科学ニュース速報

「科学ニュース」をまとめています

2022年10月

1: 名無しさん 2022/10/29(土) 21:04:27.43 ID:Sisdu6/L
「葉酸」サプリで自殺や自傷行為が半減するとの研究結果

日本では15~39歳までの年代における死因のトップが自殺で、自殺が若者の死因の第1位なのは先進国では日本だけだといわれています。
そんな自殺の対策として、意外な栄養素である葉酸が有効な可能性があることが判明しました。

Association Between Folic Acid Prescription Fills and Suicide Attempts and Intentional Self-harm Among Privately Insured US Adults | Nutrition | JAMA Psychiatry | JAMA Network
https://doi.org/10.1001/jamapsychiatry.2022.2990

(以下略、続きはソースでご確認ください)

Gigazine
https://gigazine.net/news/20221029-folic-acid-decreased-suicide/

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1667045067/

続きを読む

1: 名無しさん 2022/10/29(土) 21:02:39.81 ID:Sisdu6/L
「孤独」が糖尿病の発症リスクを2倍に高めることが明らかに

2型糖尿病は血中糖度を下げるホルモン・インスリンが十分に分泌されなかったり作用しなくなったりすることで血糖値が高くなってしまう病気で、末端神経障害や視力低下などの合併症を引き起こします。
2型糖尿病の発症リスクは普段の生活習慣や遺伝的要因で高まることがわかっていますが、新たに「孤独であること」もリスクを高めることが研究で示されました。

Loneliness increases the risk of type 2 diabetes: a 20 year follow-up – results from the HUNT study | SpringerLink
https://doi.org/10.1007/s00125-022-05791-6

(以下略、続きはソースでご確認ください)

Gigazine
https://gigazine.net/news/20221029-loneliness-diabetes/

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1667044959/

続きを読む

1: 名無しさん 2022/10/27(木) 23:07:24.63 ID:OomU4LMH9
東洋経済オンライン

少し前になりますが、猫にかまれたことをSNSで報告して、その後急死された方がニュースで取り上げられていました。ご遺族の方は、猫と関係ないと発表されています。しかし、猫や犬を飼っている人にとっては気になるもの。実際、仕事で猫にかまれたり、ひっかかれたりすることが多い筆者は、「猫にかまれたら、命の危険があるの?」との質問を猫や犬を飼っている人から多く受けました。実際のところはどうなのでしょうか。

■少ないが、死亡例もある

そんなに例は多くありませんが、猫にかまれて亡くなった事故は起こっています。国立感染症研究所の「病原微生物検出情報(IASR)」月報(2019年7月号)は、以下のように報告しています。

患者は外の猫に餌やりをしていた人でした。いわゆる「餌やりさん」です。生来健康な50歳代の女性でしたが、餌付けしていた猫にかまれた2日後に、発熱、食欲低下、 嘔吐などの症状がありました。血液検査で白血球減少と血小板減少が認められ、症状が悪化し死亡しました。

病理解剖から、 SFTS(重症熱性血小板減少症候群)が疑われ、病理検査の結果でSFTSが原因であったことが明らかになりました。患者をかんだネコもSFTSウイルス(SFTSV)感染症を疑わせる症状があり、検査結果からも女性は猫からSFTSを感染したと考えられています。

つまり、SFTSVを原因とするマダニに刺された猫や犬にかまれた場合は、人命にかかわるということです。このようなことから、SFTS感染地域の野良猫は、SFTSウイルスを持っていることがあるので、かまれると命の危険があるといえます。

SFTSによる感染症は、 国内では年間50~100人程度の患者が発生していています(2014年5月1日までに届出・確認されている患者数は59例。都道府県別で最も多いのが宮崎県の13例)。その多くが、マダニですが、犬や猫の唾液からも感染するということなので、注意が必要です。

猫ではないのですが、フェレットにかまれて亡くなった警察官の例があります。

続きは↓
https://news.yahoo.co.jp/articles/e7e640dd0331d83b4045ceb89abdef09218676e7

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1666879644/

続きを読む

↑このページのトップヘ