科学ニュース速報

2ちゃんねるsc「科学ニュース板」のまとめブログです

カテゴリ: 医学・健康

1: 白夜φ ★@\(^o^)/ 2016/12/22(木) 00:11:28.93 ID:CAP_USER
東大、神経ストレスが胃がんの発育を加速させるメカニズムを解明
周藤瞳美 [2016/12/16]

東京大学(東大)は12月16日、神経ストレスが胃がんの進行を加速させるメカニズムを解明したと発表した。

同成果は、東京大学医学部附属病院消化器内科 早河翼助教、小池和彦教授らの研究グループによるもので、12月15日付けの米国科学誌「Cancer Cell」オンライン版に掲載された。

人間の神経細胞は脳だけでなく全身に分布しており、なかでも胃腸には1億個以上のさまざまな神経細胞が存在し、胃腸の動きや消化ホルモンの分泌を調節している。
以前から神経ストレスががんやさまざまな病気の原因になる可能性は指摘されていたが、その理由や重要性についてはよくわかっていなかった。
--- 引用ここまで 以下引用元参照 ---

▽引用元:マイナビニュース 2016/12/16
http://news.mynavi.jp/news/2016/12/16/425/

▽関連
東京大学
神経ストレスが胃がんの進行を加速させるメカニズムを解明、新たな治療標的に
http://www.m.u-tokyo.ac.jp/news/press.html#20161216

Cancer Cell
Nerve Growth Factor Promotes Gastric Tumorigenesis through Aberrant Cholinergic Signaling
http://www.cell.com/cancer-cell/fulltext/S1535-6108(16)30547-5

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1482333088/
  続きを読む

1: 朝一から閉店までφ ★@\(^o^)/ 2016/12/20(火) 16:34:33.30 ID:CAP_USER
12/20(火) 13:11配信

女性医師が担当の患者、生存率より高い 研究
【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】医療施設での治療で女性医師が担当した高齢者は、男性医師が担当した場合よりも生存率が高く、再入院の程度も低いとする研究論文が19日、発表された。

米医学誌「JAMAインターナル・メディシン(JAMA Internal Medicine)」に発表された研究結果は、2011~2014年に100万人以上を対象に分析した記録を基にしている。

米ハーバード大学T.H.チャン公衆衛生大学院(Harvard University T.H. Chan School of Public Health)医療政策学(Department of Health Policy and Management)リサーチアソシエイトの津川友介(Yusuke Tsugawa)氏が主執筆者を務めた論文によると、女性医師の治療を受けた患者は、入院してから30日以内に死亡する確率、あるいは退院後30日以内に再入院する確率が著しく低かった。

もし女性医師による結果が男性医師に同様に反映されたとすると、65歳超の高齢者を含む米政府のメディケア(高齢者・障害者向け医療保険制度)対象者だけでも、死亡者数を年間3万2000人減少させることができると研究チームは推定している。

また女性医師による治療を受けた患者は、男性医師の治療を受けた患者に比べて、早死にリスクが4%低く、30日以内に再入院するリスクも5%低かった。

同研究では、こうした違いが生じる理由の解明は試みていない。ただ、これまでの研究では、女性医師が男性医師よりも臨床基準により詳細に沿う傾向があること、さらにはより患者中心のコミュニケーションを図ることなどが分かっている。【翻訳編集】 AFPBB News
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161220-00000019-jij_afp-int
最終更新:12/20(火) 13:14AFP=時事
Copyright (C) 2016 AFPBB News
Copyright (C) 2016 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1482219273/
  続きを読む

1: 白夜φ ★@\(^o^)/ 2016/12/19(月) 00:45:46.87 ID:CAP_USER
アルツハイマー病、点滅する光に治療効果か? 研究

【12月8日 AFP】LEDライトを用いたマウス実験で、アルツハイマー病との関連が指摘されている脳内のアミロイド斑(プラーク)と呼ばれるタンパク質の蓄積が、ライトの点滅によって減少したとする論文が7日、発表された。

アルツハイマー病の治療方法として有用であるかを断定するにはまだ時期尚早だが、さらなる研究を推し進めるための有望な道筋を示したと研究チームは語っている。
--- 引用ここまで 以下引用元参照 ---

▽引用元:AFPBBNews 2016年12月08日 11:53 発信地:パリ/フランス
http://www.afpbb.com/articles/-/3110637

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1482075946/
  続きを読む

↑このページのトップヘ