科学ニュース速報

「科学ニュース」をまとめています

カテゴリ: 生物等

1: 名無しさん 2022/12/02(金) 23:03:50.57 ID:rJspy0Rv9
https://news.yahoo.co.jp/articles/35b8462a9ef372875af3793f4589397c554f3879
■感染するとリスクを取る行動が増加、人類の3分の1超も感染するトキソプラズマ
オオカミに独立を決意させたり、群れのリーダーであることを主張させたりする要因は何だろうか。
この疑問は長年、科学者の興味を引いてきた。
2022年11月24日付けで学術誌「Communications Biology」に発表された最新の研究によれば、寄生虫トキソプラズマ(Toxoplasma gondii)に感染したオオカミは、感染していない個体に比べて、群れのトップに立つ可能性が高いという。

この発見は、何が動物の行動に影響を与えるかについて、より幅広く考えることを迫るものだと、研究に参加したキラ・カシディー氏は考えている。
氏は米モンタナ州の非営利団体(NPO)イエローストーン・ウルフ・プロジェクトの野生生物学者だ。
同団体は米イエローストーン国立公園に暮らすオオカミの研究を統括している。

「行動が、過去の経験や遺伝、現在の状況、社会的背景などを含め、多くの要素の影響を受けることはすでにわかっています」とカシディー氏は話す。
「今、そのリストに寄生虫が加わりました」

トキソプラズマは単細胞の寄生生物で、常時、全人類の少なくとも3分の1が感染しているとされる。
通常、症状は軽度だが、子どもや免疫抑制状態にある人にとっては、命取りになる場合がある。
トキソプラズマはネコ科動物の腸内でしか繁殖できないが、自然界には広く存在し、あらゆる恒温動物に感染する。
また、宿主を操ることで知られており、特に、ネズミが感染するとネコを恐れなくなることで有名だ。

今回の研究で、カシディー氏らはイエローストーン国立公園に暮らすオオカミの26年間にわたる行動データと血液サンプルを利用した。
イエローストーンには1995年にオオカミが再導入されており、それ以降のデータとなる。
また、氏らは公園内に暮らすピューマの分布と血液サンプルも分析した。ピューマはトキソプラズマの宿主であることが知られている。

その結果、生息域がピューマと重複しているオオカミは、ピューマが近くにいないオオカミに比べて、トキソプラズマに感染している割合が高いことが判明した。
さらに、トキソプラズマに感染しているオオカミは、感染していないオオカミに比べて、群れから離れる割合が約11倍、群れのリーダーになる割合が約46倍も高かった。

英ロンドンにある王立獣医科大学(RVC)の疫学者グレゴリー・ミルン氏は、今回の研究には関与していないが、これらの結果にそれほど驚いていない。
「他の動物がトキソプラズマに感染した場合について知られていることとかなり一致しています」とミルン氏は話す。
「この寄生虫が有意な行動の変化を引き起こすことを示す証拠がまた一つ増えました」

※続きはソースで

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1669989830/

続きを読む

1: 名無しさん 2022/12/01(木) 00:08:13.77 ID:J6nDU1uK9
NHK
https://www3.nhk.or.jp/lnews/kagoshima/20221130/5050021286.html
奄美大島の沿岸で釣り上げられたウツボが国内で初めて確認された種類だったことがわかり、黒っぽい丸い斑点が「タピオカ」に似ていることから、和名が「タピオカウツボ」と名付けられました。

このウツボはことし1月、奄美市の「奄美海洋展示館」の学芸員が展示館近くの砂浜で釣り上げたもので、SNSに写真を投稿したところ、専門家などから「珍しい種類の可能性がある」といった連絡が相次ぎました。

その後、「北九州市立自然史・歴史博物館」とともに研究を進めたところ、黒褐色の斑点が少なくとも3列あることや歯の並び方などの特徴から、国内では初確認となる「Gymnothorax shaoi」という学名のウツボだとわかりました。

和名は取材にきたNHKの記者が、斑点の模様が「タピオカミルクティー」に似ていると発案したことや、台湾で初めて確認された種類だったことから、「タピオカウツボ」と命名されました。

このウツボは、これまでに台湾と南太平洋のマルケサス諸島の2か所でしか確認されていなかった非常に珍しい種類だということです。

釣り上げた「奄美海洋展示館」の折田大志学芸員は「怖いイメージが持たれがちなウツボですが、見た目も名前もかわいい”タピオカウツボ”を知ってほしい」と話していました。

また、共同で研究した北九州市立自然史・歴史博物館の日比野友亮学芸員は「さまざまな種類を見つけ分布を細かく明らかにすることで、その特徴や分布の理由を明らかにしていきたい。今回のようにSNSを通じて新たな種類の発見に気づく可能性もあるので、普段見ない種類を見つけたら撮影してほしい」と話していました。

「タピオカウツボ」の標本は、北九州市立自然史・歴史博物館で来月10日から来年の1月29日まで展示される予定だということです。

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1669820893/

続きを読む

1: 名無しさん 2022/11/26(土) 10:17:31.66 ID:ZJL+x2Y79
昔から犬は主人思いの動物とされて、「犬は三日飼えば三年恩を忘れぬ」などと言われてきました。

しかし、ここにも人間の勝手な思い込みが入っている気がします。

ただ飼えばいいわけではなく、飼い主が本能的欲求を満たしてくれる(十分な食事、安心な寝床、一緒に遊んでスキンシップをしてくれるなど)ことがなければ恩は感じてくれません。

「動物なのだから、食べ物をあげていれば懐いて恩を感じるだろう」と思うかもしれませんが、それだけなら、よそでもっとたくさんごはんをくれる人を見つければ、そっちへ行ってしまいます。

同様に「犬は主人に対して忠誠心を持つ」というのも、ほとんどの場合、人間の思い込みです。これも親和性の高い飼い方をしない限り、ただの幻想と言っていいでしょう。

幸せホルモン(オキシトシン)に満たされるような、安心と幸せを感じる関係にあれば、親愛の情や絆を感じさせる行為がみられることはあります。

実際、「飼い主に危険が及ぶのを察知して知らせてくれた」とか、「か弱い子どもを懸命に守ろうとした」といった感動的なエピソードには事欠きません。

それを忠誠心と呼ぶのは自由ですが、犬は犬社会でも、仲間に危険を警告したり、犬同士で助け合う行動は普通にみられます。それを飼い主に対しても行っているだけだ、というドライな見方もできるのです。

群れで生活する動物には、危機に瀕している仲間を助けようという行為は珍しくありません。社会性のある動物は、群れを維持していかないと自分の生存も危ぶまれるからです。

たとえばゾウの集団では、子ゾウを協力して助けたり守ったりしますが、それは群れ・集団の維持のために仲間を守る行為なのです。

そうした行動は、ときに自己犠牲をともなう“利他的”な、見返りを求めない無償の行為に見えることもあります。しかしそこには「自分の生存にも関わる」という動物の本能がはたらいているはずなのです。

全文はソースでご確認ください。
https://president.jp/articles/-/63374

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1669425451/

続きを読む

↑このページのトップヘ