1: 名無しさん 2020/03/24(火) 13:35:23.54 ID:CAP_USER
新型コロナウイルス感染者数のデータに対するいくつかの初期分析によると、患者の発生数には気温と湿度が関係しており、パンデミックが夏には抑制される可能性がある。しかし、人口密度や医療の質、政府の対応といった他の要素も感染状況に影響を与えており、その効果は気候よりも大きいかもしれない。

新たな初期研究によると、高い気温と湿度が新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染率の低さに関係しているという。この仮説はもっともらしく聞こえる。例えば、インフルエンザウイルスに対する気候の影響は理論として定着しているし、SARS(重症急性呼吸器症候群)コロナウイルスでもその可能性が示されている。

ジョンズ・ホプキンス大学がまとめたデータに基づいてマサチューセッツ工科大学(MIT)が実施した直近の分析の多くでは、アウトブレイク時に気温が摂氏3~13度だった地域で、最大数の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が発生していることが判明した。これに対し、平均温度が摂氏18度を上回る国では全体の5%未満しか症例が発生していない。このパターンは米国でも見られ、テキサスやフロリダ、アリゾナといった南部の州では、ワシントンやニューヨーク、コロラドなどの北部州よりも拡散のペースが遅い。国の南北に伸びるカリフォルニア州の拡散ペースは両者の中間だった。

他の2本のプレプリント(査読前論文)でも似たような結論がでている。スペインとフィンランドの2人の研究者が3月16日に投稿した論文によると、これまでの世界の陽性症例の95%が、摂氏-2度から10度の気温(MITの分析結果と密接に関連する)および乾燥した環境で起こっていることが分かったという。中国の北京航空航天大学の研究者が率いるチームが今月投稿した論文でも、同国内の都市での感染率に注目している。政府の介入がない状態のアウトブレイク初期段階において、温暖で湿度の高い都市でのウイルス拡散は、寒冷で乾燥した都市よりも遅かった。

しかし、いずれの論文も査読前のものであり、上記の相関関係は、正しい因果関係ではなく、互いに影響を及ぼし合う変数の偶然の副産物である可能性もある。例えば、パンデミック(世界的な流行)に対する各国の対応は異なっており、それも感染の差に影響している可能性がある。上記で紹介した中国の論文の研究チームは、アウトブレイク初期のデータを調べることでそうした要素を排除しようとしたが、他の論文ではそのような試みはなされていない。

人口密度や医療の質、政府の対応といった他の要素も感染状況に影響を与える。その効果は気候よりも大きいかもしれない。ハーバード大学公衆衛生大学院の感染症ダイナミクス・センター(Center for Communicable Disease Dynamics)のマーク・リプシッチ所長は、最近投稿した記事でそのような分析に同調し、「気温や湿度の高い気候において、新型コロナウイルスの感染力が穏やかに下がっていくことは期待できるかもしれないが、それらの漸減だけで、感染数を大きく減らすのに十分なほど感染速度が遅くなるのを期待すべきではない」と記している。

つまり北半球にとっては、今後の展望が大きく変わることはなさそうだということだ。各国政府が引き続き、人の行き来を減らすためにできることを実行する一方で、各人は「社会距離戦略」を実践して大流行のカーブを平らにする必要がある。気候がウイルス抑制に本当に効果があるのであれば、自然も味方してくれるだろうという程度に考えておいた方がよい。

https://www.technologyreview.jp/s/193834/warmer-weather-could-slow-the-spread-of-the-coronavirus/

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1585024523/

スポンサーリンク
2: 名無しさん 2020/03/24(火) 13:36:21.34 ID:xibgBvnd
中東も雨季が終わったら収束に向かうだろう

3: 名無しさん 2020/03/24(火) 13:37:35.20 ID:GEaP4zc9
いまちょうど夏~秋の南半球で感染が広がってる。
以上

4: 名無しさん 2020/03/24(火) 13:40:21.30 ID:k1aGdCVY
インフルの流行が毎年型が変わるように
コロナもA型とか1型とか毎年違うのが出てくる

8: 名無しさん 2020/03/24(火) 13:45:42.63 ID:tTOfEFTy
SARSのピークは5月
梅雨頃には収束してるだろ

35: 名無しさん 2020/03/24(火) 14:58:12.34 ID:QlD/AFTG
>>8
なげーよ

110: 名無しさん 2020/03/24(火) 19:36:14.59 ID:/7lZ46PY
>>8
というよりSARSとは比較性すらない。
当初、コロナはSARSより感染力が弱いとの見解で楽観視して、その初動の誤りが非常に大きな失敗だったと思うね。

11: 名無しさん 2020/03/24(火) 13:52:36.73 ID:YldcDghQ
収束まではいかなくても、
勢いは殺されるでしょ。
暖かい地域はやはりウィルスの勢いは弱い。
そうじゃなければアフリカや中南米はもっと酷いことになってる。

17: 名無しさん 2020/03/24(火) 13:58:48.85 ID:KooHjRka
気温も重要かもしれないけど湿度の方が重要な気はするな
シンガポールとかを引き合いに出すケースもあるけど、東南アジアの多湿国は
エアコンの効いた屋内で活動する時間が多いから広まったんじゃないかと
伝統的な日本家屋だと梅雨を境に沈静化しそうに思う
最近はマンションとかS造の戸建が主流だから都市部は関係なさそうだけど

19: 名無しさん 2020/03/24(火) 14:00:16.40 ID:visSb2h9
楽観論イラネ

26: 名無しさん 2020/03/24(火) 14:27:52.01 ID:+/ucqEAd
>>19
これです
こういうのは都合の良い方に考えると良い事ないわ
最悪の事態を想定した方が悪くないだろう

31: 名無しさん 2020/03/24(火) 14:45:28.02 ID:76YskPXW
温度による違いがないとは言わないけど、
既に判明している通り、主に換気だと思うよ

夏に止むというより窓を開け放つ季節には勢いがやわらいで
またエアコンガンガン使う季節になったら悪化しそうなお棺

74: 名無しさん 2020/03/24(火) 16:59:43.09 ID:BGjoUdFr
終息はしないけど
感染リスクは減ると思う

77: 名無しさん 2020/03/24(火) 17:06:43.02 ID:bI7hvdm+
市中感染は間違いなく減る
接触感染も起こりにくくはなる
敵は飛沫感染だろう

79: 名無しさん 2020/03/24(火) 17:17:00.78 ID:qzOgnWkW
まだまだ安心してはいけない
マスクを生産するべき 

24: 名無しさん 2020/03/24(火) 14:15:42.60 ID:H6MgrZph
パンデミック無い、人から人、日本人は・・・、ことごとくハズしてるからな
でもお願い今度は当てて

スポンサーリンク