科学ニュース速報

「科学ニュース」をまとめています

2021年12月

1: 名無しさん 2021/12/28(火) 09:47:10.96 ID:mqmktq8E9
移動中にも手軽に食べられるヘルシーなスナックとして人気なナッツ。なかでもアーモンドの健康効果は特に賞賛されている。ビタミンEが豊富なアーモンドは、肌や髪の毛に潤いや艶を与えてくれるほか、知能も向上するなど本当…?
アーモンドにはさまざまな栄養素が大量に含まれている。アーモンドミルクやバター、オイル、フラワーなど、今ではアーモンドを取り入れる手段も多い。
「アーモンドは、多価不飽和必須脂肪酸に属するオメガ3脂肪酸の優秀な供給源であり、他にもタンパク質やビタミンなど、多種多様な栄養素が含まれているんです」

アーモンドがもたらす13の効果とは?

1. タンパク質が豊富
ひと握り分のアーモンドで、タンパク質8gが含まれている。ヴィーガンのタンパク質源としてはかなり豊富な量。

2. コレステロール値のバランスがとれる
標準体重の被験者を対象に行われたペンシルベニア州立大学の研究では、アーモンドは悪玉コレステロール(LDL)を下げる働きがあることが証明されている。

3. 体内のビタミンEが増加する
アーモンドは、ビタミンEの供給源でもあり、ひと握り分の量で、1日の推奨量の60%を満たすことができる。ビタミンEは、心臓病に紐づく酸化コレステロールから細胞を守ってくれるそう。初期の研究結果によれば、アルツハイマー病を予防する効果も強調されている。さらにビタミンEは、老化サインでもある酸化ダメージから細胞を守る働きが証明されているよう。

4. 減量に役立つ
アーモンドは満腹感が得られやすいため、良質な脂質を含有し、高カロリーであるにもかかわらず、アーモンドを食べることで減量を手助けしてくれるとか。
5. がんのリスクが低減する
多くの健康食品が、がんを予防すると主張されるなか、アーモンドの影響力を賞賛する研究結果がある。メキシコの研究によると、アーモンドの摂取量が多い人は、乳がんを発症する可能性が2~3倍も低いことが判明したよう。

6. 心臓病のリスクを低減する
英アストン大学の研究では、1日50gのアーモンドを食べることで、血管の機能を良好に維持できるようになり、血液中の抗酸化物質が増加するため、血圧が下がり、血流が良くなることが証明されているよう。

7. 睡眠の質が上がる
この効果を結論付けるにはさらに研究を重ねる必要があるが、アーモンドにはマグネシウムやカルシウム、メラトニンが豊富であるため、初期の研究によると、筋弛緩や睡眠の促進作用が示唆されている。

8. 血糖値が安定する
アーモンドには、糖尿病のカギを握る血糖値に好影響をもたらすマグネシウムが豊富に含まれている。45粒で1日のマグネシウム推奨量の半分を満たすことができるとか。台北医科大学の研究では、55~60gのアーモンドを食べると、空腹時のインスリン値やグルコース値が減少し、インスリン抵抗性が改善することがわかっている。

9. 寿命が延びる
毎日、ひと握りの半量のアーモンドを食べるだけで、神経変性疾患や糖尿病による早期死亡リスクが23%も減少することが研究で証明されたそう。一般的にナッツを食べている人は、健康で長生きする傾向にあると言われている。

11. 認知機能が向上する
アーモンドって脳にも良いの? アーモンドはビタミンE(具体的に言うと「αトコフェロール」)の含有量が高く、体内で最も吸収されやすい性質を持つことから、アーモンドは「ブレインフード(頭をよくする食べ物)」と呼ばれている。さらに米パデュー大学の研究によると、高脂質な昼食と一緒に食べることで、昼食後の認知機能の低下を抑えることができるよう。

12. 記憶力が改善する
この効果を結論付けるにはさらに研究を重ねる必要があるが、パキスタンのカラチ大学が行った動物実験によると、アーモンドは、加齢による記憶力の低下を改善する働きが示唆されているよう。

13. 肌や髪の毛が美しくなる
アーモンドって、肌や髪の毛にも良いの? アーモンドが与える肌や髪の毛への効能については、幅広く推測されている。科学的根拠が不足している一方で、アーモンドにはビタミンB複合体、リボフラビン、亜鉛、ナイアシン、鉄、ビタミンEが含まれており、これらは全て肌を健康にしてくれる栄養素なのだそう。カリフォルニア大学が行った研究によると、フィッツパトリックのスキンタイプ1・2(肌が色白で日焼けしやすいタイプ)に分類され、アーモンドを1日の総カロリーの20%摂取している女性には、シワの幅や重症度の減少がみられたとのこと。
https://news.yahoo.co.jp/articles/fdc2b93837ae12af0f0e4e9e617b04119e5b55e5

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1640652430/

続きを読む

1: 名無しさん 2021/12/27(月) 16:57:32.92 ID:CAP_USER
早期の楽器演奏の習得で音楽判断に対する脳活動が活発化、東大などが確認
著者:波留久泉

東京大学と才能教育研究会は12月24日、聴覚野や言語野は音楽経験によらずに音楽判断に選択的な活動を示すのに対して、楽器演奏の習得によって右脳の「運動前野外側部」や「感覚運動野」が有効に活用されることを明らかにし、聴覚野や言語野が音楽と言語の共通基盤であるとの仮説を支持する結果が得られたと発表した。

同成果は、東大大学院 総合文化研究科 広域科学専攻の酒井邦嘉教授、才能教育研究会の早野龍五会長らの共同研究チームによるもの。
詳細は、大脳皮質の発達・進化・組織化・可塑性・機能などに関する学際的な分野を扱う学術誌「Cerebral Cortex」に掲載された。

(以下略、続きはソースでご確認ください)

マイナビニュース 2021/12/27 15:15
https://news.mynavi.jp/techplus/article/20211227-2239946/

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1640591852/

続きを読む

1: 名無しさん 2021/12/27(月) 14:49:53.55 ID:qt5fHZ0X9
北海道の海で異変が起きている。9月、太平洋沿岸を中心に大規模な「赤潮」が発生。海は茶色く濁り、北海道を代表する味覚のウニやサケなどが大量死した。赤潮によるとみられる被害は、国内史上最悪の170億円規模にまで膨らむ見通しだ。

年末年始を控え、人気の“北海道産”ウニやイクラの需要が高まる中、今年は消費者にとってかつてない“高嶺の花”となっている。「年末ぐらいちょっとぜいたくに」。そんな思いとかけ離れた価格高騰はいつまで続くのか。食卓を彩る食材そのものが品薄の中、スーパーや飲食店、観光地はこれまでにない緊迫感に包まれていた。

続きはソースにて

https://news.yahoo.co.jp/articles/4a3973bad8aa4bcce0bebc122a05262e11b5c418

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1640584193/

続きを読む

↑このページのトップヘ