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2016/10/24(月) 21:24:22.36 ID:CAP_USER
【プレスリリース】一つの量子的なシャッターにより、二つのスリットを同時に閉じることに成功 | 日本の研究.com
https://research-er.jp/articles/view/51420
no title

no title

概要

京都大学大学院工学研究科の岡本亮准教授、竹内繁樹教授らは、光子を用いた量子回路により、量子重ね合わせ状態をとりうる「シャッター」を実現することに成功しました。
そして、光子を2重スリットに入射する実験において、特定の条件下では、重ね合わせ状態にある 1 つの量子シャッターで、2つのスリットを同時に遮断できることをはじめて実験的に示しました。これは、量子力学のもつ不思議な性質を、より本質的に浮かび上がらせるとともに、将来の量子コンピュータの実現にも寄与する成果です。

(以下略)

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1477311862/
  続きを読む

1: もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2016/10/24(月) 12:23:26.01 ID:CAP_USER
NILS-LSA研究成果「バランスよく食べると認知機能低下リスク4割減」が新聞で紹介されました | 国立長寿医療研究センター
http://www.ncgg.go.jp/cgss/news/20161019.html
http://www.ncgg.go.jp/cgss/news/documents/gaiyo.pdf

認知症は社会的な問題となっていますが、日々の食事をとおして、その発症リスクを抑えることはできるのでしょうか。
本研究では、愛知県内の地域住民570人(60-81歳)を対象に、どのような食生活の人が認知機能を維持しているか(あるいは低下しやすいか)を検討しました。
食生活の中でも「いろいろなものを食べること(食品摂取の多様性)」に着目し、多様性が低い人と高い人において、10年間の認知機能低下リスクが異なるかを調べました。
その結果、食品摂取多様性の高い人(つまり、バランスよくいろいろな食品を食べる人)ほど、認知機能が低下するリスクが低いことが分かりました。
食品摂取多様性スコアが最も高い群は、最も低い群に比べ、認知機能が低下するリスクが44%も低いことが示されました。
「いろいろな食品を食べる」という誰にも分かりやすい食行動が、認知症の予防に効果的かもしれません。

(以下略)

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1477279406/
  続きを読む

↑このページのトップヘ