1: 名無しさん 2020/10/06(火) 17:36:39.94 ID:oMFnomUD9
時計は1秒、1分、1時間という時間をひたすら正確に刻んでいく。しかし人間は、数秒間の痛みを数分のように、パーティで過ごす数時間をほんの一瞬のように感じることがある。

脳が時間を長く感じたり、短く感じたりする背景には、喜び、痛み、恐れ、年齢など、さまざまな理由がある。そうした「主観的な時間」の仕組みは、まだ完全には明らかにされていないものの、ある研究では、主観的な人生の長さに影響を与える要因に、意外なものを挙げている。「収入」だ。

裕福な人たちの方が平均して長生きであることは、以前から指摘されてきた。一方、最新の研究によれば、変化に富む新たな経験をすると、人間の脳内により多くの「タイムコード(動画で経過した時間を示す数値)」が刻まれることがわかり始めている。

これはつまり、より多くの休暇や趣味を楽しむ余裕があったり、より刺激的な仕事をしていたりする人の方が、過去を振り返った際に、より長く生きてきたと感じる可能性があることを意味する。

「楽しく過ごしているときには、時間は飛ぶように過ぎ去りますが、過去を思い返す場合には、人は退屈な経験と比べて、そうした経験の方をより多く、より長い経験として思い出すのです」。ノルウェー科学技術大学カブリ統合神経科学研究所のヨルゲン・スガル氏はそう述べている。

※省略

スガル氏によると、彼の研究チームは、脳が記憶を形成する際に活性化するニューロンの配列を発見したという。彼らはまず、電極をラットの脳につないだうえで、記憶形成を誘発する実験を行った。

1つ目のテストでは、内部を自由に動き回れる箱にラットを入れておき、その後、ほぼ静止した状態が保たれる「休息箱」へと移動させた。研究者は、2つの箱の間でラットを繰り返し移動させ、ラットが記憶を使ってその変化を予測できるよう促した。

2つ目のテストでは、8の字型の迷路でラットを一匹ずつ走らせた。ラットが迷路を正しい順番で走り抜けると、ごほうびとしてクッキーが与えられる。

結果を分析した研究チームは、内側側頭葉の一部である外側嗅内皮質(がいそくきゅうないひしつ)と呼ばれる部分にあるニューロンは、決して2度にわたって同じように活性化しないことに気がついた。これとは対照的に、隣にある内側嗅内皮質(研究チームが以前より空間との関連を調べていた領域)のニューロンは、繰り返し同じように発火した。

こうしたパターンは理にかなったものだと、スガル氏は言う。なぜなら、人が何度も同じ場所に行くことは可能だが、同じ時間が繰り返されることは2度とないからだ。

この脳領域の活動はまた、ラットがどんな行動をしたかによっても変化した。ラットが自由に走り回っているときには、休んでいるときや迷路を何度も繰り返し走っているときよりも、新たな「タイムコード」がより早く現れた。

スガル氏によると、脳は退屈な瞬間や必要のない瞬間を記憶する時間の無駄を嫌うという。つまり、ラットが自由に、積極的に、変化に富んだ行動をしていたときの方が、より多くの記憶が作られていたと考えられる。

この発見を人間に当てはめてみると、より多くのお金を持っている人は、より多くの新しい経験をお金で買え、より多くのタイムコードを生み出せる、ということになる。

また、実際に何らかの作業をしている際の短期的な「作業」記憶と、後から思い出す長期的なエピソード記憶には違いがあると、スガル氏は言う。

例えば、つまらない講義を聞いている大学生には時間が永遠のように長く感じられる一方で、面白い講義を聞いている学生には、時間はあっという間に感じられるだろう。しかしながら、そうした時間を後から振り返った場合、タイムコードを少ししか生み出さなかった退屈な授業は心の中から消えてしまうのに対し、あっという間に感じられた魅力的な授業は多くの記憶に満ちており、その結果、長い時間だったように感じられるという。

※省略

一方、アルスティラ氏は、お金をあまり持たない人の方が、人生における退屈な時間や単調な時間から逃れるためのチャンスやリソースが少ないと述べている。「つまり裕福な人たちは、日々の決まりきったルーチンを人生から取り除くという選択肢を持っているのです」(続きはソース)

10/5(月) 17:15配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20201005-00010001-nknatiogeo-sctch
no title

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1601973399/

スポンサーリンク
4: 名無しさん 2020/10/06(火) 17:39:13.82 ID:uUBkdQ4T0
これは有る!

