科学ニュース速報

「科学ニュース」をまとめています

2020年04月

1: 名無しさん 2020/04/02(木) 15:09:02.27 ID:CAP_USER
まだまだ日本国内で猛威を振るう新型コロナウイルスは、2020年4月1日時点で1日当たりの感染者数が過去最多となる266人を記録し、これまでの合計感染者数(クルーズ船の症例を除く)は2495人となりました。日本政府は新型コロナウイルス対策に全世帯に2枚ずつ布マスクを配布することを検討していますが、「本当にマスクを着用すべきなのか」について、海外メディアのInverseが科学的根拠や研究者の意見を基に解説しています。

SHOULD WE WEAR MASKS? THE SCIENCE SHAPING A PIVOTAL DEBATE, EXPLAINED
https://www.inverse.com/mind-body/should-i-wear-a-mask-coronavirus

新型コロナウイルス対策として多くの人々が使用している「マスク」について、アメリカ疾病予防管理センター(CDC)は「ウイルスの感染を減らすために布マスクの導入を検討しており、アメリカ国民が布マスクを着用して外出することを推奨する可能性がある」と説明しています。ただし、記事作成時点ではCDCが公開している「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)から身を守る方法」というページには、「病気の場合はマスクを着用し、病気でない場合は病気の人を看病していない限りマスクを着用する必要はない」と記されています。

また、世界保健機関(WHO)が新型コロナウイルス対策に公開したマスク利用に関するガイドラインには、「どんな状況であってもガーゼやコットンなどの布製マスクの使用は推奨されません」と記されています。

また、布マスクは医療用不織布マスクよりもインフルエンザ症状などが起きやすいという実験結果もあるため、「病院では絶対に使わない」という意見もあります。

CDCが新型コロナウイルス対策としてのマスクに関する推奨事項を更新しようとしているように、多くの公衆衛生機関が同様にマスクに関する推奨事項を更新しようとしています。CDCでディレクターを務めるロバート・レッドフィールド氏はNPRのインタビューに対して「マスクが新型コロナウイルス感染症のまん延を防ぐかどうかに関するデータは積極的に見直されています」と語り、アメリカ国立アレルギー・感染症研究所のアンソニー・フォーチ氏は、POLITICOのインタビューの中で「政府のトップレベルとマスクに関する推奨事項を変更することを検討している」と語っています。

一方で、一般の人々がマスクを着用すべきか否かについては多くの議論があります。

マサチューセッツ総合病院などの主要な医療機関では、新型コロナウイルス対策として臨床医などの医療レベルで利用されているN95マスクを着用する人以外でも、病院内のすべての人がマスクの着用を義務づけられているとのこと。カリフォルニア大学のサンフランシスコ校で働く感染症専門医のPeter Chin-Hong氏は、「マスクに関する議論はPPE(医療用個人防護具)不足に影響を与える可能性がある」としながら、一般人であっても特定の場所・人・時間ではマスクを着用して新型コロナウイルスに備えるべきと主張しています。

Hong氏は「疾患の罹患率が低い場合、マスクを着用しているか否かは問題になりません。しかし、罹患率が増加し、多くの人が不規則にあなたの側を通り過ぎるような場所では、マスクを着用することが重要な意味を持つようになります」と述べています。

続きはソースで

no title

https://gigazine.net/news/20200402-should-we-wear-masks/

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1585807742/

続きを読む

1: 名無しさん 2020/04/02(木) 02:54:06.11 ID:LErtEIiJ9
AERA dot.4/1(水) 11:30配信
【新型コロナ】1年では終息しないと専門家 ワクチンは早くて1年後、薬は…?〈週刊朝日〉

新型コロナウイルスの感染拡大による東京五輪・パラリンピックの1年程度の延期について、専門家から疑問視する声が出ている。記者会見した日本医療研究開発機構(AMED)理事長の末松誠医師は、「終息の時期はわからない」としたうえで、私見を述べた。

「スペイン風邪では終息かと思いきや、またピークが来て(終息まで)足かけ2年はかかった。歴史を振り返るとそういう例もあり、1年で終息するのは厳しい」

ワクチンの開発も始まっているが、「短く見積もっても(できるまで)1年ちょっとかかる」(末松医師)。

感染症に詳しいナビタスクリニック理事長の久住英二医師も、「終息は厳しい」と考える一人。

「SARS(重症急性呼吸器症候群)はウイルスがいなくなり、世界保健機関(WHO)が終息宣言を出しましたが、新型コロナウイルスはそういうタイプのウイルスではない。この感染症のゴールは、多くの人に免疫ができて、感染が広がらない状態、いわゆる集団免疫を獲得することです。それを目指すなら、1年では足りません」

