科学ニュース速報

「科学ニュース」をまとめています

カテゴリ: 歴史・考古学

1: 名無しさん 2020/12/27(日) 16:13:16.87 ID:GsUwMuP+9
【12月27日 AFP】イタリアの古代ローマ都市ポンペイ(Pompeii)で、フレスコ画が描かれた「テルモポリウム」が非常に優れた保存状態で発見された。テルモポリウムは、現代のファストフードカウンターのようなものだという。考古学者らが26日、明らかにした。

多色の柄で華麗に装飾されたカウンターは、昨年一部が発掘され、その全貌を明らかにするため発掘が続けられていた。

他にも、陶器鍋の中からは、カモの骨の破片や、ブタ、ヤギ、魚、カタツムリの死骸を発見。スペイン料理のパエリアのように、いくつかの食材が一緒に調理されていたものもあった。

https://www.afpbb.com/articles/-/3323572

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1609053196/

続きを読む

1: 名無しさん 2020/12/18(金) 10:43:03.96 ID:CAP_USER
肩から「リボン」を生やした恐竜の化石、ブラジルで発見

発見された恐竜の想像図
no title

(CNN) ブラジルで見つかった化石から、背中に沿って長い「たてがみ」を持ち、肩からはリボンのような構造物を生やしている恐竜が新たに発見された。

珍しい化石が発見されたのはブラジルで、羽があった証拠を示すこの種の化石が南米で見つかったのは初めて。
研究者によれば、精巧な羽飾りは誇示行動に使われ、この恐竜が洗練された繁殖行動を行っていた可能性を示唆しているという。

中国科学院古脊椎(せきつい)動物・古人類学研究所の専門家によれば、事実と確認されれば、羽毛のある恐竜が南半球の大陸で発見されたのは初めてであることと、風変わりな構造物が比較的早い段階の恐竜にあったことの2つの点から重要な発見である可能性がある。

これまでも似たような構造物について一部の鳥のような形態の恐竜から報告されたことはあったが、リボンのような形状の構造物はしっぽについているのが普通だった。しかし、今回は肩についており、これは珍しいという。

この恐竜は1億1000万年前に生息していたとみられる。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

CNN.co.jp 2020.12.17 Thu posted at 07:00 JST
https://www.cnn.co.jp/fringe/35163940.html

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1608255783/

続きを読む

1: 名無しさん 2020/12/04(金) 10:39:38.66 ID:CAP_USER
沖縄目指し台湾から航海か 3万年前の人類―国立科学博物館

旧石器時代の人類が約3万年前、大陸と地続きだった台湾から沖縄の島々に渡った謎の解明に取り組んでいる国立科学博物館などの研究チームは、偶然漂着した可能性は低く、移住するつもりで舟で航海したと考えられると発表した。
論文は3日付の英科学誌サイエンティフィック・リポーツに掲載された。

同博物館の人類史研究グループ長を務めた海部陽介東京大教授らは、台湾大海洋研究所とともに台湾やフィリピン北部から過去約30年間に流された138個の海洋観測ブイの漂流ルートを解析した。
その結果、大半は黒潮に乗って北方へ流され、沖縄や奄美の島々から20キロ圏内まで接近したブイは4個しかなかった。
このブイは位置や水温などを衛星通信で送る機能がある。

黒潮は台湾と与那国島の間を通り、沖縄や奄美の北側を九州南部沖に向かっており、この流れは過去10万年以上変わっていない。
研究チームが2016年から昨年まで行った航海実験では、草を束ねた舟や竹のいかだは遅く、黒潮を越えるのは困難だが、速い丸木舟なら越えることができた。

台湾の高い山からは与那国島が見える。
海部教授は「男女10人以上の集団が複数の舟で航海したのではないか」と話している。

時事通信 2020年12月04日01時43分
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020120400069

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1607045978/

続きを読む

↑このページのトップヘ