科学ニュース速報

「科学ニュース」をまとめています

カテゴリ: 宇宙・天文学

1: 名無しさん 2020/09/15(火) 10:46:23.77 ID:CAP_USER
金星に生命の痕跡か 大気からホスフィン検出

【9月15日 AFP】金星の大気から、地球では生命体によって生み出されるガスであるホスフィン(リン化水素)の痕跡を検出したとする研究論文が14日、英科学誌ネイチャー・アストロノミー(Nature Astronomy)に掲載された。
 米航空宇宙局(NASA)のジム・ブライデンスタイン(Jim Bridenstine)長官は、地球外生命体探査史上「最大」の発見だとしている。

金星は地球に最も近い惑星だが、日中の気温は鉛が溶けるほど高く、大気はほぼすべてが二酸化炭素で構成されていることから、しばしば地獄のような環境だと表現される。

論文を発表した研究チームは米ハワイとチリのアタカマ砂漠(Atacama Desert)にある望遠鏡を使い、金星の表面から約6万メートル上空にある雲の上層部を観測し、ホスフィンの痕跡を検出した。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

AFPBB NEWS 2020年9月15日 5:26 発信地:パリ/フランス [ フランス ヨーロッパ ]
https://www.afpbb.com/articles/-/3304593

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1600134383/

続きを読む

1: 名無しさん 2020/08/26(水) 22:34:47.22 ID:n0UrPaWv9
生まれて間もない44億~41億年前ごろの太陽系に大量の隕石が降り注いで衝突した可能性が高いとする研究結果を、小池みずほ広島大助教(地球惑星科学)らのチームが26日、海外専門誌に発表した。これまでピークと考えられてきた約39億年前を2億~5億年さかのぼる可能性が高い。

小池さんは「太陽系初期の歴史に、大幅な修正が必要になるかもしれない」としている。

火星と木星の間にある小惑星「ベスタ」から地球に飛来したとみられる複数の隕石を分析。わずかに含まれるウランを利用して、ベスタに隕石が衝突してからの時間を推定すると44億~41億5千万年たっているらしいと分かった。

2020/8/26 21:38 (JST)8/26 21:43 (JST)updated
https://this.kiji.is/671331392044074081?c=39550187727945729

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1598448887/

続きを読む

1: 名無しさん 2020/08/26(水) 14:53:18.71 ID:CAP_USER
“宇宙空間で細菌が3年間生き抜く” 東京薬科大などが確認

国際宇宙ステーションの船外の宇宙空間に、特殊な細菌を3年間放置しても生き抜いたことを、東京薬科大学などの研究グループが確認し、一部の生物は宇宙空間を生きたまま移動できる可能性を秘めているとしています。

地球から高度およそ400キロの国際宇宙ステーションの船外実験装置を使って、東京薬科大学とJAXA=宇宙航空研究開発機構などの研究グループは、大気圏を漂うちりに付着していて放射線に強いことが知られている特殊な細菌を、宇宙空間で3年間、放置しました。

その後、地球に戻して培養したところ再び増殖を開始し、生き抜いたことが確認されたということです。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

NHK NEWS WEB 2020年8月26日 13時11分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200826/amp/k10012584261000.html

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1598421198/

続きを読む

↑このページのトップヘ