科学ニュース速報

「科学ニュース」をまとめています

2020年02月

1: \(^o^)/ 2020/02/29(土) 12:11:58.93 ID:maJr8TIi9
筋肉研究の第一人者として知られる東京大学の石井直方教授。
学生時代からボディービルダー、パワーリフティングの選手として活躍、日本ボディビル選手権大会で優勝もした。
NHKの人気番組「みんなで筋肉体操」に出演する谷本道哉・近畿大学准教授は弟子の一人で、石井教授は筋トレブームの火付け役的な存在だ。
深刻ながんも克服した“筋肉博士”に筋トレ効果などについて聞いた。
「筋肉は裏切らない。加齢とともに筋肉はどんどん落ちる。しかし、筋トレをすれば、努力の分だけ成果が出る。
90代でも筋肉は増えるというデータもある。高齢者は体力が年々落ちるが、逆に向上するケースもある。
筋トレはモチベーションアップにもつながる」と石井教授は強調する。
現在64歳になる筋肉博士が、筋トレ効果に目覚めたのは都内の名門進学校、暁星高校1年生の夏だった。

■筋トレはまる、ボディービル大会で優勝
夏期講習などで勉強も忙しかったが、夏休みに自主トレを敢行した。腕立て伏せや懸垂、プールで毎日のように泳ぎ、規則正しい生活を心がけると、一夏で体つきが見違えるほど変わった。
筋肉を鍛えることに興味を持ち、東大に入学するや、当時は珍しかったボディビル&ウェイトリフティング部に入った。
いきなり80キロのベンチプレスを上げ、先輩たちをどよめかせた。半年後には関東学生選手権の新人戦で優勝してしまう。
東大の理科2類から理学部生物学科に進学、競技者と研究者の両輪で筋肉研究に乗り出した。
博士課程に進む一方で、日本ボディビル選手権大会に挑み、1981年に優勝。翌82年にはIFBBアジアボディビル選手権大会90キログラム以下級で優勝して話題になった。
英国のオックスフォード大学留学後、35歳から東大の駒場キャンパスで筋トレの仕組みや効果に関しての研究に本格的に取り組み、「筋肉博士」と呼ばれるようになった。
実は1980年代ぐらいまでは筋トレはマニアックなトレーニング方法で健康増進にいいとは見なされなかった。
むしろボディービルで筋肉を増やせば、動脈硬化が進み血圧上昇につながるとマイナスイメージだったが、「それは誤解でした。筋肉増強剤などドラッグを使用することが血圧上昇の原因ということが後に分かった」という。

90年代になると風向きが変わった。少子高齢化が急速に進むなか、「健康寿命を保つには筋肉の維持・増強が不可欠という認識が高まった。
高齢者になると、やはり足腰の筋肉がどんどん衰え、立ったり、歩くことがしんどくなったり、転倒して寝たきりになる主因になる」。
腕や肩など上半身の筋肉は30歳から80歳までに30%程度減少するが、足腰を支える下半身の太ももやお尻の筋肉は同50年間で、50%程度も減少するという。

■体温や脳の機能も維持 隠れた筋肉の効果
しかも筋肉の減少は、さらにカラダに深刻な影響を及ぼすことが分かってきた。
「筋肉は運動器ととらえられてきたが、体温維持のストーブのような健康を保つ上で重要な役割を果たしている。例えば筋肉が増えれば、糖をたくさん取り込むので、糖尿病予防につながることも分かった」と語る。
脳機能を維持する役割も果たしているという研究も進む。「マイオカイン」と総称される筋肉をよく動かすことで筋肉そのものから分泌される物質があるが、ラットを使った実験で、脳に作用して神経細胞を増加させたり、減少を防いだりする効果を認められたという。高齢者の認知症予防につながる可能性もあるわけだ。
しかし、ボディービルダーのようなに筋トレをがんばりすぎるとカラダの負担が重くなり、健康を損ねる遠因にもなりかねない。
「競技者は勝つために無理をするし、手段を選ばない。私も肩とかいろんなところにガタがきている」という。

