科学ニュース速報

「科学ニュース」をまとめています

2021年05月

1: 名無しさん 2021/05/31(月) 16:20:24.35 ID:icY+ebCv9
近畿大学の研究グループは、大豆イソフラボンの成分を使い、養殖のナマズを全てメスにすることに成功しました。

近畿大学によると、ウナギの代替品として注目されるナマズの養殖では、メスは1年未満で出荷のサイズに達する一方、オスは成長が遅く廃棄されることもありました。

そこで、近畿大学の研究グループが、ふ化直後のナマズを、女性ホルモンと似た作用がある大豆イソフラボンの成分を溶かした水で飼育したところ、全てメスにすることができたということです。

【近畿大学水産研究所新宮実験場・稻野俊直准教授】
「将来的に訪れるかもしれない食糧難に対しての備えということで非常に意義があると思う」

こうした研究成果は日本初で、研究グループはキャビアが生産できるチョウザメでも同様の実験を行う方針です。

関西テレビ
https://news.yahoo.co.jp/articles/7514145eb8df2d144e8739bd3016449e56ff3f46

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1622445624/

続きを読む

1: 名無しさん 2021/05/31(月) 10:45:18.85 ID:CAP_USER
変異株、複数ルートで流入か 水際対策強化の隙を突き

国内で感染が広がる新型コロナウイルスの変異株は、国が変異株の流行地として警戒している以外の地域を経由して流入したケースが複数あるとみられることが、ウイルスの遺伝情報などを分析した慶応大チームの調査でわかった。
人の往来にのって変異株が第三国を介して間接的に入り込んだとみられ、現在の水際対策の課題が浮かぶ。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

朝日新聞デジタル 5/31(月) 6:00
https://news.yahoo.co.jp/articles/96d09e480ce73bf571c120bddb266b54201e108a

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1622425518/

続きを読む

1: 名無しさん 2021/05/30(日) 15:39:30.88 ID:CAP_USER
深刻な病気を抱える患者に「通常の病院食」を与えると死亡リスクが増加する可能性

「病院食」と聞くと栄養バランスやカロリーが完璧に計算されていると思いがちですが、必ずしも病院食の栄養配分が優れているわけではなく、病院食による栄養失調は以前から問題視されています。
スイスで慢性心不全の患者を対象に行われたランダム化試験によって、個人に最適化された栄養価の食事に比べて病院食は「30日以内の死亡リスクを1.7倍にする」との結果が示されました。

Individualized Nutritional Support for Hospitalized Patients With Chronic Heart Failure - ScienceDirect
https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0735109721009384

Hospital Food Is Never Great, But For Some Patients It Means Death
https://www.sciencealert.com/for-those-with-chronic-heart-failure-hospital-food-really-can-kill-you

入院患者に提供される病院食は食べやすいように食材を細かく切ったり煮たりしますが、こうした調理の過程で多くの栄養素が失われてしまいます。
また、食欲の低下によって十分な量が食べられない患者も多く、結果として入院中には栄養やカロリーが不足してしまいがちです。
2019年の研究によると、アメリカでは30%以上の患者が入院中に栄養失調になるリスクを抱えているとのこと。

gigazine 2021年05月30日 12時00分
https://gigazine.net/news/20210530-hospital-food-mortality-effects/

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1622356770/

続きを読む

↑このページのトップヘ