科学ニュース速報

2ちゃんねるsc「科学ニュース板」のまとめブログです

カテゴリ: 生物等

1: \(^o^)/ 2017/11/03(金) 15:07:11.51 ID:CAP_USER
1975年に姿を消したきりだった、きわめて珍しい生き物が再び発見された。

絶滅したとさえ考えられていたジャクソンキノボリサラマンダー(学名:Bolitoglossa jacksoni、英名:Jackson’s climbing salamander)が、中米グアテマラのクチュマタネス山脈で、生きた状態で見つかった。(参考記事:「絶滅したカエルを140年ぶりに再発見、卵で子育て」)

新しくできたフィンカ・サンイシドロ両生類保護区で公園職員のラモン・レオン=トマス氏が発見した。
人間がこのサラマンダーを目撃したのは、今回が3度目だ。

「この種が見つかるなんて、絶滅からよみがえったかのようです」と語るのは、グアテマラ、サンカルロス大学の両生爬虫類キュレーターであるカルロス・バスケス=アルマザン氏。同氏は今回の発見に特別な思い入れをもっている。
この保護区で生物探索を担う4人の調査員を育成し、伝説のサラマンダーを探してこれまで30回も調査におもむいてきたからだ。

調査は、動物保護団体「グローバル・ワイルドライフ・コンサベーション」が進める“失われた生物”1200種を探索するプロジェクトの一環として行われた。
今回見つかったジャクソンキノボリサラマンダーは、その生物リストの中でも「最も見つけ出したい25種」に入っていた。

「ほぼ失われたと思っていた森林の生物多様性を取り戻せるかもしれない。
そんな希望を与えてくれる発見です」と、バスケス=アルマザン氏は語る。(参考記事:「新種サラマンダー3種見つかるも絶滅の危機」)

黄金ワンダー

鮮やかな黄色い体をもつことから、ジャクソンキノボリサラマンダーは「GoldenWonder」とも呼ばれている。
ただし実際のところ、この両生類についてはほとんど何もわかっていないと、バスケス=アルマザン氏は言う。

たとえば、発見者のレオン=トマス氏がこのサラマンダーの写真を撮った場所は、
これまで生息していると思われていた場所より標高が300メートルも高かった。

気候変動の影響で生息地を移したのかもしれないし、そもそもこのサラマンダーの生息域だったのかもしれない。単にわかっていないだけだ。

このサラマンダーのグループは、脚に吸着性があり、森林の樹冠に登っていける。

幸運なことに、周辺の森林は2015年以降、保護団体のグループによって守られている。
そうでなければ、サラマンダーのすむ森は伐採されたかコーヒー農園になっていたかもしれないと、バスケス=アルマザン氏は語る。

幻のサラマンダー「黄金ワンダー」。過去数回しか確認されていなかった。(Photograph by Carlos Vasquez Almazan)
no title

ナショナルジオグラフィック日本版サイト
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/110100426/

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1509689231/

続きを読む

1: \(^o^)/ 2017/10/29(日) 23:41:05.93 ID:CAP_USER
オオカミを引き付け人を遠ざける血液中の成分、研究で発見
2017年10月24日 13:14 発信地:パリ/フランス

【10月24日 AFP】哺乳動物の血液から発生する成分「E2D」のかすかなにおいが、一部の動物を捕獲にかきたてる一方で、人を含むその他の動物を怖がらせ退かせることが分かったとする研究論文が、このほど発表された。
 
英オンライン科学誌「サイエンティフィック・リポーツ(Scientific Reports)」に掲載された論文によると、サシバエから人に至る生物種が示すこの血中成分への真逆の反応はこれまで知られていなかったとされ、その起源が進化の根源にあることを示唆するものだという。
--- 引用ここまで 全文は引用元参照 ---

▽引用元:AFPBBNews 2017年10月24日 13:14 発信地:パリ/フランス
http://www.afpbb.com/articles/3147858
http://www.afpbb.com/articles/3147858?page=2

オオカミ。仏動物園で(2017年10月14日撮影、資料写真)。(c)AFP/LOIC VENANCE
no title

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1509288065/

続きを読む

1: \(^o^)/ 2017/10/21(土) 00:15:19.37 ID:CAP_USER
タケ、北日本で分布拡大のおそれ
2017年10月18日 09:00 | プレスリリース

里山管理の脅威になっているモウソウチクとマダケ(産業管理外来種)の生育に適した環境は温暖化で拡大し、最大500km北上し稚内に到達

発表のポイント
・里山における生態系・生物多様性への脅威となっているモウソウチクとマダケの生育に適した環境が、温暖化の進行と共に拡大することが気候モデルで予測された。
・パリ協定に準じて温暖化を1.5℃以下に抑えると、4℃昇温した場合に比べてタケの生育に適した環境の増加が緩やかだった。こうした影響評価は、現在とりまとめが進められているIPCC 1.5℃特別報告書などに貢献することが期待される。
・気候変動・温暖化を抑制する緩和策と同時に、外来種予防三原則に基づいた生態系管理などの「適応策」を進めることも重要。

概要
長野県環境保全研究所、東北大学、森林総合研究所、気象庁気象研究所、筑波大学、東京大学、国立環境研究所及び総合地球環境学研究所の研究グループは、産業管理外来種として里山管理の脅威となっているモウソウチクとマダケの生育に適した環境が温暖化によってどれくらい拡大するか予測しました。
本研究は、竹林の分布を、広域の現地調査に基づいて予測すると共に、気候変動の影響を推定した日本で初めての報告です。
 
本研究結果は、10月18日にEcology and Evolution誌(電子版)に掲載されました。
 
本研究は、文部科学省気候変動リスク情報創生プログラム、気候変動適応技術社会実装プログラム(SI-CAT)、環境省環境研究総合推進費(S-15-2)及び日本学術振興会科研費(17H03835)の支援を受けて行われました。
--- 引用ここまで 全文は引用元参照 ---

▽引用元:東北大学 2017年10月18日 09:00
http://www.tohoku.ac.jp/japanese/2017/10/press20171016-01.html

<動画>モウソウチクとマダケの生育に適した環境が拡大する動画(東京大学 日比野研志氏提供)
https://www.youtube.com/watch?v=j5LaMnz6o_4


引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1508512519/

続きを読む

↑このページのトップヘ