実は3年前、61歳のときに突如大病に襲われた。悪性リンパ腫が発症、ステージ4の末期がんだった。
「仕事が忙しくて頑張りすぎた。夜2時、3時に寝て睡眠時間は5時間ぐらい。健康を過信していた」。
1カ月間の無菌室での抗がん剤投与など半年間のつらい治療が続いた。
「危ういところだった。体力的に大丈夫か」と心配になったが何とか耐えた。自らの幹細胞も移植して、病を克服した。
体重は80キロから61キロまで減った。蓄えた筋肉がすっかり落ちたが、現在は77キロまで戻った。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200227-00000002-nikkeisty-hlth
2/27(木) 7:47配信

no title

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1582945918/

続きを読む

1: \(^o^)/ 2020/02/29(土) 08:42:38.14 ID:td2+fiuz9
アメリカのハワイ島に世界最大級の反射望遠鏡を建設する計画が地元住民の反対によってストップしているため、文部科学省は7年前から予算に計上してきた整備費を新年度の予算案には計上しなかったことがわかりました。国の学術研究の大型プロジェクトの費用計上が途中で途切れるのは異例だということです。

アメリカ・ハワイ島の山の頂上に世界最大級の直径30メートルの反射望遠鏡「TMT」を建設する計画は日本やアメリカなど5つの国の天文台や大学などが国際プロジェクトで進めていて、日本は2012年度から整備費を計上してきました。

しかし、ハワイの地元住民の反対運動で計画がストップしていることから、文部科学省は概算要求でおよそ31億円としていた施設の整備費を新年度の予算案には計上しなかったことがわかりました。

文部科学省によりますと、国の学術研究の大型プロジェクトの施設整備費の計上が途中で途切れるのは異例だということです。

日本は望遠鏡に使用する574枚の鏡を製造することになっていますが、まだ完成していない200枚以上の製造が中断するおそれがあるということです。

一方、プロジェクトを維持するための国際分担金およそ6億円は予算計上されました。

文部科学省は「プロジェクトの意義は揺らいでいないので、現地の状況を確認しながら今後の予算を検討したい」としています。

国立天文台の担当者は「現時点では計画全体への影響は小さいものの、早く建設が再開できるよう、より多くの地元住民に理解を求めていきたい」としています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200229/k10012307311000.html
https://tmt.nao.ac.jp/

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1582933358/

続きを読む

1: \(^o^)/ 2020/02/29(土) 03:54:35.15 ID:CVQeqFyq9
https://r.nikkei.com/article/DGXMZO56164750Y0A220C2SHJ000?s=4
ニラ 白い根元、栄養豊富 免疫力向上の効果も

ギョーザなど中華料理で定番食材のニラ。年間を通して店頭で目にするが、3~4月のニラは葉が最も柔らかく、旬の季節を迎える。タマネギにも似た強い香りの成分「硫化アリル」は胃腸の働きをよくし、免疫力を高める効果がある。シャキシャキ感のある根元の白い部分は葉よりも栄養が豊富なので、捨ててしまわないようにしたい。

中国など東アジアが原産地だ。2千年以上前から栽培されていて、日本へは奈良時代までに中国経由で伝わったとされる。古くは「賀美良(かみら)」などの名前で呼ばれ、「みら」が転じてニラになったとも言われる。主に漢方薬の原料など薬用に使われ、現在のように家庭の食卓に上る野菜として流通するのは明治時代からだ。

北海道から沖縄まで全国で栽培されているが、全国の作付面積のトップは、くしくもギョーザで有名な栃木県。全国シェアの2割を占め、高知、茨城がそれぞれ1割ずつで続く。2月下旬の都内のスーパーでは、栃木産が2束160円前後と前年並みの価格で並んでいる。

2020年2月29日 2:00 日経

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1582916075/

続きを読む

↑このページのトップヘ