科学ニュース速報

「科学ニュース」をまとめています

カテゴリ: 生物等

1: 名無しさん 2020/09/20(日) 18:01:36.46 ID:CAP_USER
「真っ黒」な深海魚 可視光吸収99.5%超 人工素材に応用期待・米チーム

目に見える光(可視光)を99.5%超吸収する「真っ黒」な深海魚を米国沖で16種発見したと、米スミソニアン自然史博物館やデューク大などの研究チームが20日までに米科学誌カレント・バイオロジーに発表した。
太陽光が届かない深海で敵から身を隠し、獲物に気付かれないよう進化したとみられる。

体表近くの細胞には黒いメラニン色素が入った袋状の小器官「メラノソーム」がびっしり詰まっており、光を吸収する。
吸収しきれずに反射した光も、大半が隣接するメラノソームに吸収されるよう、メラノソームの大きさや形、配列が最適化されていることが分かった。
高性能なカメラや望遠鏡の内部で不必要な光を吸収する素材、夜間カムフラージュ用カバーなどへの応用が考えられるという。 

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

時事通信 9/20(日) 14:45
https://news.yahoo.co.jp/articles/d5b90f3d039b56143945fa8b0ce94bb3787b27ed

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1600592496/

続きを読む

1: 名無しさん 2020/09/19(土) 15:03:06.04 ID:CAP_USER
トリケラトプス、動き鈍かった?  頭骨CTスキャンで判明 福井県立大

3本の角を持つ草食恐竜のトリケラトプスは、機敏な動きが苦手だった可能性が高いことが分かったと、福井県立大が18日発表した。
肉食恐竜ティラノサウルスとの格闘シーンがよく描かれるが、実際は突進を繰り返すような戦い方は難しかったようだ。

トリケラトプスは後期白亜紀の約6800万~約6600万年前に生息した角竜類で、大きな角やフリルと呼ばれる襟飾りのような後頭部の構造が特徴。
脳の大きさや形は知られていたが、知覚機能などの詳細な解析はされていなかった。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

時事通信 9/18(金) 20:38
https://news.yahoo.co.jp/articles/9c0341d8908e97db846d372718799b9387fb3d7d

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1600495386/

続きを読む

1: 名無しさん 2020/09/18(金) 11:13:02.41 ID:CAP_USER
関東の海に異変 海温上昇で“カツオ爆釣れ”

関東の海に異変です。戻りガツオのシーズンを迎えた今、相模湾では例年の3倍もカツオが釣れる異常事態に。
何が起きているのか取材しました。

釣れたのは今が旬のカツオです。
場所によっては1000メートル以上の水深がある神奈川県沿岸の相模湾では、まさに入れ食い状態となっていました。

午前6時、取材班は「カツオ爆釣」のうわさを聞きつけ、平塚港の釣り船に密着しました。
午前11時半すぎ、移動しながらポイントを探していると驚きの光景が。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

テレビ朝日系(ANN)9/17(木) 18:36
https://news.yahoo.co.jp/articles/4c02359ed1ff1689ff7f9c969fc94043442ea11c

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1600395182/

続きを読む

↑このページのトップヘ