科学ニュース速報

「科学ニュース」をまとめています

2020年03月

1: 名無しさん 2020/03/26(木) 23:48:29.88 ID:4cGyt8bI9
脳梗塞 神経細胞再生へ臨床研究

*ソース元にニュース画像あり*

http://www3.nhk.or.jp/lnews/hiroshima/20200326/4000007154.html
※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

広島大学大学院の研究グループは、脳梗塞の患者の頭蓋骨の細胞を使って、損傷した神経細胞の再生を目指す臨床研究を始めることになりました。

脳の血管が詰まる脳梗塞は、発症して脳内の神経細胞が損傷すると、その後、再生することはなく、運動障害などの後遺症が残って、リハビリに長い期間が必要となるケースもあります。
症状が重い患者は、頭蓋骨を外す手術を受けますが、広島大学大学院医系科学研究科のグループは、その際に頭蓋骨から取り出した細胞を培養したうえで患者の血液に戻し、神経細胞の再生を目指す臨床研究を始めることになりました。

頭蓋骨から取り出すのは「間葉系幹細胞」と呼ばれ、神経細胞に変化して患者の損傷した細胞を修復する効果があるとされ、患者自身の細胞のため、拒絶反応などのリスクは少ないということです。

臨床研究は、ことしの大型連休明けから、およそ3年で6人の患者を対象に行う予定で、研究グループは、脳梗塞で神経細胞を損傷した患者の新しい治療法につなげたいとしています。

研究グループの弓削類 教授は「完治したいと思っている患者の希望に添うことができればよいし、ほかの難病の治療にも応用する一助になれば」と話しています。

03/26 19:28

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1585234109/

続きを読む

1: 名無しさん 2020/03/26(木) 21:09:40.20 ID:nb4Sc8849
「これまでにもさまざまな機関の研究で、食品添加物の発がん性などが問題視されてきました。近年、着色料や保存料、人工甘味料などから、腸に悪影響を与える物質が海外で続々と報告されています」

こう話すのは管理栄養士の圓尾和紀さんだ。腸内細菌は私たちの免疫力をコントロールしてくれるなど重要な存在であることがわかってきているが、その腸内細菌が、食品添加物によって脅かされてしまうのだという。

「よい腸内細菌が活発になれば、体が元気になります。逆に腸内細菌が減退すると、病気や精神的に落ち込む原因となるなど悪影響が出てきます。腸内細菌が私たちの健康をコントロールしているといっても過言ではありません。現在の日本では多くの食品に食品添加物が使われています。保存期間が長いもの、彩りが鮮やかなもの、カロリーオフをうたうものなどを食べすぎると、腸内環境が悪化し、免疫力の低下を招いてしまうのです」(圓尾さん・以下同)

こうした腸内細菌にダメージを与える食品添加物は、私たちが日ごろから何げなく食べているものに多く含まれているという。

腸内環境を特に悪化させることがわかっている食品添加物は、人工甘味料、保存料、発色剤、乳化剤。

人工甘味料は合成して作られた甘味だ。

【人工甘味料】食品に存在しない甘味をつける化学合成物質

<添加物名:サッカリン>
添加されている主な食品:漬け物、ガム、魚介加工品(かす漬け、味噌漬け、醤油漬け)、たくあん、つくだ煮、煮豆、缶詰など

<添加物名:スクラロース>
添加されている主な食品:カロリーオフの飲料(缶コーヒー、乳酸菌飲料)や食品、漬け物、コンビニの菓子パン、グミ、キャンデー、のど飴など

<添加物名:アスパルテーム、L-フェニルアラニン化合物>
添加されている主な食品:カロリーオフの飲料(糖質ゼロの清涼飲料)や食品、ガム、プリン、ゼリー、ミントタブレットなど

「人工甘味料をマウスに与えたところ、砂糖を与えられたマウスよりも血糖値が上昇。そのマウスの腸内細菌を無菌マウスに移植したところ、無菌マウスでも同様の血糖上昇が生じたことから、腸内細菌が関わっていることが示されたという報告があります。これらの食材を食べ続けると、人間の腸内でも何らかの影響が発生すると考えられます」

<添加物名:アセスルファムK>
添加されている主な食品:カロリーオフの飲料(糖質ゼロビール、発泡酒ほか)、漬け物、梅干し、グミ、ガム、ゼリー、豆乳など

「動物実験で、リンパ球の減少が認められています。リンパ球が減少すると、免疫力が低下します。腸内環境と免疫には、深い関係があります」

人工甘味料は使用する糖分を減らせることから、カロリーオフや糖質ゼロをうたうものに多く用いられる。

「健康なマウスに人工甘味料の『スクラロース』を与えたところ、健康面でよい細菌が減少したという報告があります。同様の実験をヒトで行ったところ、マウスと同じ影響が確認されています。また、『サッカリン』『アスパルテーム』においても、砂糖を与えられたマウスよりも血糖値が大幅に上昇したことが示唆されています。カロリーオフを目当てにしているのに、これでは本末転倒です」

糖質がゼロだから安心だと摂取し続けていると、私たちの健康な腸内細菌はどんどん侵されてしまうのだ。腸内環境を守るためにも、食品表示に注意する習慣をつけよう。

3/26(木) 16:22配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200326-00010008-jisin-soci
no title

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1585224580/

続きを読む

1: 名無しさん 2020/03/26(木) 13:26:07.27 ID:FyZw9+RL9
アトピー性皮膚炎で第3の抗炎症外用薬が登場
2020/03/26
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/202003/564815.html
no title

日本で開発されたアトピー性皮膚炎の新規外用薬デルゴシチニブ(商品名コレクチム軟膏0.5%)が製造承認された。
免疫細胞の制御に関わるヤヌスキナーゼ(JAK)ファミリーを阻害するJAK阻害薬の一つで、外用薬としては世界初となる。
デルゴシチニブの登場で、アトピー性皮膚炎にはステロイド外用薬とタクロリムス軟膏(プログラフ軟膏)に続く「第3の抗炎症外用薬」が加わることになり、柔軟に使い分けることで患者のQOL向上が期待される。

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1585196767/

続きを読む

↑このページのトップヘ