1: 白夜φ ★@\(^o^)/ 2016/12/23(金) 22:49:48.95 ID:CAP_USER
ストラディバリウス、音色の秘密は防虫処理? 木片分析

バイオリンの名器ストラディバリウスの独特の音色が生みだされるのに、材料の木材に防虫目的で塗り込まれた化学物質が影響している可能性があることがわかった。
台湾大などの研究チームが、名器から削り取った木片を分析し、現代のバイオリンと比べた。
米科学アカデミー紀要(電子版)に論文を発表した。
 
ストラディバリウスは、イタリア・クレモナの楽器職人アントニオ・ストラディバリ(1644~1737)が作ったバイオリンやビオラなどの弦楽器。
深みのある低音や透き通った高音が高く評価されている。
世界に数百丁しか現存していないとされ、高価なものは10億円以上の値で取引される。
--- 引用ここまで 以下引用元参照 ---

▽引用元:朝日新聞DIGITAL ワシントン=小林哲 2016年12月23日21時32分配信記事
http://www.asahi.com/articles/ASJDQ2CT9JDQUHBI00P.html
代表的なストラディバリウスのバイオリン。分析に使用したものとは異なる=台湾大などの研究チーム提供
no title


▽関連
December 19, 2016, doi: 10.1073/pnas.1611253114
PNAS December 19, 2016
Chemical distinctions between Stradivari’s maple and modern tonewood
http://www.pnas.org/content/early/2016/12/13/1611253114.full

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1482500988/

 
4: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/12/23(金) 22:54:27.09 ID:PL8J9OKd
ちげーよ

寒冷地の樹木で目が詰まってるおかげだよアホ
今そういう材を探しても無理

7: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/12/23(金) 22:59:42.78 ID:sm3gL4jf
>>4
たしか1500年代に育ったもみの木が目が詰まってるから
とかいってたよね。

50: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/12/24(土) 05:13:05.11 ID:h60+dw3m
>>4
そういう話なら、
同時代のストラディバリ以外の職人が作っても
同じ傾向になるんじゃないか?


5: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/12/23(金) 22:55:26.78 ID:kE+vP1ka
防虫目的って それ後からじゃないかな?

10: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/12/23(金) 23:04:02.30 ID:LN8W1jSh
昔から色々言われてるけど
現代の腕利き制作家の手によるものと比べてどちらが良いかは
実際の所優劣つけがたいって話だし
「ストラディバリだから悪い音は出ないという自己暗示や安心感で演奏が良くなる効果が大きい」
なんて演奏家自身言ってたりするけどね

11: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/12/23(金) 23:09:57.56 ID:s/4WvWMh
あれは骨董品としての希少価値があるだけで
音自体に関しては大したことないのが現実
100万円のケーブル使って音が良くなったと思っているオーオタと同じ原理

12: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/12/23(金) 23:10:54.87 ID:bTQrRJO2
素人にはヴァイオリンの音の良し悪しはわからない。
音の違いはわかるが、それが良いか悪いかの判断が出来ない。

13: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/12/23(金) 23:12:20.64 ID:EDajWASM
ブラインドテストだと最下位に近くて現代の名工の作る物に劣るんだよな

16: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/12/23(金) 23:23:47.69 ID:RRIqoRjO
ニスとか木に塗った物質は音質と無関係!という論文を5年くらい前に見たぞ!www
おいおい

34: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/12/24(土) 01:22:08.49 ID:DY5cvGbZ
成分分析できたのなら、それで実際に音色に差が出るのか試せばいいのでは?(金は掛かるだろうけど。)

というか、この手の研究って成分に差があることは言っても、それが音色に差を与えるかどうかは検証していないからな。

36: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/12/24(土) 01:49:23.21 ID:4re3D8NP
今まで幾つか説を書いた記事を呼んだが、再現性、複合的効果、価格、知名度による心理効果
その他、色々あると思うので、完璧な科学的解明は不可能なんじゃないかと思ってる

スポンサーリンク