科学ニュース速報

「科学ニュース」をまとめています

2016年12月

1: 白夜φ ★@\(^o^)/ 2016/12/25(日) 02:40:50.60 ID:CAP_USER
エボラ熱予防で効果的ワクチン=18年にも投与可能に-WHO

【パリAFP=時事】世界保健機関(WHO)は23日付の声明で、西アフリカを中心に拡大したエボラ出血熱の予防に向け、カナダで開発されたワクチンが「極めて効果的」とみられると発表した。
順調なら、新薬承認のファストトラック(優先審査制度)を経て、2018年にも投与が可能になる。
 
このワクチンはカナダの公衆衛生機関が開発に着手し、製薬大手メルクが引き継いだ。
英医学誌ランセットによると、ギニアで昨年行われた治験では、投与された約6000人に感染者が出なかったのに対し、投与されなかった対照集団では23人が感染した。
 
WHOの担当者は、AFP通信に「ゼロ対23人という結果は、ワクチンに100%の効果がある可能性を強く示唆している」と指摘。
別の研究者はランセット誌に「(初の感染確認から)40年を経て、われわれはエボラ熱ウイルスに効くワクチンを手にすることになりそうだ」と記した。(2016/12/23-15:22)

▽引用元:時事ドットコム 2016/12/23-15:22
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016122300201&g=int

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1482601250/

  続きを読む

1: 白夜φ ★@\(^o^)/ 2016/12/25(日) 02:32:39.64 ID:CAP_USER
<ノロ猛威>人で流行し海へ カキに蓄積か

宮城県内の海域で生食用カキからノロウイルスが検出され、県漁協が出荷を休止した問題で、県内で流行している人のノロウイルスが影響したとみられることが21日、分かった。
県漁協は検査対象の県内11海域のうち、石巻市の雄勝湾を除く10海域でノロウイルスの陽性反応を確認した。
 
県水産業基盤整備課によると、感染者の嘔吐(おうと)物などに含まれるウイルスは一般的に下水処理を施しても完全に除去できず、一部が海に流出してカキに蓄積された可能性が高いという。
--- 引用ここまで 以下引用元参照 ---

▽引用元:河北新報ONLINE NEWS 2016年12月22日木曜日
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201612/20161222_13021.html

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1482600759/
  続きを読む

1: 白夜φ ★@\(^o^)/ 2016/12/25(日) 02:25:02.03 ID:CAP_USER
神奈川大、材料費1台80万円の超小型ロケット打ち上げ成功
小型衛星の投入視野

神奈川大学工学部の高野敦准教授らは、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)で強化し軽量化した新型ハイブリッドエンジンやフェアリング(ロケットの先頭部)分離機構を搭載した超小型ロケットの打ち上げに成功した。
伊豆大島差木地近隣広場(東京都大島町)から打ち上げたもので、機体とデータの回収に成功している。
将来は小型衛星の打ち上げを想定しており、小型で安価なロケットと組み合わせれば、打ち上げコストの大幅な削減が期待できる。

3日に打ち上げたロケットは高度約2キロメートルに到達後、パラシュートを展開して安全に着水した。
機体は全長2・5メートル、直径0・12メートルの円筒型で、加速度計や気圧センサー、カメラなどを搭載。
既製品に比べエンジンを10%軽量化した。

またフェアリングの分離機構は人工衛星の宇宙での放出に対応できる。
ロケットの材料費は1台あたり約80万円と既存のロケットと比べて安価だ。
--- 引用ここまで 以下引用元参照 ---

▽引用元:ニュースイッチ日刊工業新聞 2016年12月24日
http://newswitch.jp/p/7276

▽関連
神奈川大学 プレスリリース 2016.11.30
本学工学部高野研究室が「ハイブリッドロケット打ち上げ実験」を行います
http://www.kanagawa-u.ac.jp/pressrelease/details_14509.html

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1482600302/
  続きを読む

↑このページのトップヘ