科学ニュース速報

「科学ニュース」をまとめています

2020年03月

1: 名無しさん 2020/03/24(火) 02:22:24.80 ID:54q013rG9
Nasaは、地球上の生命を脅かす可能性のある小惑星を常に監視しています。

これらのいわゆる「近地球オブジェクト」(NEO)は、「潜在的に危険」と見なされるために、特定のしきい値内を通過する必要があります。

そして、米国の宇宙機関の専門家は、今週のレーダーにそのような岩があると言います。小惑星2012 XA133は、3月26日木曜日に53,000 mphの速度で地球を通過するように設定されています。 小惑星の幅は約1,280フィート(390m)で、地球と衝突した場合、地球に大きな影響を与えるのに十分です。

ありがたいことに、Nasaのエンジニアは、小惑星の軌道を安全に通過できると計算しています。 0.04453天文単位(AU)または地球の中心から約410万マイルを通過すると考えられています。1つのAUは、地球から太陽までの距離、つまり約9,300万マイルを表します。

「彼らは太陽の周りを回るので、NEOは時折地球に近づきます」とNasaは説明しました。

「天文学的に「近い」距離は、人間の観点から非常に遠く離れている可能性があることに注意してください:数百万または数千万キロメートルです。」

Nasaと並んで、欧州宇宙機関(ESA)も小惑星を追跡しています。今週地球を通過する際に追跡されているのは実際には約6つのうちの1つですが、「潜在的に危険」なカテゴリに分類されるのはそれだけです。

「潜在的に危険な小惑星(PHA)は、現在、地球への接近を脅かす小惑星の可能性を測定するパラメータに基づいて定義されています」とNasaは声明で述べました。

「毎日、約100トンの惑星間物質が地球の表面に落ちてきます」と、NASAの近地球オブジェクト研究センター(CNEOS)は述べています。 「地球の表面に到達する最小の惑星間粒子のほとんどは、氷が太陽近傍で蒸発するときに彗星によって放出される小さな塵粒子です。

google翻訳一部割愛
https://metro.co.uk/2020/03/23/nasa-potentially-hazardous-asteroid-will-skim-earth-53000mph-week-12441997/
no title

no title

no title

no title

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1584984144/

続きを読む

1: 名無しさん 2020/03/23(月) 11:57:22.74 ID:5z7cfMTR9
世界各地で新型コロナウイルスの感染が広がる中、香港では鍋料理を囲んだ親族が集団感染したというニュースが伝えられた。「加熱しながら食べる物なのに、なぜ?」。食品を介し、ウイルス感染が広がることはあるのだろうか。

世界保健機関(WHO)が発表した新型コロナウイルス感染症に関する報告書(3月4日)によると、重症急性呼吸器症候群(SARS)や中東呼吸器症候群(MERS)などのコロナウイルスは過去、食品を食べたことで感染が広がった事例はない。新型コロナウイルスも同様で、現時点で同様の事例はないという。

香港のケースはどうだったのか。九州大の橋口隆生准教授(ウイルス学)は「ウイルスは熱に弱い。煮沸された鍋料理の中では死滅する」と話す。

鍋料理を食べたのは、春節の祝いで集まった親族19人で、感染したのは当初9人と報じられた。橋口准教授は「感染者は鍋を囲みながら、会話をし、料理を皿に取り分けたと考えられる。鍋料理そのものでなく、飛沫(ひまつ)や接触感染が原因となった可能性が高い」とみる。

一方、WHOの報告書では、コロナウイルスは冷凍状態で安定しており、零下20度で最長2年間は生存するという特徴も示す。動物に由来する生の食品の表面ではウイルスが生存する懸念があるため、WHOは調理時の十分な加熱を推奨する。

これを踏まえ、香港やオーストラリアの食品衛生当局は、感染リスクを減らす対策として「生卵を避ける」「肉と卵は十分に加熱を」などと呼び掛ける。日本でも同様の注意が必要なのだろうか。

橋口准教授は「このタイプのウイルスは唾液や胃液にある程度は弱く、主要な感染経路にはなりにくい。加熱できるものは加熱した方がいいが、スーパーなどで買う食品を過剰に気にしすぎれば風評被害を招きかねず、通常の対応で問題ない。ただし、感染症全般の予防の観点からは生肉を食べるのはお勧めできない」としている。

厚生労働省も「通常の食中毒予防のために行う一般的な衛生管理が実施されていれば、心配する必要はない」との見解を示している。(山下真)

