科学ニュース速報

2ちゃんねるsc「科学ニュース板」のまとめブログです

カテゴリ: 歴史・考古学

1: \(^o^)/ 2018/03/01(木) 11:24:13.30 ID:CAP_USER
■ネアンデルタール人に芸術の才、ホモ・サピエンスとの関係に新たな仮説も

ピカソの祖国スペインには、はるか昔から革新的な芸術家がいて、貝殻のビーズを作り、洞窟壁画を描いていたようだ。驚くべきは、彼らがホモ・サピエンスではなく、ネアンデルタール人だったらしいことだ。

2月22日に学術誌『サイエンス』と『サイエンス・アドバンシズ』に発表された2つの論文によると、スペインの3カ所の洞窟で見つかった10点以上の洞窟壁画は6万5000年以上前のもの、またスペイン南東部の洞窟クエバ・デ・ロス・アビオネスで見つかった貝殻ビーズと顔料は11万5000年以上前のものであるという。

これらはともに、現生人類であるホモ・サピエンスが最初にヨーロッパに到達する以前の最古のアート作品である。
つまり、作者はホモ・サピエンスではないということだ。

「アビオネスで発見された貝殻ビーズは、世界でこれまでに見つかっている装飾品の中で最古のものです」と、論文共著者でスペイン、バルセロナ大学の考古学者であるジョアン・シルホン氏は言う。
「アフリカ大陸で似たようなものが制作されたのは2万~4万年後です。これらはネアンデルタール人が作ったものなのです」

従来、ネアンデルタール人には粗野で頭が鈍いイメージがあったが、実はホモ・サピエンスと同等の認知能力をもっていたと、研究チームは主張する。
彼らの見方が正しいなら、今回の発見は、アート作品を作ることにつながる才能が約50万年前、つまりホモ・サピエンスとネアンデルタール人の共通祖先まで遡れることを意味しているのかもしれない。

米ウィスコンシン大学マディソン校の古人類学者ジョン・ホークス氏は、「ネアンデルタール人は、現生人類と共通の文化的能力を持っていたようです」と言う。
「彼らは知性のない無法者ではなく、分別ある人間だったのです」

■「愚かなヒト」ではなかった
1856年、ドイツのネアンデル谷で、石灰石の採石場の労働者が変形した人骨のようなものを見つけた。
当時の科学者はこの骨を、がっしりした胸をもつ、それまで知られていなかった人類「ホモ・ネアンデルターレンシス」のものであるとした。

当初、ネアンデルタール人は脳よりも筋肉が発達しているタイプであると考えられ、ある科学者などは「ホモ・サピエンス(賢いヒト)」との対比で「ホモ・ステューピドゥス(愚かなヒト)」と命名するべきだと主張していた。
けれども1950年代以降、専門家の間では、ネアンデルタール人の見方が大きく変わった。
彼らが心を込めて死者を葬り、石器を作り、薬草を利用していたことがわかってきたからだ。

続きはソースで

ナショナルジオグラフィック日本版サイト
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/022600087/

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1519871053/


続きを読む

1: \(^o^)/ 2018/02/23(金) 00:47:54.04 ID:CAP_USER
中国江蘇省南京市で、墓室の壁に絵が描かれた大型の壁画墓がみつかり、南北朝時代の南朝、梁(りょう、502~557年)の皇太子、昭明太子(しょうめいたいし、蕭統〈しょうとう〉、501~531)の墓の可能性が高いことが分かった。
昭明太子は、日本の平安文学などにも影響を及ぼした詩文集「文選(もんぜん)」の編纂(へんさん)者として知られる。
中国で皇帝陵クラスの墓が発掘調査されるのは異例で、日中の研究者は注目している。

調査を指導した南京大学歴史学院の張学鋒教授(考古学)によれば、南京市博物館考古部(現南京市考古研究所)が2013年1~6月、南京市北東部で発掘調査。
れんがを積み重ねた大型墓2基(南京獅子沖南朝大墓)が出土した。
東側の1号墓の墓室は全長14・2メートル、幅6・4メートル。
西側の2号墓は全長15・2メートル、幅6・48メートル。
いずれの墓も大きく破壊されていたが、その規模は南朝のほかの皇帝陵に匹敵する。

墓室のれんがには壁画が描かれ、1号墓の壁には南朝皇帝陵で描かれることの多い
「竹林七賢(ちくりんしちけん)図」「羽人(うじん)戯虎図」があった。
「竹林の七賢」は3~4世紀ごろの7人の知識人。
社会の混乱で儒教が衰えた一方で、個人主義や虚無主義的な論議(清談〈せいだん〉)が流行。
7人は自由奔放な生活を送り、竹林の中で議論するのを好んだとされ、七賢図は南朝で好まれた絵のモチーフとなった。

昭明太子が生きた時代の東アジア
no title

朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASL1Z5QPBL1ZPTFC019.html

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1519314474/

続きを読む

1: 名無しさん 2018/02/05(月) 02:18:18.61 ID:CAP_USER
兵庫県立人と自然の博物館は1月30日、篠山市大山下の前期白亜紀(約1億4500万年―9960万年前)の地層「篠山層群大山下層」(約1億1000万年前)から、トリケラトプスなどで知られる角竜類の年齢の異なる3個体の頭骨化石の一部などが見つかったと発表した。
同博物館の三枝春生主任研究員は、「同一種と思われる角竜類の化石が複数、それも年齢の異なるものが国内で見つかったのは初めて」といい、「成長段階が異なる、しかも頭骨という情報量の多い部分の化石が複数発見されたことで成長の過程や性差、食性や習性など、恐竜の生活史を探る研究が国内産恐竜化石として初めて可能となった。今後の研究を飛躍的に高める発見だ」と話している。

今回見つかった角竜類は、トリケラトプスに代表されるネオケラトプス類の中でも原始的な種と考えられる。
小型の植物食恐竜で、トリケラトプスのように目立った角はなく、えり飾りもあまり発達していなかったとされる。

角竜類3個体分の化石は、篠山市大山下で工事が進む川代第1トンネルを掘削した際の岩屑から発見された。

▽長さ約9センチと約4センチの歯骨▽長さ約3センチと約4センチの翼状骨
▽幅約2センチの前顎骨―をはじめ、前頭骨や椎骨、歯など、頭骨を構成する骨の化石が、3つの岩塊の中から見つかった。

2008年、大山下の篠山川河川敷の泥岩層から、大山小学校の児童によって小型獣脚類(肉食恐竜)の歯の化石が発見された。
この化石含有層(大山下層)が北東方向へ延長していることから、研究員らは、15年から工事が始まった同トンネルが化石含有層を横切ると予想。
「掘削する際、岩屑を保管してほしい」と、事前に丹波土木事務所に依頼していた。

関連ソース画像
no title

丹波新聞
http://tanba.jp/modules/news/index.php?page=article&storyid=2943

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1517764698/

続きを読む

↑このページのトップヘ