科学ニュース速報

5ちゃんねるsc「科学ニュース板」のまとめブログです

カテゴリ: 歴史・考古学

1: \(^o^)/ 2019/05/13(月) 19:27:05.47 ID:CAP_USER
およそ3800年前の縄文人のすべての遺伝情報を初めて解読できたと、国立科学博物館などのグループが発表しました。

瞳が茶色で酒に強いといった体の特徴が推定できるほか、東アジア沿岸の南北に広い範囲の人たちと遺伝的に近いことが分かり、日本人の起源の解明などにつながると期待されます。

遺伝情報を解読したのは、国立科学博物館や国立遺伝学研究所など国内の7つの研究機関で作るグループです。

グループは、北海道の礼文島の船泊遺跡で発掘されたおよそ3800年前の縄文人の女性の臼歯から核DNAを抽出し、最先端の装置を作って詳しく分析しました。

その結果、DNAの保存状態が極めてよく、30億対の塩基配列すべての遺伝情報を解読することができたということです。

この遺伝情報から女性の体の特徴を推定したところ、皮膚の色は濃く、髪は細く巻き毛、瞳は茶色で酒に強いほか、耳垢は湿っていることなどが分かりました。

また、北極圏に住む人に多く見られる、脂肪分が多い食べ物を代謝するのに有利に働く遺伝子の変異も見つかり、狩りや漁を中心とした生活の様子が裏付けられたとしています。

さらに、この女性の遺伝情報をもとに、縄文人の成り立ちを調べたところ、遺伝情報のおよそ10%が現代の日本人に引き継がれているほか、縄文人の祖先は旧石器時代の3万8000年前から1万8000年前に、大陸に住む人たちから分岐したと考えられるということです。

台湾の先住民や韓国人、それに極東ロシアのウルチと呼ばれる人々など、東アジア沿岸の南北に広い範囲の人たちと遺伝的に近いことも分かったとしています。

古代人の遺伝情報の分析は、ここ10年余りで急速に進展し、ほかの縄文人でも研究が進められていますが、グループによりますと、すべてを高い精度で解読したのは世界で初めてだということです。

国立科学博物館の篠田謙一人類研究部長は「今後、古代人の遺伝子研究が飛躍的に進むと期待できる。遺伝情報を公開して、日本人の起源を解明したり、日本人に多く見られる病気がいつから発症するようになったのかなど、さまざまな研究に役立ててほしい」と話しています。


no title

no title

no title


NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190513/k10011914561000.html

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1557743225/

続きを読む

1: \(^o^)/ 2019/05/11(土) 08:41:23.31 ID:CAP_USER
【5月10日 AFP】
英イングランド南東部エセックス(Essex)州の道路脇の茂みにあったわずかな隆起の下から古代の墓室が見つかったと、調査に当たっていた考古学者チームが9日、明らかにした。英国としては、エジプトのツタンカーメン王(King Tutankhamun)の墓に匹敵するくらいの発見だという。

【編集部おすすめ】色鮮やか、2300年前のミイラ8体を発見 エジプト・ダハシュール

墓室は、ロンドン北東に位置するエセックス州サウスエンド(Southend)近郊プリトルウェル(Prittlewell)のパブと安売りスーパーの近くを走る道路脇で見つかった。英国の研究チームは2003年、この場所を発見していたが、当初はさほど重要なものには見えなかったという。

「非常に不思議だったのは、何かが出てきそうには見えなかったことだ」。ロンドン考古学博物館(MOLA)のソフィー・ジャクソン(Sophie Jackson)主任研究員は、当時をそう振り返る。

それでもMOLAの考古学者40人で構成されるチームは、調査を進めることを決断。長年かけて注意深く掘り進め、放射性炭素年代測定を行い、アングロサクソン人の王子の墓室だと結論付けるに至った。このような墓室が英国で見つかったのは初めてだという。

この墓室は1400年前のものとみられ、キリスト教徒のアングロサクソン人の王族の埋葬地としては最古と考えられるという。

墓室全体の広さは約4メートル四方で、深さは約1.5メートル。墓室には、複数の金貨や、現在のシリアからもたらされたとみられるガラスと木で作られた色鮮やかな杯などが丁寧に配置されている。装飾品の一部は、今も墓室の壁に掛けられている。

発見されたものの中には、欧州民族の間で人気を集めたハープに似た楽器リラの一部もあり、これはアングロサクソンの彩色された木工作品としては英国最古の可能性もあるという。

■誰の墓か──戦士? 王の兄弟?

ジャクソン氏は、「これは、ツタンカーメンの墓に匹敵すると思います」「キリスト教は(英国に)少しずつ浸透していきました。墓室に納められた品々を見ると異教徒の埋葬方法に見えますが、十字架も一緒に納められているため、この時代はその過渡期であった可能性があります」と語った。

今回発見された墓室は、ツタンカーメンの墓に比べて経年数ではその半分にも満たない。また副葬品や遺物を見ると、埋葬されていた人物は、ツタンカーメン王よりもはるかに地位が低かったと考えられるが、それが誰なのかについては今のところ謎に包まれている。

だが遺体が置かれていた枠の長さは1.72メートルもあり、当時としては並外れて高身長だったとみられる。

ジャクソン氏によると、この人物は王子であり戦士でもあったと考える専門家もおり、同氏自身は、サベルト王(King Saebert)の兄弟であるサークサ(Seaxa)の可能性が最も高いと考えているという。

サベルト王は、エセックスを12年間統治した後、616年に死去した。この地域で初めてのキリスト教徒の国王だったと歴史家らは考えている。

 調査および科学的な年代測定によると、墓室の男性は575~605年の間に死亡したと考えられるという。

https://www.afpbb.com/articles/-/3224351

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1557531683/

続きを読む

1: \(^o^)/ 2019/05/09(木) 12:20:23.38 ID:CAP_USER
米ハーバード大学の科学者らに率いられた国際的な研究者チームがこのほど、グアテマラの古代遺跡モンテ・アルトで過去に発見された有名な「太鼓腹」の石像を調査し、石像に磁気異常があることを発見した。

完全版の調査報告は、ジャーナル・オブ・アーケオロジカル・サイエンス誌の6月号に掲載される予定。科学ニュースサイト「ライブ・サイエンス」が6日、報告について短く伝えた。

研究者らは、約2千年前に制作されたとみられる石像11体のうち10体で、磁気異常が観察されることを発見。さらに、石像の頭部や胴体部分の多くが、その右頬あるいはへそに磁気異常の位置が一致するよう彫られていることも分かった。

専門家らはこの磁気異常について、石像に加工される前の石に落ちた雷によって引き起こされたと推測している。

石像の右頬あるいはへそと磁気異常の位置が一致しているという事実は、石像の制作者が磁気の性質について知識を持ち、磁気を帯びた石を意図的に選んでいたことを物語っている。

no title


https://sptnkne.ws/mwnP

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1557372023/

続きを読む

↑このページのトップヘ