科学ニュース速報

「科学ニュース」をまとめています

2020年01月

1: \(^o^)/ 2020/01/31(金) 16:35:04.51 ID:hvttRO4T9
【1月31日 AFP】史上最高の解像度で撮影された太陽表面の画像が、米国立太陽天文台(National Solar Observatory)によって公開された。ダニエル・K・イノウエ太陽望遠鏡(Daniel K. Inouye Solar Telescope)で撮影したもので、30キロメートル規模の様子が史上初めて捉えられた。

細胞に似た模様は、一つ一つが米テキサス州ほどの大きさ。「細胞」では対流が起きており、明るい中央部分から高温のプラズマが上昇し、冷やされて暗い筋へと沈んでいく。

暗い筋には磁場を示す小さく明るい点が、これまでで最も明瞭に捉えられている。これらの点は、コロナと呼ばれる太陽の外層大気にエネルギーを送り込むと考えられており、コロナが100万度を超える高温である理由の鍵を握っている可能性がある。

no title

no title

2020年1月31日 10:52 
https://www.afpbb.com/articles/-/3265988?pid=22082086

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1580456104/

続きを読む

1: \(^o^)/ 2020/01/30(木) 18:47:41.22 ID:6MuIf99q9
納豆1日1パック、死亡率10%減 9万人を追跡調査

納豆など発酵性大豆食品の摂取量が多いと、死亡リスクが低下することが報告された

納豆やみそなどの発酵性大豆食品をよく食べる人は、そうでない人と比べて10%死亡率が下がるという調査結果を、国立がん研究センターの研究チームがまとめた。

チームは、国内の成人男女約9万人を1995年以降、平均15年間追跡調査した。
食事内容を聞き、大豆食品や発酵性大豆食品を食べた量により五つのグループに分類。
ほかの食品による影響や、降圧薬を使用しているかなどの影響を取り除いて分析した。

発酵性大豆食品を最も多く取るグループ(1日におよそ50グラム)は、最も少ないグループと比べて男女ともに約10%死亡率が低かった。
50グラムとは納豆1パック程度。
食品別に見ると、女性では納豆やみそを多くとると、死亡リスクが下がる傾向が顕著だった。

朝日新聞デジタル 2020年1月30日 9時49分
https://news.livedoor.com/article/detail/17740190/

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1580377661/

続きを読む

1: \(^o^)/ 2020/01/30(木) 00:52:25.81 ID:CAP_USER
2020年1月29日 21時24分
https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2020012901002236.html
https://www.jamstec.go.jp/ods/j/nankai/
no title

近い将来の発生が懸念されている南海トラフ巨大地震を巡り、海洋研究開発機構などのチームは29日、静岡県西部沖(遠州灘)の海底掘削調査で過去4万~5万年間に平均200年置きで巨大地震が起きた可能性を示す地層を採取したと発表した。マグニチュード(M)8級の巨大地震が繰り返したとみている。

「タービダイト」という地層で、地震などによって海底の土砂が巻き上げられて再び積もってできた砂などの層。5万~4万年前以降で、地震200回分に当たる約200枚を確かめた。

海洋機構の金松敏也上席技術研究員は「非常に貴重な記録だ。地震の規模、間隔を解明したい」としている。
(共同)

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1580313145/

続きを読む

↑このページのトップヘ