科学ニュース速報

「科学ニュース」をまとめています

2021年01月

1: 名無しさん 2021/01/31(日) 08:11:50.80 ID:tA8+/Kay9
海が水で満たされているとは限りません。

土星の衛星タイタンには、水ではなく液体メタンの海があります。地表面に液体が存在している天体は、太陽系で知られている限りは地球とタイタンのみ。

地球上のメタンは都市ガスとして、また牛のげっぷに含まれる温室効果ガスとして知られる無色透明な気体ですが、地表の温度が-180℃しかないタイタンでは主に液体として存在し、海や湖を満たしています。

そしてその液体メタンの海からメタンが蒸発してタイタンの大気に取り込まれ、凝縮して雲となり、やがてはメタンの雨となって地表に降り注いでいます。地球においての水循環と同じように、タイタンでは炭化水素循環が起きているんですね。

最新の研究では、タイタンの海の深さが最大300メートルにも及ぶことが分かったそうです。NASAはゆくゆくこのメタンの海に潜水艦を送り込む計画を構想中だとか。タイタンのオレンジ色の空の下、液体メタンの海中探査するだなんて聞いただけでもワクワクしませんか?

■ タイタンはこんなところ

土星の衛星は65個も発見されていますが、その中で最も大きいのがタイタンで、直径は約5,150km。水星(直径約4,850km)より大きいです。また、タイタンは濃い大気に覆われていることから、その大きさと大気の濃さも相まって「惑星のような衛星」と表現されることもあります。

タイタンの大気の主成分は地球と同じく窒素で、メタンの含有率は2%ほど。この大気中のメタンと窒素が化学反応を起こして高分子有機化合物を生成しているため、オレンジ色のもやがタイタン全体をすっぽりと覆ってしまっていて、地表面を観察するのはなかなか困難でした。

■ カッシーニとホイヘンスの偉業

そこに登場したのがNASAの探査機カッシーニです。1997年に打ち上げられ、2004年には土星の周回軌道に乗り、運用停止となった2017年まで土星や土星の衛星の鮮明な観測データをせっせと集めてくれました。さらにカッシーニに積み込まれていたESAの小型探査機ホイヘンスは、カッシーニから切り離されてタイタンの地表に見事着陸し、これまでもやに包まれていた世界をあらわにしてくれました。

カッシーニには高度計も搭載されていました。2014年8月21日にはタイタンの地表からわずか970kmにまで接近し、クラーケン海にレーダーを放射して観測を行いました。クラーケン海(Kraken Mare)はタイタンで最も大きな水域で、タイタンの表面上の液体の80%を保有しています。

■ カッシーニのデータから海の深さを測る

このカッシーニが集めたデータをもとに、クラーケン海の深さを測定した新しい研究がこのほど学術誌『Journal of Geophysical Research』に掲載されました。それによると、クラーケン海はもっとも深いところで水深300メートル以上あるかもしれないとのこと。「あるかもしれない」と表現があいまいなのは、もともとカッシーニが海底めがけてピンガーを打ち込んだときに、300メートル以上進んでもまだ海底にたどり着かなかったからだそうなんです。ということは、実際はもっと深いのかも?

カッシーニのレーダー放射を使ってどのようにクラーケン海の深さを測定したのか、もうちょっと詳しく見てみましょう。コーネル大学とNASAのジェット推進研究所が共同で開発した手法とは、レーダーが海面から、また海底から反射された時差を計算し、海面と海底の間の距離=海の深さを割り出すというもの。でも、このやり方はクラーケン海を満たしている液体の性質と密度、またどのぐらいの速さでレーダーを透過するのかなど、いくつかの不確定要素を仮定した上で行われたものでした。

なにはともあれ、この手法を使ってクラーケン海の北端に位置するマレー入江(Moray Sinus)の水深を測ったところ、85メートルでした。さらにレーダーの透過率からはこの部分の海域の70%がメタン、16%が窒素で、14%がエタンらしいこともわかりました。マレー入江の位置的関係から、研究者たちは当初これよりもっとメタンの量が多いのではないかと予想していたのですが、結果はクラーケン海の全域で成分が平等に分布されていることを示唆しています。

※引用ここまで。全文は下記でどうぞ
https://news.yahoo.co.jp/articles/af59da6863fd4d2ba63946978ea47eb194c6d286

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1612048310/

続きを読む

1: 名無しさん 2021/01/30(土) 12:47:21.96 ID:WidHsZe/9
伊豆諸島・御蔵島(みくらじま)で繁殖するオオミズナギドリが、近年急激に減っている。原因として問題視されているのが、野生化したネコ「ノネコ」だ。
1匹が年間300羽余りを捕食しているとの推定結果を森林総合研究所や東京大、山階鳥類研究所のグループが発表した。

オオミズナギドリは体重約500グラム、翼を広げると1・2メートルほどになる海鳥で、大半が日本周辺で繁殖する。御蔵島は最大の繁殖地とされ、渡り鳥のオオミズナギドリは毎年3月から11月ごろに滞在する。東京都による1978年の推定では170万~350万羽が島内で繁殖していたとされるが、2016年の環境省調査では推定約10万羽まで減っていたという。

オオミズナギドリは地面に穴を掘って営巣し、地上では動きが緩慢だ。このためノネコに捕食されやすい。繁殖地には食べ残されたとみられる翼や骨が散らばっており、自動撮影カメラにもノネコがオオミズナギドリを捕らえる様子が何度も撮影されている。

https://www.asahi.com/sp/articles/ASP1Z40XGP1WULBJ016.html
参考ソース
https://mobile.suntory.co.jp/eco/birds/encyclopedia/detail/1395.html
no title

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1611978441/

続きを読む

1: 名無しさん 2021/01/29(金) 20:04:28.10 ID:CAP_USER
容量1.5倍 次世代電極素材開発 「ナトリウムイオン電池」実用化向け 岡山大大学院の後藤準教授ら

普及するリチウム電池の代替製品として期待される「ナトリウムイオン電池」の研究を手掛ける岡山大大学院の後藤和馬准教授(物理化学)らのグループは、電気を従来の素材よりも1・5倍多く蓄えられる電極素材を開発した。
ナトリウムイオン電池の実用化に向け、最大の障壁となっている蓄電能力の不足を埋める成果という。

ナトリウムイオン電池は、正極にナトリウム化合物を、負極に炭素材などを用いる。
リチウムのようなレアメタル(希少金属)ではないナトリウムの資源量は豊富で、電池の製造コストを低く抑えられるメリットがある。
一方、リチウム電池より蓄電能力が劣り、実用化に至っていない。

グループは、負極の炭素材にある無数の穴に着目した。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

山陽新聞デジタル 1/29(金) 19:32
https://news.yahoo.co.jp/articles/0dacf1cba966e05b1396ee5b03fcc86937adfec9

※記事見出しの「後藤準教授」表記は元記事ママ

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1611918268/

続きを読む

↑このページのトップヘ