科学ニュース速報

「科学ニュース」をまとめています

2021年07月

1: 名無しさん 2021/07/23(金) 13:41:26.95 ID:wDq2fz4s9
ワシントンD.C.をはじめ、コネチカット州、フロリダ州、テネシー州など米国東海岸の少なくとも12の州で、小鳥の病気が広がっている。
アオカケス、オオクロムクドリモドキ、コマツグミ、ホシムクドリなどの数千羽の幼鳥が突然失明し、目に血をにじませ、体を震わせ、死んでいるのだ。
原因として西ナイルウイルスや鳥インフルエンザなどが疑われたが、検査の結果、その可能性は否定され、科学者たちは頭を悩ませている。

最も有力な仮説は、セミの約5%が感染し、カチノンという幻覚作用のある毒素を作る真菌が原因ではないかとするものだ。

しかし、ここ数週間で、セミが鳥の死の原因ではないとみられる事実が次第に明らかになってきた。
鳥の病気が発生している地理的範囲は、ブルードXが出現した範囲よりもはるかに広く、セミの生息域にいた鳥たちがそこから飛んできたとは考えられなかった。

鳥たちの死亡のタイミングも、セミとの関連の低さを示唆している。ブルードXのセミは6月中旬から下旬にかけて死滅したが、鳥たちはまだ病気にかかっている。


7月8日にもペンシルベニア州にあるタマラック野生動物センターに、頭を痙攣させ、かさぶたで覆われた目を閉じたオスのコマツグミが運び込まれた。
コマツグミは少しの時間なら立つことができたが、その後死んでしまった。

症状は目から始まる。目が腫れあがり、しばしば出血し、まもなく神経系の問題が生じて、回転したり、ひっくり返ったり横に倒れたりするようになる。


シティー・ワイルドライフでは、最初に運び込まれた鳥たちに抗生物質と鎮痛剤を投与した。
これは神経症状が見られる鳥たちに通常行う処置だが、今回はすぐに「何をやってもダメ」だとわかったという。

「ひどい状態でした。見ているのが辛くてたまりませんでした。盲目の鳥ほど哀れなものはありません。彼らは自分が困った状況にあることがわかっていますし、利他的行動を理解していないからです」。
人間は鳥たちを助けようとしているのに、彼らはそれを怖がってしまうのだ。鳥たちを救う方法はなかったとモンスマ氏は言う。

「彼らは悲惨な状態で怯えていたので、苦しませないように吸入麻酔薬で安楽死させるしかありませんでした」

no title

no title

https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/21/071900363/

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1627015286/

続きを読む

1: 名無しさん 2021/07/22(木) 15:01:55.90 ID:tnxNNgCd9
コーヒーを飲むと悪い意味で「心臓がどきどき」すると心配していないだろうか。新たな研究では、コーヒーが動悸(どうき)、あるいは医学的にいう心不整脈を引き起こすという懸念を解消する結果が出た。

今回の研究では、コーヒーを飲む習慣はむしろ、心拍が早くなる「心房細動」などの不整脈の発症リスク低減につながることが判明した。

この研究結果は19日付のJAMAインターナル・メディシンに発表されたもの。
38万6000人あまりの被験者によるコーヒー摂取の様子を3年間分析し、心房細動を含む心不整脈の割合と照らし合わせた。

人口動態や生活習慣、疾患、動悸を引き起こす可能性のある健康状態などを考慮した結果、習慣的に飲むコーヒーの量を1杯増やすごとに、不整脈の新規発症リスクが3%減少することが分かったという。
論文の責任著者はカリフォルニア大学サンフランシスコ校心臓病部門に所属する不整脈の専門家、グレゴリー・マーカス教授が務めた。

研究チームはまた、コーヒー摂取後の不安感との関連が確認されている遺伝子についても調査した。

CYP1A2遺伝子は「コーヒー遺伝子」と呼ばれることもあり、カフェインの代謝を助ける働きを持つ。
この遺伝子は喫煙などの生活習慣の影響を受ける場合があるが、遺伝子の完全な機能が保たれている人の場合は、通常のスピードでコーヒーを代謝する。つまり、コーヒーを飲んでもおおむね悪影響はない。

しかし、この遺伝子が変異するとコーヒーの代謝スピードが遅くなり、高揚感の続く時間が長くなったり、高揚感を感じる頻度が高くなったりする可能性がある。

今回の研究の遺伝子解析においては、コーヒー代謝機能の障害と不整脈のリスクとの間に重大な関連は見られなかった。

コーヒーが動悸を引き起こすという考え方は、古い小規模な研究が元になっており、研究の一つは男性医師のみを対象にしたものだったと、マーカス氏らは指摘する。

現在の科学の見方はこれとは異なる。
マーカス氏は「201件のメタ分析を調べたところ、コーヒーの適度な摂取は健康への害よりも利益の方が大きいとみられることが分かった」と指摘している。
https://www.cnn.co.jp/fringe/35174176.html

コーヒーを飲む習慣により不整脈のリスクは低減するとの研究結果が発表された
no title

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1626933715/

続きを読む

1: 名無しさん 2021/07/22(木) 16:39:33.87 ID:CAP_USER
こんにゃくには中性脂肪を減らす効果がある、群大が確認
著者:波留久泉

群馬大学(群大)は7月19日、こんにゃく粉入り粥の摂取が中性脂肪を低下させる効果があることを発見したと発表した。

同成果は、群大大学院 医学系研究科 臨床検査医学・食健康科学教育研究センターの葭田明弘助教、同・木村孝穂准教授、同・村上正巳教授らの研究チームによるもの。詳細は、栄養学を扱うオープンアクセスジャーナル「Nutrients」に掲載された。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

マイナビニュース 2021/07/21 18:40
https://news.mynavi.jp/article/20210721-1927756/

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1626939573/

続きを読む

↑このページのトップヘ