科学ニュース速報

「科学ニュース」をまとめています

2020年07月

1: 名無しさん 2020/07/18(土) 21:28:40.52 ID:hpQpLB8v9
シベリアの高温、地球温暖化原因 30年間の平均より5度上回る
7/18(土) 20:18
配信

北極圏を含むロシアのシベリアで今年1~6月に記録的な高温となり、人の活動に伴う地球温暖化が影響したことがほぼ間違いないとの分析結果を、欧州とロシアの研究チームが18日までにまとめた。「温室効果ガス排出を早急に削減しない限り、今回のような異常気象が頻発する」と警告。永久凍土が解けて地中のメタンが放出され、温暖化が加速する恐れもあると指摘した。

チームによると、今年前半のシベリアの気温は、2010年までの30年間の平均よりも5度以上高かった。ロシア・サハ共和国のベルホヤンスクでは6月20日に38度に達し、北極圏での観測史上最高を記録した可能性がある。

https://news.yahoo.co.jp/articles/06fde721b576684220cf81a62b4fbf2fc8cf7878

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1595075320/

続きを読む

1: 名無しさん 2020/07/18(土) 15:28:19.52 ID:CAP_USER
(CNN) 米ワシントン大学の研究者らがこのほど、甲虫の背中にくくりつけられるほどの極めて小さなワイヤレスカメラを開発した。高度な技術を駆使した機器で、虫の視点から見た世界の様子を映し出すことが可能になるとみられている。

当該のカメラの重さは約250ミリグラムと、トランプのカードの10分の1ほど。1秒当たり1~5フレームで撮影した動画をスマートフォンに送ることができる。

カメラは60度の角度で動き、高解像度のパノラマ撮影のほか動く物体の追跡も可能。虫の見る世界を記録するだけでなく、小さなロボットの「目」としての活用も見込める。

カメラとアームは無線技術のブルートゥースを使って最長で120メートルの距離からスマートフォンで遠隔操作できる。現時点ではバッテリーが必要だが、研究者らは他の動力源を使用するタイプの開発も見据えている。

今回のカメラをピナカテ・ビートルと呼ばれる小型甲虫の背につけて作動させた研究結果は、15日刊行のサイエンス・ロボティクス誌に掲載された。

高い技術に注目が集まる一方、今後人間の目で気づかないほど小さなカメラが作られるようになる可能性をめぐっては、プライバシーの観点から懸念を示す動きもある。

no title

no title

https://www.cnn.co.jp/fringe/35156905.html

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1595053699/

続きを読む

1: 名無しさん 2020/07/18(土) 05:27:34.07 ID:NdL4YBqa9
(CNN) 米国の細菌学者らがこのほど、金属のマンガンを「食べて」カロリーを得ている細菌を偶然発見した。そのような細菌が存在するのではないかという説は100年以上にわたり唱えられてきたが、これまで証明されたことはなかった。

米カリフォルニア工科大学で環境細菌学を専攻するジャレッド・リードベター教授は、ある実験のため粉末状になった金属元素のマンガンを使用した。実験の後、同教授はマンガンにまみれたガラス容器を水道水で満たし、研究室のシンク内に放置。そのまま学外での活動に出かけて数カ月戻らなかった。

数カ月ぶりに研究室に戻ったリードベター教授は、ガラス容器が黒ずんだ物質に覆われているのに気が付いた。最初はそれが何なのか見当もつかなかったが、かねてから探し求めていた細菌によるものかもしれないと思い、系統立ったテストをして確かめることにしたという。

その結果、容器を覆った黒ずんだものは酸化マンガンで、新たに見つかった細菌によって作り出されていたことが分かった。この細菌は、現地の帯水層からくみ上げた水道水の中にいた公算が大きいという。

研究者らはこの細菌について、14日刊行のネイチャー誌の中で、マンガンをエネルギー源として利用することが確認された初めての細菌だと説明。自然界の細菌はたとえ金属のような物質であってもこれを新陳代謝させ、細胞に必要なエネルギーを引き出すことができるとの見解を示した。

新たな研究では、この細菌がマンガンを使って化学合成を行えることを突き止めた。化学合成とは、細菌類が無機物の酸化により生じるエネルギーを用いて二酸化炭素から有機物を合成する働きを指す。

さらにリードベター教授は、酸化マンガンが水道管を詰まらせる環境工学上の問題にも言及。これまで細菌の活動が原因と考える研究者は多かったが、その裏付けとなる証拠は得られていなかったと述べた。

no title

https://www.cnn.co.jp/fringe/35156955.html

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1595017654/

続きを読む

↑このページのトップヘ