1: 白夜φ ★@\(^o^)/ 2016/12/04(日) 22:46:25.58 ID:CAP_USER
機械学習で作った簡易的な人工知能で界面の構造を予測
~22年かかる計算を3時間で~

ポイント

・界面は表面と同じく結晶の欠陥であり、電気的、機械的物性と密接に関わっています。
しかし、物理学者のヴォルフガング・パウリ(ノーベル物理学賞1945年)が「結晶は神がつくり、表面は悪魔がつくった」と表現するほどに欠陥の構造が複雑で、予測は困難でした。
今回、機械学習によりその欠陥構造を予測することに成功しました。

・機械学習により、物質の界面構造を予測する「回帰器」という簡易的な人工知能を作製しました。この「回帰器」を用いることにより、従来の手法では22年かかる計算を3時間程度で終えることができました。

・今回開発した手法を利用することで、優れた物質の開発が加速されることが期待されます。

東京大学 生産技術研究所の溝口 照康 准教授、大学院生の清原 慎らの研究グループは、機械学習注1)の技術を活用して、物質の界面注2)の構造を高速に予測することに成功しました。
界面は結晶に現れる欠陥で、その界面の構造はその物質の電気的、機械的物性と密接に関係しています。
しかし、界面には無数の種類が存在し、さらにその一種類の界面だけでも、数千~数万個という膨大な数の候補構造が存在しています。
従来はそれらの候補構造をすべて計算注3)し、その中から最も安定な界面構造を決定するため膨大な量の計算が必要でした。

本研究グループは、機械学習の分野で用いられている仮想スクリーニング注4)という手法を利用しました。
仮想スクリーニングでは、コンピューターがデータを学習して「回帰器:Predictor」注5)という「器」を作製します。
この回帰器は簡易的な人工知能であり、一度作製すれば結晶構造データから界面構造を予測することができます(図)。
つまり、膨大な計算を行うことなく、この「器」を通すだけで安定な界面構造を予測することができます。
この手法を用いることで、単純計算では22年かかるような計算を、わずか3時間で終えることに成功しました。

界面は表面と同じく結晶の欠陥であり、1945年にノーベル物理学賞を受賞した物理学者のヴォルフガング・パウリ(Wolfgang Pauli)は、「"God made the bulk, surfaces were invented by the devil."~結晶は神がつくり、表面は悪魔がつくった~」と欠陥構造の複雑さを表現しました。
今回の研究では、機械学習の手法を利用することで「回帰器」を作製し、界面構造を短時間で作ることができることを実証しました。

本研究成果は平成28年11月25日午後2時(米国東部時間)に、米国サイエンス誌「Science advances」オンライン版に掲載されます。
(引用ここまで 以下引用元参照)

▽引用元:科学技術振興機構(JST) 平成28年11月26日
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20161126/

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1480859185/
 
2: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/12/04(日) 22:49:52.25 ID:Qd+4t0Qs
いまだにAIの定義が分からない

3: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/12/04(日) 22:51:10.85 ID:dWr9HQAI
偶然性を織り込んだアルゴリズムをなんでもAIと呼ぶ風潮

6: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/12/04(日) 22:54:25.75 ID:gE09J5MS
膨大な実施例がないとできないんだろ?

7: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/12/04(日) 22:59:49.72 ID:pmTznx5Q
基本的な計算プログラムを組んでいるのは人間ですねと

12: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/12/04(日) 23:05:25.54 ID:wGiGYY83
要は構造を明かにするために手入力やらで構造定義や手間暇かけていたものが
画像入力や構造データからあっという間に特徴が抽出できましたってこと。

13: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/12/04(日) 23:06:54.36 ID:wNI70usg
どんな製品に使われるんだ

15: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/12/04(日) 23:19:19.60 ID:PfL5qUXt
これにより欠陥構造の研究が進み
宇宙エレベーター用カーボンナノチューブが実現されるのれすね!

スポンサーリンク