1: もろ禿 ◆SHINE.1vOk もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2015/11/03(火) 22:02:44.41 ID:???.net
5マイクロ、超小型カプセル 京都工繊大など、経口薬に応用期待 (京都新聞) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151103-00000018-kyt-sctch


no title

電子顕微鏡で撮影した立方体の殻(森教授提供)


体に有用な酵素などをマイクロサイズの内服用カプセルに包む技術を、京都工芸繊維大の森肇教授と東京工業大の上野隆史教授の研究グループが開発した。頑丈なウイルスの殻に酵素を入れ、腸などでうまく溶け出すよう工夫。口から飲み込む薬やワクチンへの応用が期待できるという。独化学誌にこのほど発表した。
昆虫に感染するウイルスには、一辺約5マイクロメートルの立方体で頑丈な殻を作る種類がある。殻と酵素などのタンパク質を同時に合成し、殻中に保存する技術は確立していた。しかし殻が頑丈で体内では溶けにくく、酵素などを包んで飲み込むには不向きだった。
森教授らは強度を落とすため、殻を構成するアミノ酸約250個のうち一つの種類を入れ替えて、殻の溶け方を観察。その結果、ある種類に入れ替えた殻は、ヒトの腸内に近い環境でも溶けるようになった。また、乾燥に強い殻の性質も一定保たれるなど、壊れにくさは維持できた。
森教授は「簡単な操作で、小さくて安定したカプセルにタンパク質を保存できる技術を確立した」としている。

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1446555764/
 
2: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/11/03(火) 22:04:11.90 ID:tRUuaMQH.net
きんつば食べたくなった。


3: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/11/03(火) 22:29:06.20 ID:+qhMZEoP.net
天冥の標思い出した


8: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/11/04(水) 01:54:44.18 ID:21lQHnGZ.net
わざわざキャプシドを使ってまですることが腸管へのデリバリー?
何かメリットがあるのか?


10: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/11/04(水) 03:44:22.78 ID:IpPG5twx.net
凄いけど実用性は無さそう


スポンサーリンク