科学ニュース速報

2ちゃんねるsc「科学ニュース板」のまとめブログです

カテゴリ: 宇宙・天文学

1: \(^o^)/ 2018/10/21(日) 19:54:43.19 ID:CAP_USER
【10月19日 AFP】
中国が2020年までに、照明用の人工衛星、いわば「人工の月」を打ち上げ、街灯の代わりに都市部を照らし、電気代を削減する計画であることが分かった。国営メディアが19日、報じた。

国営英字紙チャイナ・デーリー(China Daily)によると、南西部四川(Sichuan)省成都(Chengdu)市が開発中の「照明衛星」は本物の月と共に輝き、ただその光は本物よりも8倍明るいという。

プロジェクトの担当責任者によると、この世界初の人工月は2020年までに同省の西昌衛星発射センター(Xichang Satellite Launching Center)から打ち上げられる計画で、この第1号の試験運用が成功すれば、2022年に追加で3機を打ち上げる予定だという。

この人工月は太陽光を反射し、街灯の代わりに都市部を照らす。これにより50平方キロの範囲がカバーされれば、成都市の電気代を年間12億元(約200億円)節約できる見通しだという。

同責任者は、災害で停電が発生した際にも、この衛星からの光が被災地の救助活動に役立つとしている。(c)AFP

no title

http://www.afpbb.com/articles/-/3193976

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1540119283/

続きを読む

1: \(^o^)/ 2018/10/18(木) 13:54:22.00 ID:CAP_USER
東宝は、NASAとフェルミ・ガンマ線宇宙望遠鏡 研究チームにより、日本が世界に誇る大怪獣「ゴジラ」が星座認定されたことを発表しました。現在、NASAのホームページからゴジラ星座を閲覧することが可能です。

「ゴジラ」が星座として認定されたのは、フェルミ・ガンマ線宇宙望遠鏡の打ち上げ10周年と、肉眼で観測できる星の数に匹敵する天体を発見したことを記念し発表された「ガンマ線天体を線で結んだ22星座」になります。これは、一般的な88星座を定義している国際天文学連合(IAU)とは異なります。

また、選定理由としては、ブラックホールなどの周囲で発生している「ガンマ線バースト」現象が、「ゴジラ」の放射熱線と類似しているためと報じています。詳細はNASAのホームページに掲載された「ゴジラ」に関する記事を参照してください。

なお、「ガンマ線天体を線で結んだ22星座」には、「超人ハルク」「星の王子さま」など、SFや宇宙に関連したキャラクターも含まれています。

no title

no title

■NASAの“ガンマ線天体”研究チームが、日本の怪獣史上初めて「ゴジラ」を“星座”に認定!
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000010.000027367.html

https://sorae.info/030201/2018_10_18_godzilla.html

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1539838462/

続きを読む

1: \(^o^)/ 2018/10/14(日) 23:29:50.86 ID:CAP_USER
人類にとってまだまだ未知の領域である「宇宙空間で長く生活する」ことで生じるさまざまな人体への影響が徐々に明らかになっています。NASAの資金提供を受けて行われた研究では、地球を離れた深宇宙に長時間滞在することにより胃や腸などの消化器官がダメージを受け、ガンが引き起こされる可能性が明らかになってきています。

Animal Study Suggests Deep Space Travel May Significantly Damage GI Function in Astronauts | Georgetown University Medical Center | Georgetown University
https://gumc.georgetown.edu/news/Animal-Study-Suggests-Deep-Space-Travel-May-Significantly-Damage-GI-Function-in-Astronauts

NASA-funded study says long trips in space could destroy astronauts' stomachs and cause cancer - CNN
https://edition.cnn.com/2018/10/02/us/nasa-study-deep-space-travel-trnd/index.html

地球から遠く離れた深宇宙では、宇宙のあちこちから高いエネルギーを持つ放射線「宇宙線」が飛び交っています。ジョージタウン大学メディカル・センターの研究チームは、重い原子のイオン「重イオン」を用いることで宇宙線を疑似的に再現し、マウスに長時間照射することで起こる体内器官へ影響を調査しました。

実験の結果、低線量の宇宙線に長時間晒されることでマウスの消化管には永久的な損傷が起こり、食べ物を摂取しても栄養分を吸収できない状態にまで悪化したことが確認されたとのこと。また、腸にはがん性腫瘍の発生が見られたそうです。

この結果からは、長期間の宇宙航行で長い期間にわたって宇宙線を浴び続けると、宇宙飛行士の胃腸は大きなダメージを受ける可能性が高いことが浮き彫りになっています。ジョージタウン大学NASA Specialized Center of Researchのトップを務めるKamal Datta氏はこの結果について「たとえば月への往復など短い航行では、このレベルのダメージを宇宙飛行士が受けることはありません。しかし本当の問題は、長い航行によって受ける継続的な損傷です」と述べています。

1970年前後にNASAが実施した月探査プログラムでは、宇宙飛行士が月を往復するために要した時間は3日程度でした。一方、太陽系で地球の一つ外側にあり、月とは桁違いの距離がある火星への旅は9カ月かかるとされており、これまでとはあらゆる意味で次元の違う環境や出来事が宇宙飛行士を待ち受けていることは確実です。

研究チームが掲げる懸念事項の一つが、放射線によって損傷を受けた体の器官の組織を回復させる治療法がまだ存在していないという点であるとのこと。また、降り注ぐ宇宙線を完全にブロックする保護機構を宇宙船に持たせることも困難であることから、何らかの対処法を用意しておかないと火星に向かう宇宙飛行士が健康に大きなダメージを受けることは避けられません。

また、ひとたびガンなどが見つかったとしても宇宙空間で外科手術を行って問題の部位を取り除くことは非常に難しいと考えられています。地上とは違い、引力がほぼ存在しない宇宙空間では体液や血液が飛び出しても床に落ちずに飛散し続けるという問題が予測されるほか、無重力環境に長く住むことで臓器が通常とは異なる場所に位置するなどの影響もあると見られています。

地球外惑星を目指す人類にのしかかる「宇宙航行中の外科手術」の難しさとは? - GIGAZINE

やはりと言うべきか、火星への旅路に待ち構えている多くの難関の姿が徐々に明らかになってきています。Datta氏は「今後の宇宙旅行者を守るためにあらゆる事ができるように、人体への影響をあらかじめ理解しておくことは重要です」と述べています。

GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20181014-long-space-trip-destroy-stomachs-cause-cancer/

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1539527390/

続きを読む

↑このページのトップヘ