科学ニュース速報

「科学ニュース」をまとめています

2021年04月

1: 名無しさん 2021/04/26(月) 14:45:25.94 ID:lZp2W+fj9
■コロナ禍には血管の異常増殖の要因が複数ひそんでいる

「コロナ禍にシミが気になる原因としてはマスクの摩擦、運動不足による代謝の低下、精神的なストレス、紫外線対策の手薄さも関与していると考えます。

特にマスクの着脱時に起こる擦れなどは、血管の異常増殖の要因になり得ます。マスク擦れによる肌のダメージを修復しようとして血管の新生が促され、マスクの縁が当たる位置にシミが現れてしまうことがあります。

また、肝斑は外的刺激などの要因よりも、女性ホルモンのバランスが崩れることが原因となり、30代から50代の女性に出現しやすいといわれていますが、肝斑も、物理的なダメージによって繰り返してしまう恐れがあります。」(日比野先生)

■繰り返す「シミ」を断ち切るためには、異常な血管へのケアも重要

●異常な血管新生を抑えるには、活性酸素の発生を避け、細胞をつくること

「血管は、ダメージを受けたり栄養が不足している場所へ酸素や栄養を届ける器官。

活性酸素(フリーラジカル)の影響で酸化が進んでしまっているところや栄養が不足しているところへ伸びていく習性がありますが、大きなダメージを受けたり、ホルモン異常などによって身体のコントロールが崩れると異常な血管が発生するリスクに。

異常な血管新生を防ぐためには、活性酸素を発生させやすい習慣を避け、また、血管内壁をはじめ、血管の健康状態を維持することを目指す対策をしましょう。」(日比野先生)
https://www.sankei.com/economy/news/210419/prl2104190602-n1.html

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1619415925/

続きを読む

1: 名無しさん 2021/04/25(日) 20:24:10.58 ID:CAP_USER
男性がコーヒーを1杯飲むごとに「前立腺がん」のリスクが1%減る

前立腺がんとは、男性の生殖器の一部である前立腺に発生するがんで、男性のがんとしては2番目に発生率が高く、また近年急増していることが指摘されている非常に危険ながんです。
そんな前立腺がんの予防に、コーヒーが役立つ可能性があるとの研究結果が発表されました。

(中略)

今回、定期的にコーヒーを飲むことで前立腺がんのリスクを低減できる可能性があることを突き止めたのは、中国医科大学附属盛京病院の泌尿器科医であるKefeng Wang氏らの研究チームです。
コーヒーの人気の高さから、コーヒーと健康について調べた研究データが豊富なことに着目したWang氏らは、論文を集積した3つのデータベースの中から「前立腺がんとコーヒーの飲用習慣の関係」に焦点を当てた文献497件を抽出して精査しました。
そして、内容の重複が見られたものや、統計的に有用で質の高いデータが含まれてないものなどを除外した結果、最終的に16件の論文が残りました。

研究が実施された地域の内訳は、北米とヨーロッパが各7件、日本が2件でした。
また、参加者の合計は108万1586人で、そのうち前立腺がんの患者は5万7732人だったとのこと。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

Gigazine 2021年04月25日 20時00分
https://gigazine.net/news/20210425-drinking-coffee-prostate-cancer/

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1619349850/

続きを読む

1: 名無しさん 2021/04/25(日) 17:21:23.49 ID:CAP_USER
焦点:ミリ秒遅れを解消せよ、音楽家と技術者のタッグで新技術

[ストックホルム/ロンドン 21日 ロイター] - COVID-19(新型コロナウイルス感染症)によるロックダウンで離ればなれの状態が続く中、ミュージシャンたちは何とか一緒に演奏活動をしようと知恵を絞ってきた。
オンライン接続におけるミリ秒単位での遅延を解消しようとテクノロジー企業と手を組んだことで、音楽の領域を越えた技術革新が加速している。

演奏者と聴衆が切り離されている今、共にライブ演奏を楽しむという体験を再創造するため、演奏する音と耳に届く音の遅延、いわゆる「レイテンシー」の抑制に向けて、ミュージシャンと技術者とが一体となった努力が続けられている。

サンフランシスコ・オペラが、ロッシーニの歌劇「セビリアの理髪師」のリハーサルで使ったのは、「アロハ」と呼ばれるデバイスの試作品だ。
ストックホルムに本社を置くElkが、スウェーデンの通信機器大手エリクソンと英ボーダフォン・グループ、そして米ベライゾン・コミュニケーションズと提携して開発した製品である。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

ロイター 2021年4月25日8:02  
https://jp.reuters.com/article/coronavirus-opera-technology-idJPKBN2CA0GD

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1619338883/

続きを読む

↑このページのトップヘ