科学ニュース速報

「科学ニュース」をまとめています

2019年04月

1: \(^o^)/ 2019/04/26(金) 20:38:14.62 ID:CAP_USER
何世紀もの時間の隔たりが、一瞬にして消える。まさにそんな体験だった。英国ロンドン郊外にあるウィンザー城を訪れたときのことだ。 ここに来たのは、女王陛下のコレクションにあるレオナルド・ダ・ヴィンチの素描を見るためだ。背表紙は金箔で飾られ、染みがついて、すりきれた表紙にはイタリア語で「ポンペオ・レオーニの修復によるレオナルド・ダ・ヴィンチの素描集」と標題が書かれていた。

レオーニはイタリア人彫刻家で、レオナルドの献身的な弟子だったフランチェスコ・メルツィの息子から膨大な紙束を譲り受け、少なくとも2冊にまとめた。レオーニがまとめたこの革装の冊子は、1690年までには英王室のコレクションに収まっていた。234枚の紙葉に記された素描やメモに、探究心旺盛なレオナルドの精神の遍歴を見てとれる。

植物学、地質学、建築、軍事工学、地図学、解剖学……。レオナルドは多岐にわたる疑問を解き明かそうと、インクとチョークと銀筆でスケッチを描き、文章をつづった。    

膨大な記述と素描が、天才的な頭脳の働きをあらわにする。それらが描かれた紙葉は合計で7000枚が現存し、ウィンザー城や欧州各国の図書館、マイクロソフトの創業者ビル・ゲイツのコレクションに収められている。

レオナルド没後500年に当たる今年、これらの紙葉も改めて脚光を浴びている。

■教科書よりもダ・ヴィンチの素描

アイルランドのリムリック大学医学部外科学教室の主任を務めるJ・カルビン・コフィーは、何年か前に驚くべき発見をした。レオナルドが1508年頃に描いた観察結果が、コフィーが実証しようとしていた仮説を裏づけていたのだ。

コフィーは大腸と小腸を後方の腹壁につなぎ留めている扇状の構造「腸間膜」を調べていた。1858年に解剖学の古典的テキスト『グレイの解剖学』が刊行されて以来、腸間膜は複数の独立した構造から成ると医学生は教わってきた。だがコフィーは大腸の手術を何度も手がけるうちに、腸間膜は一つの連続した器官ではないかと考えるようになった。

そして、この仮説を証明しようと、研究チームを率いてこの部位の解剖学的特徴を調べているうちに、連続した構造として腸間膜を描いたレオナルドの素描を見つけた。「心底驚きました。私たちが観察していた構造にぴったり当てはまる描写で、紛れもなく傑作です」

研究の概要をまとめた2015年の論文に、コフィーはレオナルドの素描を掲載し、「今ではダ・ヴィンチの解釈が正しかったことがわかっている」と、その功績をたたえた。腸間膜はひだが複雑に重なり合った構造になっているため、丸ごと取り出すのは非常に難しい。「現在でも、彼と同じようには解剖できない外科医がいるでしょう」とコフィーは言う。

no title


ナショナルジオグラフィック日本版サイト
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/041900241/

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1556278694/

続きを読む

1: \(^o^)/ 2019/04/26(金) 19:44:34.80 ID:CAP_USER
(CNN) 全く朝食を取らない人は、毎日朝食を食べる人と比べて心血管系の死亡リスクが増加することがわかった。米国心臓病学会の医学誌に研究結果が発表された。

年齢をはじめ、性別や人種、社会経済的地位、食事、ライフスタイル、体格指数、病気などを考慮に入れた。今回の研究によれば、一度も朝食を取らなかった人は毎日朝食を取る人と比べて心血管系の死亡率が87%高かった。

今回の報告書の執筆に携わったウェイ・バオ博士は「朝食は伝統的に最も重要な食事か、あるいは少なくとも最も重要な食事のひとつと考えられてきた。しかし、この考えに対して、イエスかノーかを言えるだけの十分な入手可能なデータはなかった」と述べた。

世界保健機関(WHO)によれば、心臓病などの心血管系の病気は世界全体でみて主要な死因のひとつとなっている。

今回の研究では1988年から1994年にかけての米国の成人6550人のデータを使った。年齢は40歳から75歳。こうした人たちは、米疾病対策センター(CDC)が行った全国調査で、どのくらいの頻度で朝食を取るか回答していた。この調査では、何を朝食と考えるかは回答者に任されていた。

2011年にかけての健康状態を判断するために別のデータの分析が行われた。全体として、平均の追跡調査期間18.8年の間に2318人が死亡した。このうち619人が心血管関連の病気だった。

朝食を取る頻度や心血管系の健康状態などについて詳しい調査が行われた。

こうした人々のうち5.1%が一度も朝食を食べていないと報告していた。まれに食べるとした割合は10.9%。何日かに1回食べるが25%。毎日食べるが59%だった。

研究によれば、毎日朝食を取る人と比べると、全く食べないと回答した成人は心臓関連の死や脳卒中関連の死のリスクが高かったという。

今回の研究では、どんな種類の食べ物や飲み物を朝食として摂取したのかや、1994年から追跡調査を実施した間の朝食を取るパターンの変化といった情報は含まれていない。

今回の研究で判明したのは、朝食を抜くことと早死にのリスクに関連性がみられるということだ。朝食を抜くからといって特にそうした結果が引き起こされるわけではない。朝食を抜くことが実際に平均余命を縮めるのかどうかについてはさらなる研究が必要だ。

no title


https://www.cnn.co.jp/fringe/35136341.html

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1556275474/

続きを読む

1: \(^o^)/ 2019/04/25(木) 11:56:43.65 ID:CAP_USER
ワシントン(CNN) 海軍パイロットが未確認飛行物体(UFO)を目撃したと思われる場合、正式な手順に従って報告を――。米海軍はこのほど、そうした説明不可能な現象に遭遇した場合を想定して、正式な報告手順を定めていることを明らかにした。

海軍は各部隊に通知を出し、報告の手順について具体的に説明する予定だとしている。

もっとも、海軍当局者がCNNに語ったところによると、海軍は宇宙人が米国の領空を飛行していると信じているわけではないという。

海軍の声明では、「ここ数年で、無許可あるいは未確認の飛行物体が軍の管制圏や指定空域に侵入したという報告が多数ある」と述べ、「そうした侵入は安全保障上のリスクであると同時に、海軍と空軍の両方の安全を脅かす。安全と安全保障上の懸念から、海軍と空軍はそうした報告を真剣に受け止め、それぞれの報告について調査する」と説明した。

新しい指針では、報告の手順を標準化し、軍が詳しい検証のために利用するレーダーなどのデータの保存について規定する。

別の米軍高官はCNNに対し、最近の目撃情報の中には高度な機密扱いの軍の航空プログラムもあったと語った。

この目撃情報は一般の注目を集めたことから、海軍の情報担当高官が米議会や航空関係者に説明を行ったという。

米国防総省は何十年にもわたって断続的に、説明不可能な現象について調査する取り組みを行ってきた。直近のプロジェクトは2012年に打ち切られたが、同プロジェクトの責任者だった元国防総省高官のルイス・エリゾンド氏は打ち切りに抗議して辞任。2017年のCNNの取材に対し、宇宙人の飛行物体が地球を訪れている可能性は排除できないと語っていた。

no title


https://www.cnn.co.jp/fringe/35136306.html

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1556161003/

続きを読む

↑このページのトップヘ