2020/3/23 6:04 (2020/3/23 6:04 更新)
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/594034/

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1584932242/

続きを読む

1: 名無しさん 2020/03/22(日) 19:54:06.98 ID:CAP_USER
量子コンピューターに革新を起こす発見が「機材の爆発」から生まれる
2020年03月20日 14時00分

※■一部抜粋(後半略)

ペニシリンやポリエチレンの発見のような、偶然による発見が現代の科学技術を大きく進歩させてきました。
従来のPCよりも約1億倍高速とされる量子コンピューターの技術を大きく進歩させる可能性を秘めた発見もまた、実験室で起こった偶然によって生み出されたことが報告されています。

Coherent electrical control of a single high-spin nucleus in silicon | Nature
https://www.nature.com/articles/s41586-020-2057-7

Engineers crack 58-year-old puzzle on way to quantum breakthrough | UNSW Newsroom
https://newsroom.unsw.edu.au/news/science-tech/engineers-crack-58-year-old-puzzle-way-quantum-breakthrough

2020年3月11日(水)、ニューサウスウェールズ大学の量子工学教授、アンドレア・モレロ氏を始めとする研究チームがNatureに発表した論文で、「nuclear electric resonance(核電気共鳴)」の発見が報告されました。
核電気共鳴はノーベル物理学賞受賞者であるニコラス・ブルームバーゲン氏によって1961年に予想されていましたが、約60年間、誰も発見することができなかった現象でした。

モレロ氏は「核電気共鳴は、磁場を発生させずに、単一の原子核の磁極を制御できる方法です。
この発見は、量子コンピューターを構築するための新たな道筋ができたことを意味しています」と語っており、量子コンピューター技術のさらなる発展を示唆しています。

これまで原子核の磁極を制御する方法は、核磁気共鳴が一般的でした。
核磁気共鳴はMRIにも利用されており、磁場を発生させることで複数の原子核の磁極を制御することができます。
しかし、磁場を発生させるには大きなコイルと電流が必要で、小さな空間に限定して磁場を発生させることが困難であることから、核磁気共鳴では単一の原子核だけを制御することは難しいとされています。

一方、核電気共鳴は、小さな電極の先端でも発生させられる電場によって原子核の磁極を制御できます。
モレロ氏は、磁場と電場による原子核の制御の違いビリヤードに例えて、「核磁気共鳴は、ビリヤード台全体が常に揺れている状態で、ボールを打とうとするようなものです。目標のボールだけでなく、他のすべてのボールも動いてしまいます。
核電気共鳴は、固定されたビリヤード台でボールを打つようなもので、狙ったボールだけを思い通りに動かすことができるのです」と語っています。

核電気共鳴は、モレロ氏と共に研究を行っているヴィンセント・ムーリク氏(左)とセルワン・アサード氏(右)が行っていた実験の失敗により偶然発見されました。

もともと、モレロ氏らの研究チームは、アンチモンの単一の原子核に対して核磁気共鳴を行う実験を行っていました。
しかし実験を始めてみると、原子核は非常に奇妙な動きを見せ、特定の周波数で強い反応を示したとのこと。
「何かがおかしい」と気づいた研究チームはさらなる調査のため、原子核を制御する高周波磁場を作る特殊なアンテナを作製。そして磁場を強くしようとアンテナに多くの電力を加えたところ、アンテナが爆発してしまったそうです。

以下の画像が実験で使用したアンテナで、爆発前の状態。このアンテナに強い電力が加わったことにより……
no title

赤い丸で囲われた部分が、爆発によって焼き切れてしまいました。
no title

ムーリク氏によると、アンテナが焼き切れてしまった場合、通常なら使い物にならないため、装置は廃棄しなければならないとのこと。
しかし、焼き切れたことによって漏電を起こしたアンテナと、アンチモンの原子核が共鳴していることが判明しました。

アサード氏は当時を振り返り、「私たちが核磁気共鳴ではなく核電気共鳴を行っていることに気付かされた瞬間でもありました」と語っています。
詳しく調べたところ、アンテナの漏電から作り出された強い電場によって、アンチモンの原子核が核電気共鳴していたことが明らかになりました。

■■以下略、続きはソースをご覧ください。

https://gigazine.net/news/20200320-nuclear-electric-resonance/
GIGAZINE
https://gigazine.net/

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1584874446/


続きを読む

↑このページのトップヘ