1: \(^o^)/ 2020/02/14(金) 15:09:16.76 ID:Wij+XCo99
マルハナバチは、地球上で最も重要な「送粉者」の1つだ。毛に覆われた体でブンブン飛び回り、野生の植物はもちろん、トマトやブルーベリー、カボチャなどの農作物の授粉を担う。(参考記事:「花粉の運び屋たち」)

しかし、マルハナバチは窮地に立たされている。新たな研究により、マルハナバチの数は昔よりはるかに減っていることが明らかになった。北米のどの地域においても、1974年以前に比べ、50%近く減少しているという。(参考記事:「北アメリカでマルハナバチが激減」)

さらに、以前はよく見られた数種が生息地から姿を消し、局所的な絶滅が起こりつつある。例えば、カナダのオンタリオ州で繁栄していたマルハナバチの一種、ラスティーパッチド・バンブルビー(Bombus affinis)は、もはやカナダ全土で見られなくなり、米国では絶滅危惧種に指定されている。(参考記事:「マルハナバチの1種が絶滅危惧種に、米国で初」)

2月7日付けで学術誌「サイエンス」に発表された新たな論文によると、マルハナバチの大規模なデータを使ってモデル化処理を行ったところ、マルハナバチの減少は、気候変動が大きな原因であるとする結果が出た。

具体的には、直前の世代で気温が上昇した地域や、極端な高温に見舞われた地域で、マルハナバチが減少していることが判明した。ヨーロッパでは、20世紀初頭に比べて17%減少していた。論文では、北米とヨーロッパにおける66種のマルハナバチについて調査した。

今回の研究は、「気候の混沌」がマルハナバチ減少の最大の原因であることを示していると、研究リーダーを務めたカナダ、オタワ大学のピーター・ソロアイ氏は語る。

「マルハナバチの減少は、この昆虫がこれまで経験したことのないような高温と関連しています」と同氏は話す。ある地域から姿が消えたということは、他の場所に移動したか、死に絶えてしまったかのいずれかだ。

続きはソースで

no title

https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/20/021000088/

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1581660556/

スポンサーリンク
2: \(^o^)/ 2020/02/14(金) 15:10:12.46 ID:D1/Tm+Ib0
ミツバチが全滅したら

人類も全滅する可能性あるからな

6: \(^o^)/ 2020/02/14(金) 15:12:51.29 ID:i6BU8v0j0
南極で史上初気温20度越えたらしいからな

11: \(^o^)/ 2020/02/14(金) 15:17:58.57 ID:4gEXhe7z0
マルハニチロかと思った

12: \(^o^)/ 2020/02/14(金) 15:19:40.97 ID:D8tkjj2K0
耐熱型マルハナバチが生まれるまでピンチが続く

44: \(^o^)/ 2020/02/14(金) 16:06:58.01 ID:dwJO8uVj0
>>12
別のハチや蝶が増えるのでは?

13: \(^o^)/ 2020/02/14(金) 15:19:41.84 ID:rFcOw5Yn0
温室で働いているのに?
寒いところで働かせろと。

43: \(^o^)/ 2020/02/14(金) 15:53:40.55 ID:LYZePcLT0
>>13
温室で働いているのは別の種類
これは野生種の話し
日本にいる種も北海道と九州にいる種は違うから
北海道のマルハナバチを埼玉県あたりに持ってきても繁殖できずに死んでしまう

16: \(^o^)/ 2020/02/14(金) 15:22:16.22 ID:j4jAK0mO0
地球が今よりもっと暑かった時代から生き続けてる生物だろ?

39: \(^o^)/ 2020/02/14(金) 15:50:30.97 ID:pVjF/oCP0
部屋に入ってきたことがある
重低音の羽音が壊れた原チャリの
ようだった

42: \(^o^)/ 2020/02/14(金) 15:53:25.56 ID:iYHexo6U0
まだロボット蜂はつくれそうにもないからな。

46: \(^o^)/ 2020/02/14(金) 16:16:17.74 ID:z0UJYz9o0
画像のとはちょっと違うけど日本にいる特定外来生物のセイヨウオオマルハナバチもそうなのかな
尻が白くてでかくて丸くてもふもふしてる
ほんとは駆除対象なんだけど温厚だしかわいい

スポンサーリンク