薬(後述)については効果が徐々に明らかになってきた。

有望視された抗HIV薬のカレトラは臨床試験で効果が認められず、インフルエンザ治療薬のアビガンも日本ではあまり効果が得られていないという。

「アビガンについては、使い方が問題。日本では、重症の患者さんに主に使っているからです。抗ウイルス薬は抗菌薬と違い、ウイルスの増殖を防ぐ作用しかない。肺の中で増殖しきっている状態で投与しても効果は薄く、もっと早いタイミングで使うべきです」(久住医師)

エボラ出血熱の治療薬として開発されたレムデシビルは「ウイルスが細胞内で増殖する作用を阻害する薬」(開発したギリアド・サイエンシズ社)で、試験管では有効性が確認されている。未承認薬だが国内でも試験的に重症の肺炎患者に使われ始めた。米国などで国際共同臨床試験が始まったほか、中国の臨床試験の結果が4月には公表される予定だ。

国立国際医療研究センター国際感染症センターの大曲貴夫医師は言う。

「新しい治療薬は一日でも早くほしい。だが、有効性を評価する科学的な手続きを経る必要がある」

1年後、今と同じ状況でないことを祈るしかない。

続きはこちらで↓
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200331-00000036-sasahi-hlth

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1585763646/

続きを読む

1: 名無しさん 2020/04/01(水) 23:41:31.28 ID:HS7zA9VS9
マスク不足が続いている。

たかがマスクなのだが、そのマスクの物量がいまや、新型コロナウイルスによる新型肺炎(COVID19=中国肺炎)の感染拡大防止の「カギ」となっている。3月19日に開催された自民党「経済成長戦略本部・新型コロナウイルス関連肺炎対策本部」合同会議でも、最初に議論されたのは「需要供給両面からの総合的なマスク対策」であった。

何しろ、新型コロナウイルスの感染防止には、マスクの着用が重要なのだ。だが、そのマスクが店頭から消え、ネットで高額転売をされて国民の怒りを買った。

より深刻なのは医療現場だ。病院や介護施設には免疫力が弱い人や病人がやってくる。院内感染を防ぎ、患者や利用者を受け入れるためには医療従事者用のマスクが必須なのだが、そのマスクが圧倒的に不足していて、患者や利用者を受け入れることができなくなってきている。

なぜ、マスクが不足しているのか。理由は大別して3つある。

第1に、新型コロナウイルスの流行に伴って需要が急激に高まったことだ。

第2に、医療機関用に地方自治体はマスクを備蓄していたのに1月末から2月初旬にかけて、兵庫県の100万枚を筆頭に名古屋市10万枚、広島県や川崎市が8万枚など、多くの自治体がマスクを中国に送ってしまったからだ(=このため2月25日以降、日本政府は各省庁保有マスク250万枚を、地方自治体を通じて全国の医療機関に配布した)。

第3に、これが最大の要因だが、マスクの供給を中国に依存していたことだ。医療用マスクを含む国内の年間需要は約13億枚で、月1億枚強だが、その大半は中国からの輸入に頼っていた。

今回の事態を受けて、政府は1月28日、国内メーカーに増産を要請した結果、国内の生産量は月2000万枚に増えたが、中国からの輸入が停滞してしまったため、月8000万枚以上足りない計算だ。

疫病の蔓延(まんえん)や大災害など緊急事態となれば、医療現場に患者が殺到することになる。その医療が中国産のマスクなくして成り立たないという恐ろしい状況が明らかになったのだ。

実は、米国もマスクを含む医薬品を中国からの輸入に依存している。そこで、ドナルド・トランプ大統領は「非常事態宣言」を発した3月13日、医薬品メーカー各社のトップをホワイトハウスに招き、検査キットと医薬品の開発と国内生産を支援すべく500億ドル(約5兆5000億円)を投じることを明らかにした。

マスクを含む医薬品の生産を中国に依存するのはまずい。米国内に生産拠点を戻そう-。トランプ氏はこう呼びかけ、5兆円以上の予算を投じる。

日本も早く、対中マスク依存を是正する方針を打ち出し、生産拠点を国内に戻すための予算措置を講じるべきではないか。

4/1(水) 16:56配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200401-00000008-ykf-int

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1585752091/

続きを読む

↑このページのトップヘ