科学ニュース速報

「科学ニュース」をまとめています

2022年06月

1: 名無しさん 2022/06/26(日) 19:51:13.79 ID:CAP_USER
なぜ秀吉は朝鮮出兵に失敗したのか…最新技術でわかった驚きの新説
日本史の謎を科学的に解明

歴史では「定説」とされていても、謎に包まれている出来事はいくつもある。
だが、最新の科学を用いることで、真実に近づくことが可能となる。
日本史とサイエンスの融合は、ここまで進んでいた。

■朝鮮水軍に大苦戦

「日本史には多くの謎が残されています。中でも、豊臣秀吉が、あえなく朝鮮出兵に失敗したことは、多くの方が疑問に感じていると思います」

こう語るのは、5月20日に『日本史サイエンス〈弐〉』(講談社ブルーバックス)を上梓した播田安弘氏だ。
播田氏は長く三井造船(現・三井E&S)で船舶の設計技師を務めていた。
その時に得た知見を活かし、現在は日本史の謎を、独自の理論と数式で解き明かすことをライフワークとしている。

(以下略、続きはソースでご確認ください)

週刊現代 2022.06.26
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/96528

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1656240673/

続きを読む

1: 名無しさん 2022/06/26(日) 19:58:53.89 ID:CAP_USER
赤ちゃんマンモス、カナダで発見 保存状態良好

【AFP=時事】カナダ極北のユーコン(Yukon)準州クロンダイク(Klondike)の金鉱地帯でこのほど、凍った状態のケナガマンモスの赤ちゃんがほぼ完全な形で発見された。北米で保存状態が良好なマンモスが見つかったのは初めて。

(以下略、続きはソースでご確認ください)

AFP=時事 6/26(日) 17:32
https://news.yahoo.co.jp/articles/28adb4bfe9785a8cd71636716d1b666e20a8e690

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1656241133/

続きを読む

1: 名無しさん 2022/06/26(日) 23:27:03.85 ID:JecNqM6O9
女性自身

283,718,176回。この数字は政府が6月22日付で発表した、国内における新型コロナウイルスのワクチン総接種回数だ。このうち1回目と2回目の接種率は、どちらも80%を超え、3回目の接種を受けた人は61.2%。現在は4回目接種を各自治体で進められている。
そんななか、一部ネット上ではワクチンへの“対抗策”が話題になっている。ワクチンに対して疑問を抱く、いわゆる“反ワクチン”の人たちの間で、すでに接種したワクチンの“解毒剤”として、「二酸化塩素」を体内に取り入れる行為が広がっているというのだ。
実際、SNS上では“ワクチン打って体調が悪くなった人は二酸化塩素水を飲んで”、“ワクチンには二酸化塩素がいちばん”という声が散見される。ある医療ジャーナリストは言う。
「二酸化塩素は強い酸化力を有することから、除菌や消毒効果があり、国内では紙パルプの漂白やプール水の消毒などの用途で使われています。
二酸化塩素は医薬品・医薬部外品として承認されていないのですが、“ワクチンは有害”だと考える人のなかには、“ワクチン解毒剤”として二酸化塩素水の作り方や飲み方をネット上で紹介する人もいるのです。そのような情報を信じた一部の人たちが、マネをしているようです」(医療ジャーナリスト)
このような薬品を体内に取り入れることに、SNS上では次のように懸念する声が上がっている。
《これはマジでヤバい。絶対ダメ》 《ツッコミどころが多すぎるなこれ…》 《経口摂取したら粘膜ただれそうだし、最悪死ぬのでは? これ勧めてる奴は飲んだことあるのかね?》
ネット上で、まことしやかに流布される“ワクチンの解毒方法”ーー。果たして、二酸化塩素を体内に直接取り入れれば、ワクチンは体内からなくなるのだろうか?
そこで本誌は、「医師が教える 最善の健康法」や「新装版『ニセ医学』に騙されないために」(ともに内外出版社刊)の著者で、内科医の名取宏氏に話を聞いた(以下、カッコ内は名取氏)。
■「典型的な万能を謳うニセ医学です」

続きは↓
https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/jisin/nation/jisin-https_jisin.jp_p_2110984

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1656253623/

続きを読む

↑このページのトップヘ