科学ニュース速報

「科学ニュース」をまとめています

2019年06月

1: \(^o^)/ 2019/06/30(日) 06:12:07.41 ID:CAP_USER
マイクロプラスチックを好んで食べるサンゴ
細菌が付着したマイクロプラスチックがサンゴに病気と死をもたらす可能性も
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/062800380/
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/062800380/?P=2
2019.06.29
ナショナル ジオグラフィック

写真:サンゴの一種Astrangia poculataのポリプ。アルテミアの卵(黄色)よりマイクロプラスチックのビーズ(青色)を好んで食べている。こうしたマイクロプラスチックが新たな細菌を媒介する可能性もある。(PHOTOGRAPH COURTESY ROTJAN LAB)
no title


【科学(学問)ニュース+】

野生のサンゴが、マイクロプラスチック(直径5ミリ以下のプラスチック粒子)を食べていることが判明した。
しかも、偶然摂取してしまうのではなく、本来の餌より好んで食べているというのだ。
ただ、マイクロプラスチックには、自身の命を奪う細菌が付着することもある。
(参考記事:「研究室 忍び寄るマイクロプラスチック汚染の真実」)
  https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/web/18/053000010/053000001/

英国王立協会の学術誌「Proceedings of the Royal Society B: Biological Sciences」に発表された今回の研究では、温帯に暮らすサンゴを米ロードアイランド州の沖で採取。 人の拳にも満たない小さな群体をつくる種だ。
研究チームは、サンゴ礁を形成する熱帯の種も同様にマイクロプラスチックを摂取し、細菌の被害を受けている可能性があると推測している。

今回の研究結果は、最高峰の頂上から深い海溝まで、マイクロプラスチックは自然環境の至るところに存在することを裏付けるものだ。
魚から鳥まで多くの生物がすでに、プラスチックの微粒子を食べていることが確認されている。
人も例外ではなく、水や食物からプラスチック粒子を摂取していることがわかっている。
(参考記事:「深海底に大量のマイクロプラスチックが集積、研究」)
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/b/121100251/

研究を率いた米ボストン大学のランディー・ロットジャン氏は海洋生態系を研究し始めたとき、まさか自分がプラスチックをテーマに研究するとは想像もしていなかった。
ロットジャン氏は、ただ自然のサンゴを調査できることに興奮していた。

「生態系や生物を採取すると十中八九、マイクロプラスチックが見つかるので、看過できなくなったのです」とロットジャン氏は振り返る。
(参考記事:「欧州ホタテ、全身にプラスチック粒子残留の可能性」)
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/120600534/

・ジャンクフードよりたちが悪いマイクロビーズ
ロットジャン氏らはAstrangia poculataのコロニーを3つ採取した。
Astrangia poculataはマサチューセッツ州以南の米国の大西洋とメキシコ湾に生息する小さなサンゴだ。
実験場として選ばれたのはロードアイランド州沖の海。
プロビデンスから40キロ弱と都市環境に近く、プラスチックに汚染されたと考えられているためだ。

ロットジャン氏らは研究室に戻ると、サンゴのポリプを切り開き、マイクロプラスチックを数えた。
すべてのポリプから100以上の微小なプラスチック繊維が見つかった。
野生のサンゴの体内からマイクロプラスチックが記録されたのは今回が初めてだが、すでに過去の研究で、同じ種が研究室でプラスチックを食べたことが確認されている。
参考記事:「あなたは既に大量のプラスチック片を食べている」)
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/060700338/

ロットジャン氏らは、さらに研究室で次のような実験をした。
研究室で飼育したサンゴのポリプに、蛍光ブルーのマイクロビーズと、研究室での餌であるアルテミア(塩水湖に生息する小型甲殻類)の卵を同時に与えた。
マイクロビーズは、石けん、化粧品、医薬品に最近まで使われていたプラスチック微粒子で、アルテミアの卵も粉粒のように小さい。

