科学ニュース速報

「科学ニュース」をまとめています

2021年03月

1: 名無しさん 2021/03/31(水) 14:49:30.89 ID:CAP_USER
卵から生まれる前にヒヨコのオスメスを識別する機械が誕生

ニワトリが産み落とす卵は人類の食卓に欠かせない食材の1つですが、採卵業においては卵を産まないオスは不要であるため、ヒヨコの段階で大量殺処分されています。
こうした大量殺処分を減らすため、フランスの養鶏企業が「卵の段階からオスメスを識別する機器」を新たに開発しました。

French technology detects egg embryo sex to save killing male chicks
https://www.connexionfrance.com/French-news/French-technology-detects-egg-embryo-sex-to-save-killing-male-chicks

オスだと判明した段階で処分されるヒヨコはEU全体で年間3億匹に達すると算定されています。
近年こうした慣行は動物の権利の観点から批判が強く、ドイツは他国に先駆けてオスヒヨコの大量殺処分を禁じています。

ドイツ、雄ひよこの大量殺処分禁止へ 世界初:時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=20210122041076a

フランス政府も2020年に、「2021年末までにオスヒヨコの大量殺処分を禁じる」と公約しており、養鶏の効率化のためにヒヨコのオスメスを識別する技術が緊急に求められています。
こうした状況の中、フランス・ブルターニュの養鶏企業Hy-Line FRANCEと養鶏専門のテクノロジー企業Agri Advanced Technologiesが、ハイパースペクトルによって卵内で形成されつつあるヒヨコの羽の色を識別し、オスとメスを見分けるという機器「CHEGGY」を開発しました。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

Gigazine 2021年03月30日 19時00分
https://gigazine.net/news/20210330-egg-embryo-sex-male-chicks/

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1617169770/

続きを読む

1: 名無しさん 2021/03/30(火) 09:06:37.75 ID:CAP_USER
脳に微弱な電気刺激を短時間与えることでゲームの腕前が向上するという研究結果

電気刺激を利用することで、eスポーツのスキルを大幅に向上させることができるという研究結果が発表されました。

The effect of expertise, training and neurostimulation on sensory-motor skill in esports - ScienceDirect
https://doi.org/10.1016/j.chb.2021.106782

Video gamers skills enhanced by training 10 minutes a day
https://techxplore.com/news/2021-03-video-gamers-skills-minutes-day.html

この研究は、リムリック大学およびアイルランドソフトウェア研究センターが行ったもの。
ここ20年で特に著名なゲームであるとして「Counter Strike: Global Offensive(CS:GO)」を用いて、実験の参加者に「目標をできるだけ早く正確に撃って排除する」というミッションを行ってもらいました。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

Gigazine 2021年03月29日 20時00分
https://gigazine.net/news/20210329-tdcs-esports/

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1617062797/

続きを読む

1: 名無しさん 2021/03/28(日) 19:48:06.59 ID:CAP_USER
10分話しただけで認知症をAIが判断…どんな会話なのか? 担当者「精度は87.8%」

厚生労働省によると、日本の認知症患者は2018年に500万人を突破し、65歳以上の約7人に1人が認知症と見込まれるとしている。
さらに2050年になると患者が1000万人を超えるという推計もあり、もはや誰もが認知症となる可能性があると言えそうだ。

そのような中、患者と医師が10分ほどの会話をするだけでAIが認知症を判断するシステムが登場し、期待が集まっている。

株式会社FRONTEOが「会話型 認知症診断支援AIシステム」の臨床試験を始めるため、3月12日に治験届を提出したのだ。
このAIシステムによって医師・患者双方の負担を軽くするとともに、認知症の早期発見に活用されることを目指しているという。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

FNNプライムオンライン 3/28(日) 17:42
https://news.yahoo.co.jp/articles/dd15dfa51be8341de4c9cb7d7f06c44c859c3b6d

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1616928486/

続きを読む

↑このページのトップヘ