1: \(^o^)/ 2017/05/16(火) 19:19:11.44 ID:CAP_USER
5月16日 6時00分
てんとう虫が飛ぶときに使う「後ろばね」と呼ばれる薄いはねが固いはねの下で折り畳まれる様子を解明することに、東京大学の研究者らが初めて成功し、研究グループは、開閉や伸縮が必要な工業製品などへの応用につながる成果だとしています。
てんとう虫が「後ろばね」を折り畳む動作は、「さやばね」と呼ばれる固いはねの下で行われるため、本来は見ることができませんが、東京大学生産技術研究所の斉藤一哉助教らのグループは、透明な樹脂で作った人工の「さやばね」を生きたナナホシテントウに移植することで、後ろばねの観察に初めて成功しました。

その結果、ナナホシテントウは、飛ぶときに使った後ろばねを、さやばねと腹部を動かして体の形に合わせて大きく2か所で折り畳み、およそ3分の1の大きさにしていることがわかったということです。

さらに、微細な構造を調べる「マイクロCTスキャナー」を使って後ろばねの構造を調べたところ、はねの縁には2本のテープ状のバネのような構造が見られ、これが一気に伸びることで、はねがスムーズに広がっていることがわかりました。

昆虫のはねは、単純な構造にもかかわらず、小さく折り畳まれた状態から一瞬で大きく広げられることから、開閉や伸縮が必要な工業製品などへの折り畳み方の応用が期待されています。

斉藤助教は「てんとう虫ははねの畳み方が比較的単純で、強度も十分備えている。複雑な部品を組み合わせなくても特徴の似た素材を見つけ出すことで、人工衛星の太陽光パネルや医療用の機器などに応用が広がるだろう」と話しています。

この論文は、日本時間の16日、アメリカの科学雑誌「米国科学アカデミ-紀要」のオンライン版に掲載されました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170516/k10010982931000.html

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1494929951/


3: \(^o^)/ 2017/05/16(火) 19:26:11.15 ID:xfgVhzJ1
折りたたむの失敗してはみ出てるのがいるよな
一気に折りたたむ部分とジワーっとたたむ部分があるのかな?

19: \(^o^)/ 2017/05/16(火) 20:23:22.50 ID:IK2ESEo1
>>3
いるいるw
結構な割合で居るんじゃないか?
よく見るぞ。
なんかこう直してやりたくなるんだよなあ、あれ見ると落ち着かない。


4: \(^o^)/ 2017/05/16(火) 19:32:38.62 ID:iPxiM2u5
なにがヤバイってさなぎの時に中身ドロドロからこの折りたたみ構造まで作られるって事よ
物理法則や自然現象的に考えてどういう動きが続けばそんなものが出来上がるんじゃ

6: \(^o^)/ 2017/05/16(火) 19:35:48.27 ID:Kp+/MUah
前に、ハネカクシが羽を折り畳む時の様子を
研究してる人のドキュメント番組をやってた
けど、昆虫って本当によく出来てるのね。
ファーブルが昆虫の複雑さを理由に進化論を
否定してた気持ちもわかるわ。

11: \(^o^)/ 2017/05/16(火) 19:48:08.84 ID:GxXxP6A3
びっくりするほどの量(っていうの?・・)の羽が
折りたたまれてるよね。びっくりしたことある。

13: \(^o^)/ 2017/05/16(火) 20:04:12.76 ID:eD/J1tnE
研究の成果が出れば、
小林幸子にもっと大きな衣装がもっと効率的に組み込めるってことだな。

14: \(^o^)/ 2017/05/16(火) 20:06:00.51 ID:bh2n7n8d
昆虫は機能的すぎてな
神様の導きにしか見えない

15: \(^o^)/ 2017/05/16(火) 20:06:55.95 ID:V3ZI5aQj
折り紙のプロとか一枚で人形みたいなの作ったりするんだから
工業製品についてならそっちも参考にしてもいいと思う

18: \(^o^)/ 2017/05/16(火) 20:18:03.88 ID:cYpnTih6
昆虫とか甲殻類なんて地球外生命体としか思えないほど独自の進化だよな

23: \(^o^)/ 2017/05/16(火) 20:43:40.61 ID:a3++2f+E
あんなに小さいのに精密で凄いなぁ
洋服なんかに付いてたときに指先で弾き飛ばしてゴメン

スポンサーリンク