科学ニュース速報

「科学ニュース」をまとめています

2018年06月

1: \(^o^)/ 2018/06/25(月) 17:07:12.87 ID:CAP_USER
街頭犯罪の発生日時や場所といったビッグデータを人工知能(AI)で分析する犯罪発生予測システムの導入に向け、国や各地の警察が検討を始めた。予測を基に効果的な防犯活動が望めることから、システム開発に期待が掛かっている。
「欧米では既に犯罪抑止に効果を挙げています」。データ分析会社代表の梶田真実さん(35)は力を込めて語る。
AI予測で犯行可能性が高い地域を警察が重点的にパトロールした米国の複数の都市では、犯罪件数が平均で約2割も減少したという。梶田さんはこの日本版を作るべく昨年、会社を設立した。
大学で理論物理学を研究していた梶田さん。

同じく研究者の夫の転勤に伴い暮らしたイタリアで、すり被害にたびたび遭い、「地域の事情が分からないと犯罪に巻き込まれやすい」と実感した。自然現象を数式で説明する自身の研究手法を、防犯に生かせないかと考えた。
目を付けたのが、警視庁が管内の痴漢や窃盗の発生、不審者情報などを配信する「メールけいしちょう」。
このデータを抽出し、独自のアルゴリズム(演算手順)を使って、犯罪が発生する可能性の高い地域を予測した。
限られたデータでの予測だったが、実際の発生場所とおおむね重なった。
天候や交通量、ツイッター投稿などの情報を重ね合わせることで、さらに精度は高まるとみられる。
梶田さんは「日本特有の犯罪メカニズムについて検証を続ける必要がある」と説明する。
警視庁が開催した情報通信技術(ICT)活用の有識者研究会も、梶田さんら専門家の意見を聴取。
今年4月、犯罪予測などが「犯罪を未然に防ぎ、体感治安の向上にもつながる」として、ビッグデータ活用を促す提言書をまとめた。
まずは警察官の巡回時の利用を想定するが、一般向けの活用も見込まれる。
梶田さんは「住民用のスマートフォンアプリを作り、少しでも犯罪を減らしたい」と意気込んでいる。
(2018/06/23-14:50)

no title

時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018062300342&g=soc

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1529914032/

続きを読む

1: \(^o^)/ 2018/06/25(月) 11:03:03.92 ID:CAP_USER
イースター島に並ぶモアイ像の中には、赤くて大きな“帽子”も飾られたものがあります。
もっとも重いもので13トンもある“帽子”を古代の人々がどんな方法でモアイ像に被せていたのか、考古学者たちはその方法を解き明かせずにいました。
しかし、その謎を解明する新たな説、しかも驚くほどシンプルな説が発表されたのです。

チリの西岸から3200㎞以上も離れた場所に位置するイースター島は、人々が暮らす最僻地の1つです。
長さ24km幅12.2㎞ほどの島ですが、13世紀ごろからはポリネシア人の集団が繁栄していました。
ラパ・ヌイという名称でも知られていたこの島で有名なものといえば、高さ約10メートル重量は81トンを超えるの人面型の石像彫刻、モアイ像です。

これらの石像は、近くの採石場から入手した凝灰岩で作られています。
それらを配置するために古代のポリネシア人は、巨大な石像を左右に揺らしつつ前方へと動かしていました。
現代の私たちが冷蔵庫を運ぶのと同じような動作ですね。
石像のいくつかが被っている大きな“帽子”プカオは赤い岩滓(編注:がんさい、破片状の火山噴出物)でできており、その素材は約12kmも離れた別の採石場から入手していました。これらの岩は採石場で円柱状に刻まれ、さらなる工程のために石像のある場所まで転がされた可能性が高いのです。

しかし、ポリネシア人の建設者らはどんな方法で重さ12トンのプカオを約10mの石像の上に乗せたのでしょうか?
先日、Journal of Archaeological Scienceに掲載された新たな研究は、傾斜路でプカオを巻き上げ、そして設置するためにロープが使われていた(下の図表を参照)と示唆しています。
この謎を解明しようとしたこれまでの試みとは異なり、この研究の作者たちは論証を説明するため、島に実在する考古学的な証拠を用いました。

「イースター島の巨大な像の頭上に大きな帽子を置いた方法について、誰かが体系的に証拠を調査したのは今回が初めてです」と今回の研究の共同著者であり、ニューヨーク州立大学ビンガムトン校の人類学者であるCarl Lipoはプレスリリースで語っています。
「我々の研究はもっとも好ましい答えに到達するため、最先端の3Dモデリングを文化遺物の分析、そして物理学から描写されたモデルと組み合わせたものです」とのこと。

