科学ニュース速報

「科学ニュース」をまとめています

2022年08月

1: 名無しさん 2022/08/27(土) 20:17:00.82 ID:CAP_USER
世界初、水素のみで走る旅客鉄道が運行開始 ドイツ

(CNN) ドイツ北部ニーダーザクセン州でこのほど、水素列車のみで営業する史上初の鉄道路線の運行が始まった。

燃料電池を動力とする水素列車14編成が同州ブレーマーフェルデの路線を独占運行する予定。
同鉄道を所有するLVNGと鉄道車両メーカーのアルストムの間で、9300万ユーロ(約127億円)規模の契約が締結された。

(以下略、続きはソースでご確認ください)

CNN
https://www.cnn.co.jp/business/35192420.html

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1661599020/

続きを読む

1: 名無しさん 2022/08/26(金) 22:45:04.77 ID:CAP_USER
no title

オーストラリアの野ウサギの集団/Brendan Beirne/Shutterstock

(CNN) 一見何の罪もないクリスマスプレゼントとして1859年、英国から持ち込まれた24匹のウサギ。それがオーストラリアに「最も壊滅的な生物学的侵略」をもたらしたとする研究が、米科学アカデミー紀要に発表された。

(中略)

遺伝学的証拠をたどった結果、この侵略の発端は、トーマス・オースティンという名の入植者によって1859年に英国から輸入されたウサギだったことが分かった。オースティンは英イングランドの出身だった。

(中略)

オーストラリアに生息している野ウサギ2億匹をたどると、ほぼ全てが1859年に持ち込まれた24匹につながることが分かったという。

(中略)

「生物学的侵略は、世界の生物多様性を脅かす重大な脅威であり、それを防ぎたければ何がそれを成功させたのかを理解する必要がある」と研究チームは指摘。「たった1人、あるいは少数の人たちの行為が環境に対する壊滅的な影響を及ぼし得ることを、この出来事は改めて認識させた」と解説している。

※記事全文はソース元にて

https://www.cnn.co.jp/fringe/35192352.html

■関連リンク
オーストラリアへの生物学的侵略をもたらす引き金となった英国由来の野ウサギについての研究論文
A single introduction of wild rabbits triggered the biological invasion of Australia
https://www.pnas.org/doi/full/10.1073/pnas.2122734119

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1661521504/

続きを読む

1: 名無しさん 2022/08/25(木) 18:43:27.52 ID:5HPhr7mq9
毎日新聞

全身の筋肉が徐々に動かなくなる難病「筋萎縮性側索硬化症」(ALS)で見られる特徴の一つで、筋肉が不規則に動く症状「線維束性収縮」を超音波(エコー)検査機器で観察する早期診断マーカー(指標)を徳島大などの研究者が開発した。筋肉の深い部位も、患者の身体負担を抑えつつ広く観察でき、発症早期でも収縮がみられると分かった。ALSを早期に疑い、その後の診断・治療へ進む検査方法として期待を集めそうだ。

開発したのは、徳島大大学院医歯薬学研究部の藤田浩司講師(脳神経内科学)や和歌山生協病院の福島功士医師(同)らのグループ。


藤田講師らは、運動ニューロン(神経細胞)が変性したALS患者にみられる線維束性収縮に着目した。線維束性収縮は筋がピクピクと動く症状で、皮膚近くで起きると実際に目で見て確認できるが、筋の深い部位で起こった場合には、確認しにくい。藤田講師らはALSの初期段階でも、目で確認できない筋の深い部位などで起きていると仮説を立て、研究を進めた。

活用したのは、手のひら大の機器から腹部などに高い周波数の音波(超音波)を送り、その反射波から臓器の大きさや形状、異常などを画像として映し出す通常の超音波検査。藤田講師らは全身15種の筋について超音波で異常な筋肉の動きを観察し、ALS患者100人と非ALS患者100人の違いを調べた。


その結果、肩の筋である「僧帽筋」や力こぶに関係する「上腕二頭筋」、ふくらはぎ部分にある「ヒラメ筋」など八つの筋で線維束性収縮を観察できた人のうち95・6%で、ALSがみられることが分かった。このため、八つの筋で異常な収縮を観察すれば、ALSを疑えると結論付けた。

ALS早期の段階では、「手に力が入らない」といった異常を訴え、ALS専門医でなく、かかり付け医らに相談する患者が多い。医療機関で広く活用されるエコー検査で線維束性収縮に気付ければ、専門医へ迅速に引き継ぐことができる。

https://mainichi.jp/articles/20220825/k00/00m/040/170000c

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1661420607/

続きを読む

↑このページのトップヘ