科学ニュース速報

「科学ニュース」をまとめています

カテゴリ: 歴史・考古学

1: 名無しさん 2022/12/08(木) 18:49:07.37 ID:bmqBAEbG9
新たに発見された人型の地上絵(線で地上絵を強調)=山形大提供
no title

山形大は8日、世界遺産「ナスカの地上絵」で知られる南米ペルーのナスカ台地とその周辺部で、同大の坂井正人教授(文化人類学・アンデス考古学)らの研究グループが、新たに168点の地上絵を発見したと発表した。
ドローン(無人航空機)などを活用した調査で、人間のほか、ラクダ科動物、鳥、シャチ、ネコ科動物、ヘビなどの動物とみられる地上絵を確認した。【ネコ、鳥、ヘビ…地上絵を写真で見る】

研究グループは、現地の考古学者らと共同で、2019年6月から20年2月にかけて、航空レーザー測量やドローンを使った調査を実施。その後のデータ分析で、168点の地上絵を発見した。地上絵は紀元前100年~紀元300年ごろに描かれたとみられる。

同大は04年からナスカの地上絵の研究を進めてきた。12年には現地のナスカ市に「山形大学ナスカ研究所」を設立するなど学術調査を本格化させている。同大の研究グループが18年までに見つけた地上絵190点を含めると、計358点を発見したことになる。

https://mainichi.jp/articles/20221208/k00/00m/040/198000c

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1670492947/

続きを読む

1: 名無しさん 2022/09/27(火) 20:35:21.51 ID:CAP_USER
縄文人は人体構造を理解していた? 鹿角・大湯環状列石「土版」に消化管に似た貫通孔

世界文化遺産の大湯環状列石(秋田県鹿角市)の代表的な出土品で、粘土板の表面に付けた穴で人間の体を表現している「土版(どばん)」の内部に、消化管に似た貫通孔があることが、レプリカの制作過程で分かった。
土版を展示している大湯ストーンサークル館の担当者は「縄文人が体内の構造を理解していたのではないか」と推測する。

(以下略、続きはソースでご確認ください)

河北新報
https://kahoku.news/articles/20220925khn000021.html

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1664278521/

続きを読む

1: 名無しさん 2022/09/12(月) 20:08:28.78 ID:cVb/r2119
4500万年前の地層から見事な保存状態の化石で発掘されながらも、なぜほぼ同時に大量死していたのかが謎に包まれていた古代のカエルの死因が、なんと交尾のしすぎだったことが判明したとの研究結果が報告されました。

The skeletal taphonomy of anurans from the Eocene Geiseltal Konservat‐Lagerstätte, Germany: insights into the controls on fossil anuran preservation - Falk - 2022 - Papers in Palaeontology - Wiley Online Library
https://doi.org/10.1002/spp2.1453

Ancient frogs in mass grave died from too much sex – new research
https://theconversation.com/ancient-frogs-in-mass-grave-died-from-too-much-sex-new-research-188562

アイルランドのユニバーシティ・カレッジ・コークで古生物学を研究しているダニエル・フォーク氏によると、ドイツ中央部にあるガイゼルタール地方は、4500万年前は広大な湿地帯の水辺だったとのこと。そのため、この地域ではこれまで鳥・馬・コウモリ・魚など多種多様な古代の生物の化石が5万点以上見つかっており、その豊富さや保存状態から「科学的発見の宝庫」とも評されています。

その中でも特にフォーク氏の目を引いたのが、数百体にもおよぶカエルの化石です。

これらの化石のほとんどは病気の兆候がなく、捕食者に食べられたり腐肉を食べる動物に荒らされたりした形跡もありません。また、洪水で流されたり、逆に沼が干上がって死んだりした痕跡もないことから、無数のカエルが一体なぜ死んだのかは長年にわたり不明なままでした。

そこで、フォーク氏らの研究チームは化石の骨格に着目して調査を行い、どの骨やどの関節が残っているかを分析しました。その結果、化石化したカエルのほとんどは大量死現象によるものであり、同じ原因でほぼ同時に死んだことが確かめられました。

また、カエルは化石になる前に死骸の状態でしばらく浮いていたことが判明したことで「湖が干上がったのが原因である」という仮説が否定されたほか、陸地に上がって別の水域へと移動することも可能な種のカエルであるため「水中の酸素濃度が減少したのではないか」との仮説も当てはまらないことが分かりました。

このように研究チームがさまざまな可能性を除外していった結果、最後に残ったのが「交尾のしすぎで死んだ」というものでした。フォーク氏によると、化石のカエルは現代のヒキガエルに骨格がよく似ているとのこと。ヒキガエルはほとんど陸地で生活していますが、繁殖の間だけ水の中に入る習性を持っています。

ヒキガエルの交尾では、疲れ果てて溺死する個体が少なくないほか、1匹のメスに対して複数のオスが群がったりすると溺死のリスクはさらに高くなります。また、熱帯に住む一部の種は数時間しかない短い交尾期間でなるべく多く交尾しようとするので、池の近辺や水中で大量のカエルが死んで集団墓地のようになる現象が現代でも見られるとのこと。4500万年前の沼地で死んだおびただしい数のカエルたちも、このようにして命を落としたのではないかと研究チームは考えています。

https://gigazine.net/news/20220910-ancient-frogs-died-too-much-sex/

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1662980908/

続きを読む

↑このページのトップヘ