これまで、プカオは像がまっすぐに引き起こされる前に頭上にくっつけられていたと主張する考古学者たちもいました。
しかし、島で見つかった、壊れたり捨てられていたりした石像の残骸はそういうわけではなく、直立した状態の像の頭上に着けられたのだと示しています。
研究者たちによれば、ポリネシア人は植物の繊維からできたロープと長い傾斜路、そして掛け縄という手法を使ってこれを成し遂げたんだとか。
George Dvorsky - Gizmodo US[原文]
https://gizmodo.com/ingenious-technique-explains-how-easter-island-statues-1826568241

■今回示唆された「モアイに岩の帽子を被せる方法」
no title

no title

no title

Gizmodo
https://www.gizmodo.jp/2018/06/how-easter-island-statues-may-have-gotten-their-giant-hats.html
続く)

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1529892183/

続きを読む

1: \(^o^)/ 2018/06/23(土) 22:54:44.01 ID:CAP_USER
■中国・秦の始皇帝の祖母の墓で出土、ペットだった?

中国の古代の高貴な墓で見つかった奇妙な骨が、絶滅した新種の霊長類のものだった。6月22日付け学術誌『サイエンス』に論文が発表された。

この頭骨が見つかったのは、2004年に発掘された「夏太后」の墓。
夏太后は、中国を初めて統一した秦の始皇帝の祖母である。中国メディアの報道によると、墓の中には、ヒスイや金、銀、彫刻のある陶器、馬車2台など、豪華な副葬品がおさめられていた。

■夏太后のペット

墓の中の12個の穴からは、ツキノワグマやヒョウ、ヤマネコ、ツルといった動物の骨が出てきた。
注目すべきは、奇妙なテナガザルの骨だ。この小型類人猿の頭骨は非常に変わっていて、研究者たちは、夏太后のペットが今は絶滅してしまった新属新種のテナガザルだったと考えている。

研究者たちはこの動物に「ジュンズィ・インペリアリス(Junzi imperialis)」という学名を与えた。
「Junzi」は中国語で「君子」を意味し、この頭骨が高位の人物の墓から発見されたことと、古代中国の神話ではテナガザルが君子とされる場合が多いことにちなんでいる。

論文によると、今回の発見は、人類が昔からテナガザルを捕獲していたことを強く証拠立てるものであり、過去の霊長類の絶滅に人類が影響を及ぼした範囲の解明に役立つという。

論文の共同執筆者である英ロンドン動物学協会の博士研究員ジェームズ・ハンスフォード氏は、「霊長類の絶滅については、ほとんど知られていません」と言う。
アジアのテナガザルの化石はこれまで歯と小さな骨片しか見つかっておらず、完全な化石記録にはほど遠かった。

「このテナガザルが存在していたという事実を確定することは非常に重要なのです」とハンスフォード氏は言う。

■歯は語る

このサルの頭骨は考古学的に重要であるため、研究者はDNAを調べることができなかった。
DNAを調べるためには貴重な骨の一部を破壊する必要があるからだ。
そこで彼らは、頭骨と歯の形や角度を調べる形態計測という手法を用いた。

素人目には、古代のテナガザルの頭骨は、現代の森で枝渡りをするテナガザルとそっくりに見える。
国際自然保護連合(IUCN)霊長類専門家グループ小型類人猿セクションの副委員長スーザン・チェーン氏は、「ふさふさした毛をつけたら、そっくりに見えるでしょう」と言う。

そこで研究チームは、4種の現生種のテナガザルについて、279匹の歯789本と477個の頭骨を詳細にレーザー測定し、データベースを作成した。
これにより、夏太后のテナガザルを既知の種と比較することができる。
「結論から言うと、非常に大きな違いがありました」と、ハンスフォード氏。

論文の共同執筆者である米アリゾナ州立大学の博士研究員アレハンドラ・オリッツ氏は、額の傾斜はより急で、眼窩上突起は小さいと説明する。問題は歯だ。
ハンスフォード氏は、一言で言えば非常に大きいと言う。

米ストーニーブルック大学の霊長類解剖学者ジョン・フリーグル氏は、「下の臼歯は見えません」と言う。
フリーグル氏は今回の研究には関与していないが、このサルが新属新種であるとした研究チームの判断を支持し、
数百点の標本を比較した厳密さを称賛する。

「長さの測定から得られるデータはすべて得られたと言ってよいでしょう」と彼は言う。

フリーグル氏は、奇妙な形の骨は、このサルが人間に飼われていたことで説明できる可能性もあると指摘する。
「人間に育てられ、ふつうは食べないようなものを食べていた動物は、おかしな骨格になることがあるのです」。
けれども、人間に飼育されたことでこれほど大きい歯ができたとは考えにくいとも言う。

「明らかに奇妙な標本です」

続きはソースで

■中国で発見された新種の絶滅テナガザル「ジュンズィ・インペリアリス(Junzi imperialis)」の頭骨の一部。
no title

ナショナルジオグラフィック日本版サイト
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/062200276/

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1529762084/

続きを読む

↑このページのトップヘ