科学ニュース速報

「科学ニュース」をまとめています

2019年03月

1: \(^o^)/ 2019/03/27(水) 06:18:03.38 ID:CAP_USER
エイズウイルスへの感染が去年1年間に国内で新たに確認された人は1200人余りで、このうち3割がすでにエイズを発症していたことが分かりました。早い段階で感染を発見し、治療を受ければ、発症をおさえられるため、厚生労働省は、検査を受けるよう呼びかけています。

厚生労働省によりますと、去年1年間に、国内の保健所や医療機関などでエイズウイルスへの感染が新たに確認された人は、前年より101人少ない1288人でした。

例年と同じく、このうち約3割がすでにエイズを発症していたということです。

早い段階で感染を発見して治療を受ければ発症をおさえて健康的に生活できる上、ほかの人に感染を広げるリスクを下げることにもつながります。

1991年にエイズで亡くなったイギリスのロックバンド「クイーン」のボーカル、フレディ・マーキュリーを主人公にした映画が日本国内でもヒットしましたが、ウイルスに感染した人の治療は、フレディが亡くなった時代とは大きく変わっています。

厚生労働省エイズ動向委員会の白阪琢磨委員長は「保健所では無料、匿名で検査を受けられるので積極的に利用してほしい」と呼びかけています。

no title


NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190322/k10011857401000.html

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1553635083/

続きを読む

1: \(^o^)/ 2019/03/27(水) 06:16:14.17 ID:CAP_USER
(CNN) アフリカ中部コンゴ民主共和国(旧ザイール)の保健省は26日までに、流行が加速するエボラ出血熱について、症状を訴える患者の数が1000人を超えたと発表した。

流行が始まった昨年8月以降確認された患者の数は1009人で、このうちエボラ熱によるものと確認したのは944人。残る65人も感染の可能性があるという。

これまで死亡した629人のうち65人は疑い例だが、その他の564人についてはエボラ熱への感染が確認されている。

世界保健機関(WHO)によると今回の流行は、2014年に西アフリカで1万1000人以上が死亡した史上最悪の流行に次ぐ、2番目の致死率と規模になっている。

WHOは先週、エボラ熱への感染が確認される週ごとの割合が上昇したと報告した。それまでは数週間にわたって減少傾向が続いていた。現時点でエボラ熱の流行はコンゴの北キブ州、イトゥリ州のみにとどまっており、国境をまたいだ症例の報告はない。

WHOによれば、コンゴ国内では9万6000人以上がエボラ熱のワクチン接種を受けた。ウガンダや南スーダンの保険関係者を含め、接種の対象となる人々の9割が受けているという。

no title

https://www.cnn.co.jp/world/35134735.html

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1553634974/

続きを読む

1: \(^o^)/ 2019/03/27(水) 03:08:36.13 ID:CAP_USER
銀河の重力によって光がねじ曲げられ、同じ天体が複数に分裂して見える現象「重力レンズ」の新たな実例が発見されました。重力レンズが発生した際の見え方にはさまざまなパターンがありますが、今回発見されたものは上下左右の4つに分かれているパターンで「アインシュタインの十字架」と呼ばれるものです。
no title


A New Einstein Cross Gravitational Lens of a Lyman-break Galaxy - IOPscience
https://iopscience.iop.org/article/10.3847/2041-8213/ab0aeb/meta

A new Einstein cross is discovered
https://phys.org/news/2019-03-einstein.html

一般相対性理論では、時空は重い物体から発生する重力によってゆがみ、そのゆがんだ時空に沿って光が曲がって進むと述べられています。従って、観測者と観測対象との間に別の天体があった場合には中央の天体が凸レンズの役割を果たし、見かけ上では観測対象が分裂して見えることとなります。これが「重力レンズ効果」です。下の画像では実際に光が通った経路が白い矢印で示されており、見かけ上の経路がオレンジの矢印で示されています。
no title


重力レンズ効果によって天体が分裂して見える場合、その分裂した天体同士の距離は非常に小さくなっているため、重力レンズ効果が起きていることを見つけるのは困難です。さらに、一見重力レンズ効果が発生しているような天体を発見したとしても、それが本当に同一の天体から発せられた光なのかを確かめる必要があります。

イタリアの科学者チームはハッブル宇宙望遠鏡の高解像度画像で発見された4つの光のうち、3つの光をスペクトルに分解することに成功し、イオン化された水素による輝線が同じ波長で表れている事を確認しました。同じ波長に同じ輝線があることは光が同じ物体から来ていることを示しており、このことから重力レンズ効果が働いていることが分かります。
no title


重力レンズによって天体の像が分裂して十字架に見える「アインシュタインの十字架」は、これまでたった1例しか報告されていませんでした。今回で2例目となる新しい「アインシュタインの十字架」は、銀河座標に従って「J2211-0350」と命名されました。また、重力レンズの役割を果たす天体はおよそ70億光年先にある楕円銀河で、光源は少なくとも200億光年離れた別の銀河だったことが判明。論文著者のDaniela Bettoni氏によると、重力レンズ効果の光源となる天体はクエーサーである場合がほとんどであり、銀河が光源となることは非常に珍しいそうです。

重力レンズ効果が働いている天体が発見されると、元は同じ光だったものが微妙に異なるものとなって表れるため、その違いを分析することで光がたどった経路にどのような物質があったのかを知ることができます。また、通常のガラスのレンズのように光を一点に集めるのでより弱い光を観測できるなど天文学の進歩が期待されます。

https://gigazine.net/news/20190326-new-einstein-cross/

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1553623716/

続きを読む

↑このページのトップヘ