科学ニュース速報

2ちゃんねるsc「科学ニュース板」のまとめブログです

2017年06月

1: \(^o^)/ 2017/06/28(水) 00:06:40.88 ID:CAP_USER
鳥の卵の形にまつわる謎を解明、カギは飛行能力
丸さやとがり具合がなぜ異なるのか、網羅的な研究でわかった驚きの関係

インドネシアにいる鳥、セレベスツカツクリの卵は、普通よりかなり細長い楕円形で、ジャガイモそっくりに見えるかもしれない。だが、この鳥は決してのろまではない。孵化して間もない頃から空を飛べる。(参考記事:「恐竜時代のひな鳥を発見、驚異の保存状態、琥珀中」)
 
なぜ鳥の卵はこのように種によって大きく異なるのか。科学者たちが長年にわたり不思議に思っていた謎を明らかにした研究結果が、6月23日付けの科学誌「サイエンス」に発表された。これまで、ある者は特定の形によって割れるのを防いでいたり、巣の中に安定して収まったりするのではないかとの説を立てた。アリストテレスは、長くてとがった卵はメス、とがっていない卵はオスが入っていると断言したほどだ(間違っているが)。
 
だが、米プリンストン大学の生態学者であるメアリー・ストッダード氏らの研究チームが目をつけたのは、広範囲な研究が行われていなかった点だった。(参考記事:「広範な研究で発見! 渡り鳥の法則」)
 
ストッダード氏は、「球形のフクロウの卵から、シギのとがった卵まで、鳥の卵の形がかなり多様に進化してきたことは、見過ごされてきたわけではありません」と話す。
 
そして最新の研究で、ストッダード氏らは意外な結論を明らかにした。卵の形は、鳥たちの飛行能力の発達に伴って進化した、というものだ。

:生活史や巣は関係なし
 
研究チームはまず、卵の形を比較できるように規定する必要があった。そこで注目したのが、卵の一端がどれだけとがっているか(非対称性)と、どれだけ細長いか(楕円率)という2つの要素だった。
 
次いで1400種、5万個近い卵を記述する数式を立て、その形をグラフ上に配置していった。
 
論文によると、最も細長かったのがセレベスツカツクリ(Macrocephalon maleo)の卵。最もとがっていたのはアメリカヒバリシギ(Calidris minutilla)の卵だった。
--- 引用ここまで 全文は引用元参照 ---

▽引用元:NATIONAL GEOGRAPHIC 2017.06.27
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/062600242/?s_cid=bpn_TopMR
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/062600242/?P=2

インドネシアにすむセレベスツカツクリの卵。際立って長い楕円形をしている。
no title

さまざまな鳥の卵。大きさも形もばらつきが大きい。
no title

現生のダチョウと、絶滅した巨鳥エピオルニスの卵(左)。手で持っているのはハチドリの卵で、ジェリービーンズほどの小ささ。
no title

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1498576000/

続きを読む

1: \(^o^)/ 2017/06/28(水) 00:16:06.42 ID:CAP_USER
植物に酢酸を与えると乾燥に強くなるメカニズムを発見
~遺伝子組み換え植物に頼らない干ばつ被害軽減に期待~

ポイント
○遺伝子組み換え技術に頼らず、植物を乾燥・干ばつに対して強化する技術が求められていた。
○酢酸が植物の乾燥耐性を強化するメカニズムを発見した。
○遺伝子組み換え植物を使わず、酢酸を与えるだけで簡便・安価に乾燥・干ばつに対処できることが期待される。

JST 戦略的創造研究推進事業において、理化学研究所 環境資源科学研究センター 植物ゲノム発現研究チームの金 鍾明 研究員、関 原明 チームリーダーらは、お酢の主成分である酢酸を与えることで植物が乾燥に強くなるメカニズムを発見しました。
従来、植物を乾燥や干ばつに強くするには、遺伝子組み換え植物の利用が主流でしたが、遺伝子組み換え技術に頼らずに、植物の乾燥耐性を強化する技術の開発が望まれていました。

本研究グループは、乾燥ストレス応答時の植物体内の代謝変化を調べ、乾燥に応答して酢酸が積極的に作り出されていることを発見しました。
また、この酢酸合成開始には植物のエピジェネティック因子が活性化のスイッチとして働いていることも明らかにしました。さらに、酢酸を与えることで、さまざまな植物で乾燥耐性が強化されることや、それが傷害応答に関わる植物ホルモンであるジャスモン酸の合成とシグナル伝達を介していることを明らかにしました。

遺伝子組み換え植物に頼らず、植物に酢酸を与えるだけで、急激な乾燥や干ばつに対処できる簡便・安価な農業的手法として役立つことが期待されます。

本研究は、東京大学 大学院理学系研究科生物科学専攻 藤 泰子 助教、農業・食品産業技術総合研究機構 生物機能利用研究部門の土生 芳樹 ユニット長、東京理科大学 理工学部 松永 幸大 教授らと共同で行ったものです。

本研究成果は、2017年6月26日16時(英国時間)に英国科学誌 「Nature Plants」のオンライン速報版で公開されます。
--- 引用ここまで 全文は引用元参照 ---

▽引用元:科学技術振興機構(JST) 平成29年6月27日
https://www.jst.go.jp/pr/announce/20170627/index.html

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1498576566/

続きを読む

1: \(^o^)/ 2017/06/27(火) 23:14:48.84 ID:CAP_USER
宇宙から帰ったプラナリア、頭が2つになっていた

宇宙旅行が人体にどんな影響を与えるか? これはNASAの科学者たちの大きな研究課題だ。彼らは微生物や実験動物などを宇宙に送り込み、さまざまな実験を行なっている。

今月9日、NASAに協力する米国タフツ大学が、その最新の実験結果を発表した。

:プラナリアの再生実験

プラナリアは、体長2センチメートル程のナメクジに似た生き物で、驚異的な再生能力を持っているため、生物学の実験によく使われる。例えば、プラナリアの体を半分に切ると、頭がある断片からは尾が生え、尾がある方の断片からは何と頭が生えて、両方とも完全な個体に戻ってしまう。

タフツ大学の研究者は、重力や地磁気、電磁場などの影響がない宇宙空間で生体がどう再生するかを調べるため、さまざまなパターンに切断したプラナリアを、国際宇宙ステーション(ISS)に載せてみた。

:前後の両方が頭になった

プラナリアは宇宙に5週間滞在し、地球に戻った。研究者たちが調べたところ、地球での再生とは異なる点がいくつもあったが、その中で最も彼らを驚かせたのが、頭が2つのプラナリアだった。

プラナリアの頭と尻尾を切り落とし、胴体だけにすると、頭のあった部分には頭が再生し、尻尾の部分には尻尾が再生する。薬物に晒すなどして人為的に操作しない限り、両方が頭になることはない。ところが、宇宙空間では違った。

下にあるのがタフツ大学が公開したそのプラナリアの写真だ。宇宙ステーションに運ばれた時は、頭と尻尾が切り落とされ、胴体だけの状態だった。再生した姿をよく見ると、前後の両方に、小さな1対の眼がついているのが分かる。
--- 引用ここまで 全文は引用元参照 ---

▽引用元:IRORIO Posted: 06/23/2017 05:00 pm|Updated: 06/23/2017 05:00 pm Text by Sophokles
https://irorio.jp/sophokles/20170623/404424/
no title

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1498572888/

続きを読む

↑このページのトップヘ