科学ニュース速報

「科学ニュース」をまとめています

2022年09月

1: 名無しさん 2022/09/30(金) 01:46:55.85 ID:Y/N8fHUh9
NEWSポストセブン

《養生の術をまなんで、よくわが身をたもつべし。是人生第一の大事なり。》

江戸時代に活躍した儒学者・貝原益軒が書き残した『養生訓』は、普段の生活において実践できる具体的な健康法が紹介されている、当時の大ベストセラーだ。300年の昔から現代まで、日本人の健康意識の高さは、もう国民性と言っていいかもしれない。“体にいい”とされる食事法や運動法、睡眠術はいつの時代も大きな話題を集め、熱心に実践する人も多かった。

しかしその中のいくつかは、最新の科学や医学的根拠によって否定されている。当初は体にいいとされていても、その後、長年の研究結果や新発見によって覆されるケースも多いのだ。医学と健康のエキスパートたちの助言をもとに、「時代遅れの知識」をアップデートしよう。

多くの識者たちが“時代遅れ”と声を揃えたのが、「フルーツはヘルシー」という認識だ。健康検定協会理事長で管理栄養士の望月理恵子さんが指摘する。

「フルーツが含有する果糖は、ブドウ糖などほかの糖質と比較して、中性脂肪に変換されやすく、メタボや肥満を促進します。食べすぎには充分に注意してほしい。1日80kcal程度、おおよそ200gが目安です。りんごならば半分、バナナであれば1本分が該当します。それ以上は食べすぎかもしれません」

続きは↓
https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/postseven/trend/postseven-1797530

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1664470015/

続きを読む

1: 名無しさん 2022/09/29(木) 20:36:50.83 ID:AX8aHwYJ9
ゴキブリは多くの人にとって悩みの種なので、「もし自動でゴキブリを退治してくれるAIが登場したら是非使いたい」という人は多いはず。そんな人の夢を実現するAI搭載の自動レーザー砲台が開発されました。

なお、この記事にはゴキブリの映像や画像が掲載されるので、苦手な人は注意してください。

Full article: Selective neutralisation and deterring of cockroaches with laser automated by machine vision
https://doi.org/10.1080/00305316.2022.2121777

Scientists Create AI-Powered Laser Turret That Kills Cockroaches
https://www.vice.com/en/article/dy743w/scientists-create-ai-powered-laser-turret-that-kills-cockroaches

今回、ゴキブリを自動追跡して駆除するレーザー装置を開発したのは、イギリスにあるヘリオット・ワット大学のIldar Rakhmatulin氏です。同氏は以前、蚊を自動検知してレーザーで焼き殺す装置を開発しています。

中略 

ゴキブリを焼き殺せるほど強力なレーザーが目に入ると危険なので、残念ながら強力なレーザーをそのまま家庭に使うことはできないとのこと。しかし、AIでゴキブリを見分けてレーザーで狙い撃ちにするこの装置は、環境を破壊したり害虫ではない生き物も死滅させたりしてしまう農薬に代わる害虫駆除技術として有望で、総制作費用が250ドル(約3万6000円)以下と安価なこともメリットだと研究チームは述べています。

また、ゴキブリは暗所に隠れる習性を持つことから、研究チームが避難スペースの下に隠れるゴキブリに低出力レーザーを照射する実験を行ったところ、ゴキブリは暗所に隠れる行動を取らなくなりました。このため、瞬時に焼き殺すほど強力なレーザーを使わなくてもゴキブリを退治できる可能性があると、Rakhmatulin氏らは結論付けています。

全文はソース参照願います

https://gigazine.net/news/20220929-ai-powered-laser-turret-kills-cockroaches/

動画

https://www.youtube.com/watch?v=VwZunUqHbiU

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1664451410/

続きを読む

1: 名無しさん 2022/09/28(水) 20:40:21.72 ID:CAP_USER
頭頂部が禿げることがある“新型水虫” レスリングや柔道の国際試合経由で日本上陸か

人間は様々な感染症とともに生きていかなければならない。
だからこそ、ウイルスや菌についてもっと知っておきたい──。
白鴎大学教授の岡田晴恵氏による週刊ポスト連載『感染るんです』より、アタマジラミについてお届けする。

 * * *
近年、学校現場(特に中学・高校)で“新型水虫”という言葉を耳にします。

医学用語ではありませんが、そのような名前で呼ばれている皮膚真菌症の頭部白癬(しらくも)や体部白癬(たむし・ぜにたむし)の集団発生が報告されるようになっています。
学生さんが感染すると、家庭などで家族や周囲の人にこの新型水虫を拡げることになりますから、決して他人事ではありませんね。

(以下略、続きはソースでご確認ください)

news-postseven
https://www.news-postseven.com/archives/20220927_1796299.html

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1664365221/

続きを読む

↑このページのトップヘ