科学ニュース速報

2ちゃんねるsc「科学ニュース板」のまとめブログです

カテゴリ: 生物等

1: 名無しさん 2018/04/19(木) 12:14:53.96 ID:CAP_USER
普段は単独で行動するウバザメ(Cetorhinus maximus)だが、1000匹以上の集団が米国北東部沖で確認され、専門家たちを困惑させている。

この群れは、絶滅が危惧されているタイセイヨウセミクジラの航空調査中にたまたま写り込んだもので、過去数十年間の記録を詳しく調べるなかで発見された。
この研究結果は3月7日付けの学術誌「Journal of Fish Biology」に掲載された。

世界最大の魚類であるジンベエザメに次いで、ウバザメは2番目に大きく、体長は9メートルに達することがある。世界中に生息し、泳ぎは緩慢で、ろ過摂食でエサを取る。人間に危害を加えることはない。

体は大きいが、主に深海にすんでいるためウバザメの追跡は難しい。
今回のようなついでの発見でもない限り姿を見せないので、データがなかなか集まらないと、米海洋大気局(NOAA)北東漁業科学センターのフィールド生物学者で、今回の調査を率いたリア・クロウ氏は語る。
「私たちの研究の目的は、偶然に頼らずにデータを集められるようになることです」

クロウ氏らのチームは、1980年から2013年の間に、カナダのノバスコシア州から米ロングアイランド島までの沿岸沿いで報告されたウバザメの大集団の記録10件を精査した。
すると、2013年11月5日に米ニューイングランド南部の沖で撮影された写真から、
少なくとも1398匹が一堂に会していたことが明らかになった。記録破りの匹数だ。

データベースにあるおよそ1万件のウバザメ目撃記録を氏らが調べたところ、その99%は7体以下の群れだったという。

■群れには子どもも

サメの専門家は、ウバザメが群れを作る理由についていくつかの仮説を立てている。
他の種のサメは、エサを取ったり交尾したり、敵から身を守るために群れをなす。

2013年に目撃された群れには子どもも何頭か混ざっていたので、交尾のためではなく動物プランクトンを食べるために集まっていたのだろうと、クロウ氏は考えている。

また、ウバザメはエサを食べるときに口を大きく開け、泳ぐスピードが落ちるので、お互い列をなして水の抵抗を抑え、体力を消耗しないようにしているのではないかと、論文では推論している。

しかし、空からの調査だけで詳しいことはわからない。

「航空調査の結果は興味深いですが、これだけでは、プランクトンの密度など環境的要素についてはあまりわかりません」と、クロウ氏は言う。

■謎多き神秘のサメ

米マサチューセッツ州海洋漁業部に所属する上級漁業科学者のグレゴリー・スコマル氏もまた、航空データだけでは集団を作る理由まではわからないと話す。

スコマル氏はウバザメの集団と一緒に泳いだ経験もあるが、データ収集のために人を送り込んでも、人間がいることでサメがいつもと違う行動をとる場合があり、すすめられないという。

このような集団を見ると、「サメの神秘性はますます高まります」とスコマル氏。
なお、氏はこの研究に関与していない。

だが、科学研究は一般市民の手を借りることもできる。
モス・ランディング海洋研究所の太平洋サメ研究センターは、「ウバザメを見つけよう(Spot a Basking Shark)」という市民科学プログラムを企画し、協力を呼び掛けている。(参考記事:「市民科学の始まり、1833年の流星雨」)

ウバザメは、生涯の約90%を海の深いところで過ごし、残りの10%を水面近くで過ごす。
そのため、どんな目撃情報でも助かると、プログラムのディレクターを務めるデイブ・エバート氏は言う。

■「懸念される種」

また、ウバザメが減少している海域があることからも、できるだけ多くの情報を得ることは重要だ。
NOAAは2010年に、太平洋北東部のウバザメを「懸念される種(「種の保存法」に指定されるには至らない種)」に指定した。

