科学ニュース速報

「科学ニュース」をまとめています

2016年12月

1: 白夜φ ★@\(^o^)/ 2016/12/08(木) 09:23:44.96 ID:CAP_USER
キノコ類の多様性の起源を解明 -植物との共生関係が生み出す多様化の歴史-

佐藤博俊 生態学研究センター研究員(現龍谷大学博士研究員)、田辺晶史 地球環境学堂特定研究員(現水産研究・教育機構研究員)、東樹宏和 人間・環境学研究科助教らの研究グループは、「菌根性キノコ菌類」と植物の間で成立する共生関係の歴史を数千万年のスケールで解析し、陸上生態系を支える菌根性キノコ類の種多様性が増加してきた要因を明らかにしました。
宿主である植物を乗り換える「宿主転換」という現象が菌根性キノコ類の種分化を加速させてきたという今回の発見は、現在みられる地球上の森林が成立してきた歴史を再現する鍵となります。
 
本研究成果は、2016年12月5日に英国の科学誌「New Phytologist」オンライン版に掲載されました。
(引用ここまで 以下引用元参照)

▽引用元:京都大学 研究成果 2016年12月07日
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2016/161205_1.html

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1481156624/
  続きを読む

1: 朝一から閉店までφ ★@\(^o^)/ 2016/12/07(水) 22:46:32.61 ID:CAP_USER
WIRED2016.12.7 22:00
人間が個々の顔を認識して記憶するのと同じ方法で、チンパンジーは、仲間の「尻」を認識しているという研究結果が発表された。

人間が個々の顔を処理して記憶するのと同じ方法で、チンパンジーは、個々の尻を処理・認識しているという研究成果が発表された。

人間の場合、顔を区別するには、眉や目、唇、頬などのパーツの顔全体における相対的な認識が必要だ。チンパンジーの場合も、同様のことを尻で行っているらしい。

オランダのライデン大学研究チームは『PLOS One』で発表した「顔処理の起源に迫る」(Getting to the bottom of face processing)というタイトルの論文のなかで、顔と尻を関連づけるのは容易だと述べている。
どちらも、無毛で対称性があり、動物にとって魅力的な体の部位であるため、その特徴から個々を区別するのは容易だという。

チンパンジー社会における尻の重要性は有名だ。メスの排卵期前後には肛門付近が膨張して赤くなり、「魅力的」になる。
だが、チンパンジーがどのように個々の尻の特徴を認識しているかはこれまで不明だった。

人間の顔認識には、特徴的な現象がある。見覚えのある顔を逆さまにすると、突然、認識するのがはるかに難しくなるという「倒立顔効果」だ。
この現象は、人が顔に関する情報を、ほかの物体に関する情報を処理するときとはまったく違う方法で処理していることを意味する。
今回の研究では、チンパンジーの「尻認識」に関しても、倒立効果が存在することがわかった。

志願者100人と5匹のチンパンジーとともに研究は行われた。
志願者とチンパンジーはそれぞれ、人間の女性3人とメスのチンパンジー3匹の顔と尻、脚の画像を2秒間見せられた。
その直後に、画面に並ぶ2枚の新しい写真を提示され、元の画像と同じほうを選ぶよう求められた。

人間は、逆さまの尻より、逆さまの顔のほうが認識に苦労した。チンパンジーはその逆で、逆さまの顔より、逆さまの尻のほうが認識に苦労した。
このことから、チンパンジーが尻を認識する際に倒立効果が生じることがわかった。

「チンパンジーは人間と違って『尻の倒立効果』を示すことが証明されました。これは、直立歩行を行う種において、個体同一性の認識が、尻から顔に移行したことを示しています」と研究チームは語っている。

進化の過程で個体認識の方法も進化して、人間が顔認識に頼るようになった可能性があることを今回の研究結果は示唆していると、研究チームは述べているわけだ。
「この進化は、顔が、霊長類の尻と共通する重要な特性を引き継いで『社会的な性的合図を送る』主要な部位になったことを示唆しています」

http://www.sankei.com/smp/wired/news/161207/wir1612070001-s1.html

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1481118392/
  続きを読む

1: 白夜φ ★@\(^o^)/ 2016/12/08(木) 08:45:14.69 ID:CAP_USER
H-IIBロケット6号機による
宇宙ステーション補給機「こうのとり」6号機(HTV6)の打上げについて

三菱重工業株式会社および国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、宇宙ステーション補給機「こうのとり」6号機(HTV6)を搭載したH-IIBロケット6号機(H-IIB・F6)について、平成28年10月1日(土)の打上げを延期するとお知らせしておりました。
 
この度、H-IIB・F6の新たな打上げ日時を下記の通り決定いたしましたので、お知らせいたします。

記打上げ予定日:平成28年12月9日(金)
打上げ予定時刻:22時26分頃(日本標準時)
打上げ予備期間:平成28年12月10日(土)~平成28年12月31日(土)
打上げ場所:種子島宇宙センター 大型ロケット発射場
(引用ここまで 以下引用元参照)

▽引用元:国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構 プレスリリース 平成28年10月7日
http://www.jaxa.jp/press/2016/10/20161007_h2bf6_j.html

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1481154314/
  続きを読む

↑このページのトップヘ