科学ニュース速報

「科学ニュース」をまとめています

2021年07月

1: 名無しさん 2021/07/05(月) 13:58:54.98 ID:+qit5cit9
ヘビ真菌症の国内侵入を初確認 野生種の感染拡大に懸念
2021/7/5 11:00(最終更新 7/5 12:00)
https://mainichi.jp/articles/20210705/k00/00m/040/046000c

no title

皮膚の壊死(えし)によって個体を死に至らしめる真菌症に感染したヘビが国内で初めて確認された。南米から輸入されたヘビが発症し、岡山理科大と国立科学博物館のチームが診断・特定した。ヒトには伝染しないが、すでに北米の一部地域では野生ヘビの種の存続を脅かすほど猛威を振るっており、日本のヘビにとっても深刻な「新興感染症」となる恐れもあるという。

岡山理科大の宇根有美教授(獣医病理学)によると、2019年4月、国内の愛好家が輸入業者から購入した南米原産のハラスジツルヘビの皮膚に異常が出て、間もなく死んだ。同じ愛好家が別のケージで飼っていたラットスネークなど別の種類の輸入ヘビ11匹も発症。治療が施されたが、うち4匹が死亡した。治療した九州地方の動物病院から連絡を受けた宇根教授らが死んだヘビを検査し、ヘビ真菌症と判断した。

ヘビ真菌症を引き起こすカビの一種は、1986年に米国の飼育ヘビから見つかった。これまでに北米や欧州で報告されていたが、アジアでの確認は初めて。今回、ヘビに感染していたカビを培養して遺伝子検査した国立科学博物館の細矢剛・植物研究部長によると、カビは「オフィジオミケス・オフィオジイコラ」という名前で、ヘビのうろこを構成するたんぱく質であるケラチンを分解して増えるという。

ヘビ真菌症は特に08年以降米国で急速に広まった。米国東部に生息する、絶滅危惧種を含むほぼすべての野生種のヘビで感染が確認されている。この影響で、ガラガラヘビの一種は個体数が大幅に減少したとの報告もある。チームは今後、日本に生息するアオダイショウなど在来種のヘビへの感染のしやすさを調べる方針だ。

no title

ヘビ真菌症に感染したラットスネーク=宇根有美・岡山理科大教授提供

宇根教授は「日本で野生のヘビが減れば、ヘビに捕食されていた動物が増え、生態系が崩れる恐れもある。人間の活動に伴って人や生き物が移動することで新興感染症が広がるという意味では、新型コロナウイルスと同じ構図だ」と話す。【池田知広】

ーーー

【国立科学博物館】輸入飼育ヘビから重要病原体(ヘビ真菌症)を発見、国内侵入を確認 ―アジアで初報告 世界的な伝染に懸念―文化庁
https://prtimes.jp/main/html/rd/amp/p/000000268.000047048.html
抜粋

概要
ヘビ真菌症(Snake Fungal Disease, SFD)は、 カエルツボカビ症、 コウモリ白鼻病と肩を並べる病原性真菌で、 カビの一種、 Ophidiomyces ophiodiicola によって皮膚が壊死し、 重症な場合は死に至る病気です。 本菌は、 1986年にアメリカ東北部で飼育下のヘビに最初に報告されて以来、 北米大陸、 ヨーロッパの野生のヘビにも報告され、 世界的な流行が懸念されていましたが、 アジアでの報告はありませんでした。

本成果は、 岡山理科大 獣医学部 宇根有美教授、 高見義紀獣医師及び国立科学博物館 細矢 剛 植物研究部長らによる共同研究によるものです。

本成果は、 2020年9月に生物科学系のプレプリントサーバーであるBioRxivにて速報が公開されましたが(doi: https://doi.org/10.1101/2020.09.03.281154 )、 2021年6月25日に日本獣医学会の国際学術誌
「The Journal of Veterinary Medical Science」の早期公開版にオンライン掲載されます(https://www.jstage.jst.go.jp/browse/jvms/advpub/0/_contents )。

no title

写真説明 
1.:皮膚の壊死(上)、 多発性痂皮(下)。 2.病原菌 Ophidiomyces ophiodiicola の胞子形成構造。 菌糸が枝分かれして末端に胞子が形成され、 ちぎれるように脱離する。 3.患部皮膚組織標本、 皮膚は壊死して(赤色)その表面に真菌が増殖している(ヘマトキシリン・エオジン染色)。 4.病変部の菌糸(緑色の蛍光を発する。 ファンギフローラY染色)。