■■以下略、続きはソースをご覧ください。

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1561842727/

続きを読む

1: \(^o^)/ 2019/06/30(日) 14:42:36.86 ID:CAP_USER
そうめんを徹底解剖 おいしさを決めるのは小麦粉の品質
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190629-00000004-pseven-life
2019/6/29
YAHOO!JAPAN NEWS,NEWS ポストセブン

【科学(学問)ニュース+】

気温が高くなるとともに食べたくなるのが「そうめん」。
そこで、小麦粉研究の第一人者・山田昌治さんが、科学の力を応用してそうめんの秘密を徹底解剖。そうめんに関する様々な疑問に答えます。

プロフィール】
工学博士・山田昌治さん/工学院大学先進工学部応用化学科教授。日清製粉(株)勤務を経て現職。メディア出演多数。7月16日には新著『麺の科学』(講談社)が発売予定。

そうめんの原材料はおもに小麦粉と塩、水、植物油。
「日本のそうめんの7~8割は、ほどよい食感で香りがよく、そうめんに最適なオーストラリア産小麦粉を使用。粉の品質でおいしさが決まります」(山田さん、以下同)

「そうめん」と「冷麦」は、材料はほぼ同じだが、その差は細さにある。
「そうめんは直径1.3mm未満、冷麦は直径1.3mm以上1.7mm未満。

そうめんは0.9mm前後が多く、束で食べたときの独特の食感は細さのおかげ」
そうめんのなかにも太い麺のものと細い麺のものがある。太い麺はモチモチ感が魅力だが、細い麺は? 

「つゆが絡む量は麺の表面積に比例します。太さ0.4mmの熊本の『ゆきやぎ』は、0.9mmのそうめんよりも2倍のつゆが絡むことが研究でわかりました」
 
いろいろなそうめんの種類があるが、おいしさで選ぶなら「手延べ」だという。
「手延べは材料を練り合わせた後、食用植物油をかけながらゆっくり引き延ばし、途中で生地を休ませる手間のかかる製法。
その間に化学反応が起こり、歯ごたえとコシが生まれます」

また、そうめんは保存食としても優秀だ。
「乾麺は冷暗所で保管をしておけば、去年のものもおいしく食べられます。ゆでたそうめんは食品保存袋に入れて冷凍し、食べるときに軽く湯がけするのがおすすめです」

※女性セブン2019年7月11日号

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1561873356/

続きを読む

1: \(^o^)/ 2019/06/30(日) 11:45:50.64 ID:CAP_USER
リンゴで「ニンニク臭」を撃退できることが判明
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190628-00010002-womensh-life
2019/6/28
YAHOO!JAPAN NEWS,ウィメンズヘルス

ニンニクを食べすぎた時は、どんな対処法を試している?
食品科学専門誌『Journal of Food Science』に掲載された研究論文によると、生のニンニクを食べたあとの口臭(その原因は消化過程で分解されない成分にある)は、生のリンゴで中和するのが何よりも効果的だとか。
この内容をアメリカ版ウィメンズヘルスからご紹介。

この研究ではまず、生のニンニクを食べた被験者の吐息に含まれる “臭い成分” の量が測定された。
続いて被験者には何種類かの食べ物が与えられ、ニンニク臭に対する効果のほどが計測された。

その結果、ニンニクの臭い成分を最も効果的に取り除いたのは生のリンゴ。
レモン果汁、ミント、緑茶、パセリ、ホウレン草も大健闘した。
調査チームによると、こうした食品に口臭除去作用があるのは、ポリフェノールという成分が含まれているから。
これまでの研究結果も、ポリフェノールがニンニクの臭い成分を分解する可能性を示している。

このデオドラント効果以外にも、血中の脂質量を調節したり、ヘルシーで満腹感を与えてくれる食物繊維を供給したりと、リンゴには健康上のメリットが数多くあるので常にストックしておこう。

※この記事は、アメリカ版ウィメンズヘルスから翻訳されました。

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1561862750/

続きを読む

↑このページのトップヘ