1: もろ禿 ◆SHINE.1vOk もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2015/11/07(土) 10:31:31.18 ID:???.net
「重力波」世界初観測へ 望遠鏡が完成 NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151106/k10010296461000.html
宇宙の謎解明なるか? 「重力波」検出目指す観測施設「かぐら」が岐阜に完成 アインシュタインが存在予言 (産経新聞) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151106-00000519-san-sctch


no title


no title

重力波観測の仕組み(写真:産経新聞)


アインシュタインが存在を予言した「重力波」と呼ばれる現象を観測しようと、東京大学などが岐阜県の山の地下深くに建設した巨大な観測装置が完成し、報道関係者に公開されました。
かつて重力波が直接捉えられたことはなく、世界が100年越しで挑んできた物理学の難題の行方に注目が集まっています。

1915年から1916年にかけてアインシュタインが発表した「一般相対性理論」では、質量がある物質はすべて空間をゆがめているとされ、物質が動くと空間のゆがみが「重力波」という波として伝わると予言されています。
しかし、極めて重い星が爆発しても、伝わってくる空間のゆがみは、太陽と地球の間の距離が水素の原子1個分伸び縮みする程度と考えられ、世界でも直接観測できた例はありません。
このため東京大学宇宙線研究所などでは、世界に先駆けて重力波を捉えようと、岐阜県飛騨市の山の地下深くで巨大な観測装置の建設を進めてきました。
完成した装置は「重力波望遠鏡」と呼ばれ、長さ3キロある2本のパイプがL字型につなげられていて、この中でレーザーを使って精密に距離を測ることで、重力波による空間のゆがみを捉えます。
重力波を捉えることで、世界が100年越しで挑んできた「一般相対性理論」の難題が確かめられるほか、将来は宇宙誕生の謎にも迫ることができると期待されています。
重力波望遠鏡は、試験運転を経て、2年後には本格的な観測を始める計画ですが、アメリカやヨーロッパも初観測を目指していて、研究競争の行方にも注目が集まっています。
.

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1446859891/
 
2: もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2015/11/07(土) 10:31:49.16 ID:???.net
ノーベル賞選出の梶田さん「正念場」

重力波望遠鏡の計画を中心的に進めてきた東京大学宇宙線研究所の所長で、ことしのノーベル物理学賞に選ばれた梶田隆章さんは、「多くの国民の理解がないと、このような施設は認められない。
基礎科学の研究を進めることを許すような国民の理解が非常にありがたい」と話していました。
そのうえで、「観測に向けては、これからが正念場です。今後数年間が非常に重要な期間となります」と本格的な観測開始に向けて気を引き締めていました。


物理学の難題 重力波とは

アインシュタインが発表した「一般相対性理論」は、宇宙の数多くの現象を言い当て、現在の物理学の土台となっていますが、予言された現象の中で唯一確かめられていないのが「重力波」です。
「重力波」は、質量がある物質が動いた際に空間のゆがみが波となって光の速さで周囲に伝わるというもので、何にも遮られることはないとされています。しかも、空間のゆがみは極めて小さいため、理論の発表から100年になる現在も重力波を直接観測した例はなく、成功すればノーベル賞級の成果と言われています。
今回完成した重力波望遠鏡は「KAGRA(かぐら)」と呼ばれ、極めて小さな空間のゆがみを捉えるため、振動や温度変化の少ない地下200メートル以上のトンネルの中に設けられました。さらに、装置の中は真空に保たれ、レーザー光線を反射する鏡は分子の振動を抑えるためにマイナス253度まで冷やされます。
重力波を直接捉えることができれば、「一般相対性理論」の最後の難題が確かめられるだけでなく、強力な重力で光さえも飲み込んでしまうブラックホールの誕生の瞬間を直接観測できるようになるなど、天文学に新たな観測手段をもたらすことにもつながると期待されています。
一方、欧米でも重力波の初観測に向けて大規模な観測装置が建設されていて、国際間の研究競争は激しさを増しています。