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1625461134/

続きを読む

1: 名無しさん 2021/07/05(月) 11:24:22.68 ID:7PwvWbth9
致死率が50%に達する真菌感染症の「ムコール症」への感染の恐怖がインドを超え中東地域に広まっている。

インドでは「黒カビ」と呼ばれるムコール症に感染した患者が累積4万人を超え、近隣のアフガニスタンでも新型コロナウイルス患者が急増しムコール症感染事例が初めて確認された。これに先立ちエジプトとオマーン、イランでもムコール症の患者が出始めパニック状態になった。

アフガニスタン公衆衛生相は3日、現地メディアのATニュースとのインタビューで「これまでカブール、バグラム、サマンガン地方で3件のムコール症感染事例が報告され、30歳の男性1人が死亡した」と明らかにした。続けて「ムコール症は新型コロナウイルス第3波の中で広がっている」と警告した。最近アフガニスタンでも新型コロナウイルスの新規感染が再び急増していた状況だ。この日基準で直近24時間にアフガニスタンでは1272人の新規感染者と92人の死亡者が発生した。

オマーン保健省も先月ムコール症に感染した事例が確認されたと明らかにした。中東メディアのアルジャジーラによると、先月15日にオマーンの医師ら3人がムコール症に感染したのを確認したと明らかにした。これはアラビア半島で初めての発症事例で、新型コロナウイルス感染が「スルタン王国」で急増する中で出てきたとアルジャジーラは伝えた。

エジプトとイランでも5月末にムコール症が発見された。現地メディアのエジプトトゥデイによると、新型コロナウイルス退治に向けたエジプト科学委員会は5月23日に3つの州でムコール症感染事例が多数発見されたと明らかにした。保健委員会の委員は現地メディアに「新型コロナウイルス患者に対し抗生剤とコルチゾンを過多使用したことがムコール症を含んだカビ感染を誘発する」と明らかにした。

現地メディアのイランワイヤーによると、5月26日に国家新型コロナウイルスタスクフォース科学委員会はイランでも新型コロナウイルスに感染し回復した患者の中からムコール症感染事例が確認されたと明らかにした。イランもやはりインド発のデルタ株の感染が拡大しており、新型コロナウイルス感染者が急増する中でムコール症感染患者が出てきた。

累積感染者数3000万人、累積死亡者数40万人を超えたインドでは、ムコール症累積感染者数も4万人を超えた。先月28日基準でムコール症感染事例は4万845人となり、このうち3129人が死亡した。

ムコール症の原因菌に感染した後、早期発見に失敗すればその結果は凄惨だ。ムコール症の原因菌は副鼻腔に浸透し、目や肺に感染させた後、脳まで浸透する。脳まで感染すれば死亡に至るが、それまでに見つかった場合も、両目を摘出したりあごを除去しなくては生存できない。

症状は多様だ。副鼻腔感染時の鼻血、鼻づまり、または鬱血から始まり、血が混ざった鼻水が出たり鼻または口の周囲が浅黒く変色する症状が現れる。その後目に感染すれば眼球に痛みが生じ、目がひどくはれ上がり視野が不明瞭になる。肺感染時には新型コロナウイルス症状と似ている。息苦しさ、せき、胸の痛みなどが現れる。
https://s.japanese.joins.com/Jarticle/280391

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1625451862/

続きを読む

1: 名無しさん 2021/07/04(日) 18:43:09.28 ID:CAP_USER
ヴィーガン食は子どもを不健康にするのか?

肉や魚を食べないというのが菜食主義者(ベジタリアン)ですが、ヴィーガンは肉や魚に加えて卵や乳製品までをも食べないというライフスタイルです。
近年欧米ではヴィーガンの食生活が健康・環境・倫理上の観点から注目を集めていますが、新たな研究で成長期の子どもに対する影響を調査した結果、心血管の健康状態には良い一方で、身長や骨密度が低くなり、一生涯にわたって骨折のリスクが高り続けてしまうことが判明しました。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

Gigazine 2021年07月04日 11時00分
https://gigazine.net/news/20210704-vegan-diets-make-kids-shorter-weaker/

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1625391789/

続きを読む

↑このページのトップヘ