科学ニュース速報

「科学ニュース」をまとめています

2016年12月

1: 白夜φ ★@\(^o^)/ 2016/12/26(月) 23:57:02.48 ID:CAP_USER
農薬でミツバチの精子減少 関連指摘のネオニコチノイド系

世界的なハチの減少との関連が指摘されているネオニコチノイド系の農薬をミツバチに与えると、雄バチがつくる活発な精子の量が4割減るなどの悪影響が出るとの実験結果を、スイス・ベルン大などの国際研究チームが25日までにまとめた。
--- 引用ここまで 以下引用元参照 ---

▽引用元:共同通信 2016/12/25 17:4212/25 17:43updated
https://this.kiji.is/185666664788705281

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1482764222/
  続きを読む

1: 白夜φ ★@\(^o^)/ 2016/12/27(火) 01:02:04.62 ID:CAP_USER
ローズマリー由来の物質がアルツハイマー病を抑制

東京工科大学(東京都八王子市片倉町、学長:軽部征夫)応用生物学部の佐藤拓己教授らの研究チーム(注1)は、ハーブ・ローズマリー(注2)由来の「テルペノイド・カルノシン酸」(注3、以下カルノシン酸)が、アルツハイマー病を抑制することを発見しました。
 
本研究成果は、科学誌「Cell Death and Disease」2016年11月24日号に掲載されました(注4)。
--- 引用ここまで 以下引用元参照 ---

▽引用元:東京工科大学 2016年12月12日
http://www.teu.ac.jp/press/2016.html?id=276

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1482768124/

  続きを読む

1: 白夜φ ★@\(^o^)/ 2016/12/27(火) 00:47:23.16 ID:CAP_USER
自閉症児は黄色が苦手、そのかわり緑色を好む -発達障害による特異な色彩感覚-

正高信男 霊長類研究所教授、マリン・グランドジョージ レンヌ第一大学講師らの研究チームは、自閉症スペクトラム障害(ASD)の特徴の一つと考えられる知覚過敏の中でも色彩に着目し、ASD児の色彩感覚にどのような特徴がみられるかを調査しました。
赤、青、緑など6色の好感度を調査した結果、ASD児は黄色が苦手で緑色を好む傾向があることが分かりました。
生活環境を整えるうえで色彩の面も配慮する必要があることを示唆する研究結果です。
 
本研究成果は、2016年12月23日午後0時30分にスイスの学術誌「Frontier in Psychology」に掲載されました。
--- 引用ここまで 以下引用元参照 ---

▽引用元:京都大学 研究成果 2016年12月26日
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2016/161223_2.html

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1482767243/
  続きを読む

↑このページのトップヘ