天文学の飛躍的発展に期待

「重力波」を直接捉えられるようになると、天文学の分野でも飛躍的な発展につながると期待されています。
古代、天文学の起源は、星が放つ目に見える光の観測でした。現在も光の分析は、星の温度や物質の構成のほか、ブラックホールの研究にも利用されています。
一方、「ビックバン」の名残などとして宇宙には電波が飛び交っていて、20世紀に入ると、こうした電波をはじめとした電磁波を捉える研究が進み、光では見ることができない、さまざまな天体現象の発見につながりました。
その次の観測手段として注目されているのが、「素粒子」、とりわけ宇宙の初期に大量に作られた「ニュートリノ」です。ニュートリノはさまざまな物質の影響を受けにくく、宇宙が誕生したときの状態を今もとどめていると考えられているため、これを観測することで、宇宙の誕生と進化の過程の解明につながると期待されています。
そして、光、電磁波、素粒子に続く第4の観測手段が「重力波」です。重力波は何にも遮られることなく宇宙を伝わるので、この観測に成功すれば、強力な重力で光さえも飲み込んでしまうブラックホールの誕生の瞬間など、従来の手段では見ることができなかった新たな宇宙の姿を捉えられると期待されているのです。



6: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/11/07(土) 10:41:21.23 ID:PjvXqgtE.net
1億5000万kmを3kmで観測するって、水素原子の大きさの5000万分の1の距離を観測するのか

11: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/11/07(土) 10:50:24.49 ID:g8EXEhJM.net
>>6
距離も時間も直接測るのは無理なレベルだから
干渉を使うんだろうな
反射して帰ってきた光と元の光を重ねて
波が強めあったり弱まったりする度合いを測る
まさに現代版のマイケルソン・モーリー実験だ



8: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/11/07(土) 10:48:30.75 ID:BOemkGyf.net
重力波の有無を確かめる装置の仕組みの簡単な説明をニュースで見たが
仮に装置に反応があったとしても、それが即、重力波の存在を示す証拠にはならんのじゃないかと思った
他の現象の影響かもしれないと感じたのは理解不足なのかな?

12: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/11/07(土) 10:51:45.72 ID:g8EXEhJM.net
>>8
「ほかの現象」の影響を極力なくすため
こんな地下深くに作るんだよ
地震の影響はもちろん地震計で除外する



16: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/11/07(土) 11:02:35.97 ID:XIeub+Rh.net
重力波とらえたら
またノーベル賞やな



28: 名刺は切らしておりまして@\(^o^)/ 2015/11/07(土) 11:19:01.41 ID:Bw33nA/S.net
三鷹の国立天文台にも同じ原理の重力波検出装置があるけど、
実際測定出来てるのかどうか、結果がさっぱり出てこないね。

31: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/11/07(土) 11:36:38.33 ID:mMXDGdrB.net
>>28
あれはプロトタイプみたいなものでしょ



36: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/11/07(土) 11:51:49.43 ID:tRdm4MqZ.net
俺も物理好きだから、こういうの建ててどんどん面白い実験観測して宇宙の神秘を解明して自然科学を発展させて欲しい。

と、思う反面、これが世の中の何の役に立つの?という人たちの気持ちもわからんではない。
まあ、世の中に役立つかどうかはこの人たちの役目じゃないんだけど。
相対性理論だって、発表された当初はそんなもんで世の中なんも変わらんわ!と思われてたけど、今になればこれがないとGPSとか動かんからなぁ。


39: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/11/07(土) 12:02:55.28 ID:71p1PHWs.net
科学研究を「何の役に立つの」なんて言ってたら現代文明なんて存在してないよな
ニュートンもアインシュタインも自然界の法則を探究して物理理論を構築したんであって
「役に立つから」なんて目的で研究した訳じゃ無い


40: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/11/07(土) 12:04:10.22 ID:83hMXjrj.net
科学はあらかじめ何かの役に立つとわかった上で、研究をするものばかりではないからな
燃料電池だって、基本原理が発見された頃は、特に何の役にも立たなかったし(当時、日本は江戸時代)
それから約200年経って、ようやく民生用として広く普及しだした


スポンサーリンク