1: 名無しさん 2020/04/03(金) 17:24:06.84 ID:CAP_USER
2020/04/03 03:00

航空機を利用した小型衛星の打ち上げ事業を手掛ける米企業の拠点「スペースポート(宇宙港)」に、大分空港(国東市)がアジアで初めて選ばれた。
離着陸や機体整備などに使われ、早ければ2022年から打ち上げが始まる見通し。小型衛星は気象観測や測位、通信などの分野で世界的に需要が高まる。
実現して軌道に乗れば、大分県内での関連ビジネス拡大など産業振興が期待できそうだ。
米企業はヴァージン・オービット社。音楽や航空事業などを世界展開するヴァージングループ傘下で、商用や政府用の需要が増す小型衛星の打ち上げサービスを始めるため2017年に設立された。ロサンゼルスが拠点。
「水平型打ち上げ」と呼ばれる方式を取る。改良した航空機に小型衛星を格納したロケットをつり下げ、空港から離陸後に太平洋上などで発射。宇宙空間でロケットから衛星を切り離す。ロケットに搭載可能な重さは500キロまで。

全文は下記URLで

https://www.oita-press.co.jp/1010000000/2020/04/03/JD0059114223

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1585902246/

スポンサーリンク
14: 名無しさん 2020/04/03(金) 21:34:41.37 ID:V3TmkB/u
>>1
いいね! (・∀・)

7: 名無しさん 2020/04/03(金) 18:33:40.44 ID:if3BovUB
ヴァージン・オービット 
ギャラクティックとは違うのか。あのイカス飛行機がくるのなら見に行こうかと
思ったのに。

24: 名無しさん 2020/04/04(土) 14:56:29.31 ID:LBu8Iofb
>>7
あれの営業を当てにしてスペースポート誘致した地方都市や
周辺に店だした連中が
未だに何も動きが無いから金欠で困り果ててるらしいで

10: 名無しさん 2020/04/03(金) 18:58:28.04 ID:CGNeLcgK
空中発射ロケットはロマン

決して採算が取れない上に需要も無い。

25: 名無しさん 2020/04/04(土) 14:58:49.94 ID:LBu8Iofb
>>10
ヴァージンの母機は打ち上げが無い時は普通の貨物機として稼ぐらしいで
それで採算が合うかは知らん

11: 名無しさん 2020/04/03(金) 19:45:39.48 ID:PZkdRZZ9
大樹に航空宇宙研究用の大型滑走路整備する計画あるし
そっち使えばいいんじゃ

13: 名無しさん 2020/04/03(金) 21:16:22.59 ID:9cGjZlwf
オカダトシオが

ロケット衛星打ち上げビジネスより
超高空ソーラー・ドローンの方がコスパいいから
ロケットビジネスはお先暗い

と言ってた

15: 名無しさん 2020/04/03(金) 21:45:14.72 ID:CoV3Nr9T
大分空港はお寿司回してるだけの空港だと思ってました

26: 名無しさん 2020/04/04(土) 15:18:13.19 ID:+RKmF+TS
ここの空港のレストランにはチキン南蛮定食があります、けっこうおいしかった

27: 名無しさん 2020/04/04(土) 16:00:13.67 ID:iUhl0RR0
流石大都会大分

ワールドカップ準決勝入れて5試合開催
ホバークラフト復活
そしてアジア初の水平型衛生打上げ
世界一の源泉数、湧出量の温泉別府温泉、(人の入れる温泉)日本2位の由布院

スポンサーリンク