科学ニュース速報

「科学ニュース」をまとめています

2019年07月

1: \(^o^)/ 2019/07/30(火) 22:08:59.04 ID:0cEPoI8S9
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190730-00000067-it_eetimes-sci
■高い品質の試料を比較的容易に作成可能
京都大学化学研究所の金光義彦教授と半田岳人同博士課程学生、田原弘量同助教、阿波連知子同研究員らの研究グループは2019年7月、ハロゲン化金属ペロブスカイトの1つである「CH3NH3PbCl3」が負の屈折率温度係数を示すことを発見したと発表した。
この材料を用いて、正の依存性を持つ半導体「ZnSe」の光学温度補償が行えることを実証した。

ハロゲン化金属ペロブスカイトは、材料コストが安価で、溶液法により高品質の結晶が得られることから、柔軟性のある光デバイスの材料として注目されている。
既に高い効率の太陽電池や発光ダイオードが開発されている。
ところが、ペロブスカイト材料における屈折率の温度依存性はこれまで明らかにされてこなかったという。

そこで研究グループは今回、CH3NH3PbCl3の単結晶を作製し、屈折率の温度依存性を測定した。
この結果、温度が上昇するにつれ屈折率が大きく減少する(負の屈折率温度係数を示す)ことが分かった。
シリコンなど一般的な半導体材料は、「正の屈折率温度計数」を示すという。

研究グループは、こうした逆の特性を活用した。
具体的には、温度の上昇によって生じるZnSeの光路長変化を、CH3NH3PbCl3を用いることで、完全に打ち消すことに成功した。

CH3NH3PbCl3は、可視光から近赤外光まで透過し、溶液法で高品質な試料を簡単に作製することが可能である。
このため、光デバイスにおける温度補償などへの応用が期待される。

no title

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1564492139/

続きを読む

1: \(^o^)/ 2019/07/30(火) 21:17:57.18 ID:NK80tfmR9
https://www.yomiuri.co.jp/science/20190730-OYT1T50243/

てんかん薬の治験で成人男性死亡…因果関係は不明
21:04
2019/07/30

製薬会社・エーザイ(東京)は30日、てんかん薬の臨床試験(治験)に参加した健康な成人男性1人が死亡したと発表した。治験との因果関係は不明という。厚生労働省は医薬品医療機器法に基づき、同社や治験が行われた医療機関を対象に、治験が適切に行われていたかどうかを調査する。

同社によると、男性は治験薬をのんだ4日後、医療機関を退院。この時点で副作用などの異常はなかったが、その後、神経が過敏になる症状を訴え、6月25日に亡くなったという。

今回の治験は、開発中の薬の安全性を確かめる初期段階のもので、健康な成人男性118人(20~85歳)が参加。他の参加者で健康面の異常は確認されていないが、治験を中断しているという。

同省によると、確認できる2013年度以降、国内の治験で健康な参加者が亡くなるのは初めてという。

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1564489077/

続きを読む

1: \(^o^)/ 2019/07/30(火) 22:54:08.87 ID:CAP_USER
海外掲示板redditでトラを写した一枚の画像が話題です。
なぜトラは水を飲んでいる(隙が生まれる)時でさえ周囲の動物にとっては”恐ろしい存在”に見えるのかー。
恐怖に全振りしたトラの進化がよく分かる写真とあって注目を集めています。

大尉 @MadRokChester
こんな感じに見えました
no title


トラなどネコ科の野生動物の耳の裏側にある斑点模様は「虎耳状斑(こじじょうはん)」と呼ばれています。
米シーワールドによれば、これには”偽物の目玉”として、自分を実際よりも大きな身体に見せる効果があるのだとか。

この写真のように水を飲む(スキが生まれる)瞬間や、または背後から襲ってくる敵にも目を離していないことをアピールするために斑点があると考えられているのです。
みなさんにも恐ろしい大きなトラは見えましたか?

http://yurukuyaru.com/archives/80549041.html

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1564494848/

続きを読む

↑このページのトップヘ