1: 名無しさん 2020/08/31(月) 10:45:22.90 ID:CAP_USER
殺虫剤で死ぬのは害虫だけじゃない。鳥も減っている

鳥まで減っちゃうんじゃ「殺虫剤」じゃないじゃん……。

世界でもっとも一般的に使用されている農薬であるネオニコチノイドは、ミツバチの大量死という悲劇を起こしています。
しかも新しい研究によると、ネオニコチノイドは鳥も同じように危険な勢いで殺しているそうです。
ミツバチだけじゃなく、鳥にとっても悪いニュースだったとは…。

■EUでは使用禁止になっているネオニコチノイド

ネオニコチノイドは、化学的にはニコチンに関連する殺虫剤の一種で、1980年代に初めて農業で使われるようになりました。
もっとも一般的な使われ方としては、種そのものに組み込まれ、発芽して成長する際に植物内に広がることで、害虫から身を守るようにできています。
でも、害虫だけじゃなく、ハチや他の昆虫の個体群に対してもとても有害であることが証明されており、EUは2018年に使用を禁止しました。
しかしアメリカでは、全体的な殺虫剤の使用量が減っているにもかかわらず、農薬業界側の誤情報拡散キャンペーンが功を奏して、この危険な化学物質をより多く使用する傾向にあります。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

ギズモード・ジャパン 8/30(日) 21:30
https://news.yahoo.co.jp/articles/faa1314ebd65afa9bf82e56cf761550a9d59d1ac

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1598838322/

スポンサーリンク
4: 名無しさん 2020/08/31(月) 10:47:24.21 ID:zaXGj1az
>1980年代に初めて農業で使われるようになりました。

5: 名無しさん 2020/08/31(月) 10:47:29.67 ID:IpA8FmT1
沈黙の春

7: 名無しさん 2020/08/31(月) 11:06:15.31 ID:6POAkw2x
まあ昆虫も激減してるから 花粉を運んで暮れる媒体が少なくなれば
人間もお陀仏ってことで

覚悟しとけばいいのかな

8: 名無しさん 2020/08/31(月) 11:08:18.32 ID:YwksB4bh
植物「このホモサピエンスとかいう召使いは有能だと思ってたけど底抜けのバカかも。食い物やるのやめようかな」

10: 名無しさん 2020/08/31(月) 11:11:12.55 ID:bbybK5g6
ガビチョウ(外来種)とかメッチャ増えてるぞ

11: 名無しさん 2020/08/31(月) 11:11:25.73 ID:ALc6z8Ds
先日 庭の植木鉢の花に「花の害虫病気に」スプレーを
ぶっかけ噴射していたら たまたまミツバチと蝶々が飛んできた。
「あこれってヤバいな 虫が花の蜜を吸うと同時に毒物が」と
反射的にそのスプレー剤の噴射を止めたわ。

12: 名無しさん 2020/08/31(月) 11:14:23.02 ID:39RPCQ0S
ハエや蚊用で売ってるピレスロイド系のやつとかはだいじょうぶなの?

18: 名無しさん 2020/08/31(月) 11:19:50.88 ID:IxzScVr1
殺虫剤を使ってる地域なんて割合的にはたかが知れてるんじゃないの

26: 名無しさん 2020/08/31(月) 12:25:19.04 ID:YJHvbQ6e
鳥がもっと本気出して虫を食べないからこういうことになるんだ。
人間だって殺虫剤を使いたくて使っているわけじゃないんだ。

33: 名無しさん 2020/08/31(月) 12:57:00.63 ID:AXD9o33J
>>26
人間が満足するほど鳥が虫食べちゃったら、来年から鳥が食べる虫がいなくて鳥が絶滅しちゃう
すると虫が増えて鳥も増えて虫と鳥にとってちょうどいい数に落ち着くけど
それは人間にとってちょうどいい数ではない

31: 名無しさん 2020/08/31(月) 12:43:57.96 ID:nvcgOFX0
みんなが道の駅でバカのように野菜買うから、農家は「作ったら作るだけ売れるやん?」「化学肥料でもっと採ろうよ」
「大きくて見た目が良けりゃもっと売れるやん?」「虫食い無いほうがもっと売れるやん?」となって、
最初は「無農薬・有機肥料」と意識の高かった農家さんも、「農薬不使用」ー>「減農薬」「必要なときだけ農薬」
ー>「結局普段どおりの農薬」に戻った・・・という話も聞いたな。

スポンサーリンク