科学ニュース速報

「科学ニュース」をまとめています

2020年08月

1: 名無しさん 2020/08/31(月) 10:47:30.63 ID:CAP_USER
「失明の可能性も」謎の炎症起こす“やけど虫”の正体は

「庭で花火をした後、太ももに発疹ができてひどく痛みます」。
福岡県直方市の女性(40)から、西日本新聞社「あなたの特命取材班」にそんな声が届いた。
普通の虫刺されとは違うという。
コロナ禍の夏、庭やキャンプ場など野外で3密を避けながらレジャーを楽しむ人は少なくない。
謎の炎症の正体は-。

女性は8月初旬、子ども4人と一緒に庭で花火をした。
翌日、右太ももに10センチほど線を引いたように発疹や水ぶくれのような跡ができた。
「やけどのような激しい痛みが数日続き、動くのもつらかった」。
花火によるやけどや、虫に刺されたような記憶はない。

皮膚科を受診すると、線状皮膚炎と診断された。
炎症を引き起こした「犯人」は「アオバアリガタハネカクシ」という昆虫だった。

   ◆    ◆

「体液が付くとやけどのような炎症を起こすため、『やけど虫』とも呼ばれています」と話すのは、九州大学総合研究博物館の丸山宗利准教授(昆虫学)。
体長は0・6~0・7センチ程度。
日本全域に生息し、特に平野部の水田などで5月ごろから秋にかけて多く見られる。
夜は光に集まる習性があり、小さな体で隙間から家屋に入り込むことも。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

西日本新聞 8/31(月) 10:11
https://news.yahoo.co.jp/articles/10bbf5013f914a77242b0189487308f6c2415030

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1598838450/

続きを読む

1: 名無しさん 2020/08/31(月) 10:45:22.90 ID:CAP_USER
殺虫剤で死ぬのは害虫だけじゃない。鳥も減っている

鳥まで減っちゃうんじゃ「殺虫剤」じゃないじゃん……。

世界でもっとも一般的に使用されている農薬であるネオニコチノイドは、ミツバチの大量死という悲劇を起こしています。
しかも新しい研究によると、ネオニコチノイドは鳥も同じように危険な勢いで殺しているそうです。
ミツバチだけじゃなく、鳥にとっても悪いニュースだったとは…。

■EUでは使用禁止になっているネオニコチノイド

ネオニコチノイドは、化学的にはニコチンに関連する殺虫剤の一種で、1980年代に初めて農業で使われるようになりました。
もっとも一般的な使われ方としては、種そのものに組み込まれ、発芽して成長する際に植物内に広がることで、害虫から身を守るようにできています。
でも、害虫だけじゃなく、ハチや他の昆虫の個体群に対してもとても有害であることが証明されており、EUは2018年に使用を禁止しました。
しかしアメリカでは、全体的な殺虫剤の使用量が減っているにもかかわらず、農薬業界側の誤情報拡散キャンペーンが功を奏して、この危険な化学物質をより多く使用する傾向にあります。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

ギズモード・ジャパン 8/30(日) 21:30
https://news.yahoo.co.jp/articles/faa1314ebd65afa9bf82e56cf761550a9d59d1ac

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1598838322/

続きを読む

1: 名無しさん 2020/08/30(日) 15:45:02.19 ID:CAP_USER
関節痛に悩まされない時代がやってくる? 関節の軟骨を“再生”する技術、米研究チームが開発

運動のしすぎや加齢によって身体に起こる変化のなかには、生活のクオリティを大幅に低下させるものがある。
そのひとつが関節痛だ。関節は、骨の関節面を覆う弾力性のある軟骨がクッションのような役割を果たすことで、スムーズに動くようにできている。
しかし、それは再生能力に乏しく「消耗する組織」としても知られている。

けがや病気、または加齢とともに軟骨が摩耗すると、骨と骨が直に擦り合わさることで痛みや炎症が起きる。
これらが原因となって、最終的には関節炎になってしまうこともあるのだ。
なかでも世界中で多くの人々が悩まされている代表的な疾患に、変形性関節症がある。

このほどスタンフォード大学医学部の研究者が開発した技術は、関節痛に悩まされている多くの人々を救う手立てになるかもしれない。
生物医学ジャーナル誌『Nature Medicine』で発表された論文によると、関節の表面をわずかに傷つける「マイクロフラクチャー」と呼ばれる技術により、関節内の軟骨を再生できることが明らかになった。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

WIRED.jp 8/30(日) 12:13
https://news.yahoo.co.jp/articles/ac5c3b640a71edec5ea17c99783d52cf81d80004

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1598769902/

続きを読む

↑このページのトップヘ