科学ニュース速報

「科学ニュース」をまとめています

カテゴリ: 生物等

1: 名無しさん 2022/06/30(木) 19:33:17.86 ID:CAP_USER
カメの多くは「ほとんど老化せず年をとっても死亡率が上がらない」ことが判明

カメは非常に長生きする動物であることが知られており、南太平洋のセントヘレナ島で飼育されている「ジョナサン」というゾウガメは、2020年に190歳の誕生日を迎えました。
そんなカメの寿命や老化に関して科学誌のScienceに掲載された2つの論文は、「カメは老化速度が著しく遅く、年齢を重ねても死亡率が上がらない」との研究結果を報告しています。
 
Diverse aging rates in ectothermic tetrapods provide insights for the evolution of aging and longevity
https://www.science.org/doi/10.1126/science.abm0151

(以下略、続きはソースでご確認ください)

Gigazine 2022年06月30日 09時00分
https://gigazine.net/news/20220630-turtles-slow-rates-aging/

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1656585197/

続きを読む

1: 名無しさん 2022/06/26(日) 19:58:53.89 ID:CAP_USER
赤ちゃんマンモス、カナダで発見 保存状態良好

【AFP=時事】カナダ極北のユーコン(Yukon)準州クロンダイク(Klondike)の金鉱地帯でこのほど、凍った状態のケナガマンモスの赤ちゃんがほぼ完全な形で発見された。北米で保存状態が良好なマンモスが見つかったのは初めて。

(以下略、続きはソースでご確認ください)

AFP=時事 6/26(日) 17:32
https://news.yahoo.co.jp/articles/28adb4bfe9785a8cd71636716d1b666e20a8e690

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1656241133/

続きを読む

1: 名無しさん 2022/06/21(火) 20:26:32.87 ID:CAP_USER
野生のイルカに「絶対に近づかない」専門家警告 福井県沿岸で目撃相次ぐ「命に関わる恐れも」

2022年春ごろから、福井県の沿岸で野生のイルカの目撃が相次いでいる。
6月18日には福井市の海水浴場の波打ち際まで近寄ってきた。
水族館のイルカショーなどかわいいイメージがあるイルカだが、専門家は「イルカを見たらすぐに水から離れ、近づかないことが大事。命に関わる恐れもある」と警告する。

(以下略、続きはソースでご確認ください)

福井新聞
https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/1574436

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1655810792/

続きを読む

↑このページのトップヘ