20世紀に、肝油や皮を目的に乱獲され、米西海岸で減少した。そして、今なおその数は回復しないままだと、エバート氏は言う。
だが、「少ないとはいっても、元々の基準値がわからないのです。姿が見えないからといって、全くいないわけではありません」とも付け加えた。

関連ソース画像
no title

no title

ナショナルジオグラフィック日本版サイト
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/041800178/

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1524107693/

続きを読む

1: \(^o^)/ 2018/04/16(月) 12:50:43.96 ID:CAP_USER
タンザニアのゴンベ国立公園は、1960年にジェーン・グドール博士がチンパンジーの研究を始めた場所として知られる。あるとき、この公園の森を移動していたチンパンジーの群れが、アカコロブスというサルの群れに出くわした。

チンパンジーたちはアカコロブスの様子を観察し、やがて狩りが始まった。
彼らは叫び声をあげてサルに襲いかかり、サルが木から落ちてゆく。まさにカオス状態だ。公園内に設置されていたビデオカメラが、その一部始終をとらえていた。

研究チームを率いる米アリゾナ州立大学の人類学者イアン・ギルビー氏は、公園内のカセケラというチンパンジーの群れがどのように肉を分け合っているかを調べるために、そのメンバーを撮影していた。

後日、録画されたビデオをチェックしていた彼は、獲物が赤ちゃんザルや子ザルなどの未成熟な個体だった場合には頭を先に食べるが、おとなのサルを頭から食べることは滅多にないことに気づいた。

■栄養分としての脳

チンパンジーはなぜ特定の部位から獲物を食べるのだろう? これはヒトの進化にも関わる問題だが、ほとんど研究されてこなかった。

ギルビー氏は、獲物を食べる順番は栄養分によって決まると考えている。

このほど学術誌「International Journal of Primatology」に論文を発表した彼は、「肉は肉だという見方もありますが、含まれる栄養分は部位によって違います」と言う。「死骸のすべてが貴重ですが、特に脳は貴重なのです」

脳は脂質と長鎖脂肪酸を豊富に含んでいる。神経系の発達を促す物質だ。

獲物が幼いサルなら、頭を噛んで頭蓋骨にヒビを入れ、脳を取り出すのは容易だが、おとなのサルでは難しい。手間取っていると、群れの仲間に獲物を奪われる恐れがある。

だから、チンパンジーがおとなのサルを食べるときには、栄養分に富む肝臓などの臓器から食べはじめる方がよいのかもしれない。実際に、ゴンベ国立公園のチンパンジーは時々おとなのサルの胴を先に食べることがある。

ナショナル ジオグラフィック協会のエクスプローラーで、霊長類学を専門とする米テキサス州立大学の生物人類学者ジル・プルエッツ氏は、「チンパンジーの獲物の食べ方が定量的に精査されたのは、これが初めてかもしれません」と言う。

http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/041300167/

タンザニアのゴンベ国立公園でアカコロブスを食べるオスのチンパンジー(PHOTOGRAPH BY IAN C. GILBY)
no title

幼いアカコロブスを捕らえるチンパンジー(PHOTOGRAPH BY IAN C. GILBY)
no title

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1523850643/

続きを読む

1: \(^o^)/ 2018/04/08(日) 12:01:23.35 ID:CAP_USER
観光客が訪れる福岡県糸島市の二見ケ浦海岸の夫婦岩付近で、猛毒があり、かまれると死に至ることもあるヒョウモンダコが見つかった。
夫婦岩は大潮になると海岸から歩いて行けるため、県などが注意を呼び掛けている。

夫婦岩周辺に潜って生物撮影をしていた県スノーケリング協会の関係者が4日、水深約3メートルの海中にいたのを発見した。
体表は赤褐色だったが、カメラを近づけると青い模様を浮かべて威嚇したという。

ヒョウモンダコは体長10~20センチ。フグと同じ猛毒のテトロドトキシンを持つ。
日本からオーストラリアにかけての海に生息し、福岡県では2009年から目撃例が相次いでいる。

画像:ヒョウモンダコ
no title

西日本新聞
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/406735/

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1523156483/

続きを読む

↑このページのトップヘ