7: 名無しさん 2020/10/06(火) 17:41:23.66 ID:WoUiQD670
まぁ貧乏ほど忙しく動くからな

8: 名無しさん 2020/10/06(火) 17:41:33.05 ID:PJ0h58rn0
まあ楽しい有意義な時間が多いというこっちゃろ
金がある方がなんでもできるしなw

15: 名無しさん 2020/10/06(火) 17:46:57.25 ID:H70hsr8c0
わかる
今年の3月から今までがすごく何もない感じ

なぜか旅行のことってずっと覚えていていつまでも記憶から取り出して反芻できるんだよな

52: 名無しさん 2020/10/06(火) 18:08:37.79 ID:jSt7yG0m0
>>15
確かに、今年の春も夏も振り返ると短かった気がする

16: 名無しさん 2020/10/06(火) 17:48:22.84 ID:KSTOs9CZ0
貧乏人ほど経験値が低いのは同意

19: 名無しさん 2020/10/06(火) 17:50:45.22 ID:zoYfqFr40
ははは、道理で俺はこの歳まであっという間なわけだわ

貧乏暇なしとはよくいったもんだ

39: 名無しさん 2020/10/06(火) 17:59:59.03 ID:tQjcLXI80
時間に余裕があるからな

40: 名無しさん 2020/10/06(火) 18:00:09.28 ID:bEO/22pI0
金持ちは余計な手間を省けるからそうかもな

59: 名無しさん 2020/10/06(火) 18:16:37.85 ID:iN69Pa980
何かわかるな
出来る事が増えるので思い出とか記憶が多いって事かな
一方ルーチンで過ごしていると何もない日として記憶に残らない日が多いと

66: 名無しさん 2020/10/06(火) 18:19:44.93 ID:WL7r6eo00
ストレスって記憶を消すからな

71: 名無しさん 2020/10/06(火) 18:23:58.88 ID:yXiXOv140
空白の30年

本当に何の思いでもない
印象に残ってるのは猫が死んだときくらい

74: 名無しさん 2020/10/06(火) 18:26:42.21 ID:mMMVi7c90
そっか
貧乏だから時間が矢のように過ぎていくのか
1年どころか5年があっという間だった

75: 名無しさん 2020/10/06(火) 18:27:43.64 ID:iN69Pa980
確かに苦労・ストレスのせいか記憶が飛んでる年代はあるw
思い出そうとしても黒い靄がかってんだよねw

82: 名無しさん 2020/10/06(火) 18:35:06.95 ID:5zZAkAS00
それで良いんじゃないか
貧乏で辛い人生長く感じたら地獄だし

85: 名無しさん 2020/10/06(火) 18:37:16.67 ID:mZ+wmXXa0
趣味に金使いまくってた頃を思い出すとこれは本当だと思う
日々新しい刺激は必要だ

88: 名無しさん 2020/10/06(火) 18:41:41.36 ID:x+y8ElTM0
35で勤め先が倒産して以後バイトや派遣
無職期間も長い現在45
失われた10年早かった

89: 名無しさん 2020/10/06(火) 18:43:03.20 ID:CAA8yXFa0
今年の春から夏にかけて物凄く早く感じたのもそれか
殆ど家で過ごしてるから新しい経験が全くない

106: 名無しさん 2020/10/06(火) 18:54:17.13 ID:oImmTZsY0
時間の流れ、毎年加速していくわ・・・・

小学生の1年は遅くて6年あるとか気が遠くなったのに。

スポンサーリンク