科学ニュース速報

2ちゃんねるsc「科学ニュース板」のまとめブログです

カテゴリ: 歴史・考古学

1: \(^o^)/ 2018/05/19(土) 22:38:52.54 ID:CAP_USER
白川村で四百年前の大地震で一夜で埋まったとされる「帰雲城(かえりくもじょう)」の位置は「同村保木脇の庄川の左岸」だったとする研究結果を、歴史愛好家でつくる白川郷埋没帰雲城調査会がまとめ、十九日、発表する。

村史によると、帰雲城は一四六四(寛正五)年ごろ、白川郷一帯を治めた内ケ島為氏(うちがしまためうじ)が築城。
四代目城主・氏理の時代に起きた一五八六(天正十三)年の大地震で山崩れとともに全てが埋まったとされる。
城の位置は不明で、これまで庄川の東側である右岸説や左岸説などが唱えられてきた。

調査会によると、飛騨の地役人が一七四六(延享三)年に書いたとされる地誌「飛騨国中案内」に、城のあった場所として「往昔は帰雲、其後(そのご)は帰山なり。に今至て其所を帰雲川原と言ならし候」との記述があった。
調査会ではこれまでに「氏理の居城のあった所を帰雲川原と言うようになった」と解釈してきた。

新たに今回、白川村役場が所蔵し、地誌より十年以上前に描かれた同村の古地図「享保年度山林絵図面」を調べたところ、保木脇周辺の庄川の左岸部分に「帰雲川原」と記されていたという。
調査会事務局長の野田秀佳さん(56)は「長年追い求めていた場所が分かり、感無量。伝説にも一歩近づけた」と喜ぶ。

調査会は一九八六年に発足して以降、文献による研究や村内の調査などを重ねてきた。今後も現地調査などをして、幻の城の存在を裏付ける手がかりを探す。

画像:「帰雲川原」の地名が書かれた古地図
no title

中日新聞(CHUNICHI Web)
http://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20180519/CK2018051902000051.html

引用元:http://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1526737132/

続きを読む

1: \(^o^)/ 2018/05/09(水) 01:27:35.92 ID:CAP_USER
武蔵野美術大学の宮原ひろ子准教授などの研究グループは、江戸時代の古典籍に含まれる日々の天気の記録などを調査し、太陽の27日の自転周期が過去300年にわたって日本での雷の発生に影響を及ぼしてきたことを明らかにした。

太陽の活動は、よく知られている11年周期のほか、長いものでは1000年、2000年といった周期でも変動しており、地球の気候も、そうした長周期の太陽活動の変動と良く一致した変動をしてきたことが分かっている。
しかし、気象のレベルでの太陽活動の影響は、断片的にしか分かっていない。

太陽の活動の中で最も短い変動周期は、自転による27日周期だ。
自転の影響で、地球に届く光の量や宇宙放射線の量が27日周期で変化する。
このことに着目した本研究グループは、日本における気象、特に雷と、太陽活動との関連を調べた。

調査に用いたのは、『弘前藩庁日記』と『石川日記』の江戸時代の二つの文献。
これらから雷の記録を抽出し、17世紀後半から19世紀中頃にかけての約200年分の弘前、八王子、江戸における雷の発生日を調べた。
その結果、太陽活動が活発化していた年ほど、雷の発生に27日周期が強く現れる傾向が確認された。
これは、太陽の自転が気象のスケールでも重要な影響を与えていることを強く示唆している。

太陽活動と気候変動の相関は数多く見つかってきたが、本研究によって、太陽活動が気象のレベルでも確かに影響していることが示された。
今後、太陽活動が雷の発生に影響するメカニズムを解明することにより、気候予測の精度向上や、長期的な気象予測への手がかりとなることが期待されている。

論文情報:【Annales Geophysicae】Solar rotational cycle in lightning activity in Japan during the 18–19th centuries
https://www.ann-geophys.net/36/633/2018/

大学ジャーナル
http://univ-journal.jp/20601/

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1525796855/

続きを読む

1: \(^o^)/ 2018/05/07(月) 21:59:24.84 ID:CAP_USER
奈良市の法華寺にある鎌倉時代の仏像の内部に、大量の巻物などが納められている様子が、最新の装置を使った奈良国立博物館による調査で確認されました。

奈良市の法華寺の本堂に安置されている、鎌倉時代につくられた「文殊菩薩坐像」は、内部に品が納められていることは知られていましたが、詳しい状況はわかっていませんでした。

そこで、奈良国立博物館が最新のCTスキャナーを使って調査したところ、高さ73センチの仏像の全体に空洞があり、頭の部分には、巻物や釈迦の遺物を納めた「舎利容器」と見られる器が合わせておよそ30、確認されました。

さらに胴の部分には、およそ150の経典と見られる巻物が敷き詰められているということです。
一度も取り出された形跡がなく、作られたままの状態と見られるということです。

法華寺の樋口教香住職は「驚きました。知恵を授ける仏様なので、ぜひ拝んでいただきたい」と話していました。

奈良国立博物館の岩田茂樹上席研究員は「内部にこれだけの量の品が確認されたのは珍しい。貴重な史料で、文化財としての価値がさらに高まった」としています。

この仏像は今月8日から27日まで、奈良市の奈良国立博物館で特別公開されます。

関連ソース画像
no title

NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180507/k10011429891000.html

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1525697964/

続きを読む

↑このページのトップヘ